上司を殺したいくらい憎いと思ったらやるべき3つの対策。ストレス解消からガチ転職まで怒りレベル別におすすめ対策法を紹介

f:id:moguhausu2:20151124191349j:plain
「上司を殺したい…」
「上司がムカつく、憎い」

というのは、社会人なら一度は思ってしまう事ですよね。
社会に出たら、よほど人間関係に恵まれている幸運な人以外は、一度は職場の人間関係に悩むもの。特に上司に対する憎しみは全人類共通で溜まりやすく、憎しみが怒りを超えて殺意にまで達する人も少なくありません。

さすがに本当に殺してしまったら刑務所行きなので、妄想の中でボコボコにする人がほとんどだと思いますが、やはり我慢を続けるとストレスがたまってしまい、精神が削られてしまうものです。

そこで、今回は「上司を殺したい!」と思った時にオススメの対処法を紹介します。


対策レベル1:嫌味や悪口、説教を脳内割り切りでスルーする

f:id:moguhausu2:20150531161701j:plain
いちいち嫌味を言ってきたり、ミスに対してガンガン怒ってくる嫌な上司はどの職場にも必ず一人はいるものです。
まともに全部受け止めていたら、いくらメンタルの強い人でもまいってしまいます。

そこで、簡単な対策法として「まともに取り合わない」というのは万人におすすめ出来る手法です。

どんなに怒られても、嫌味を言われても、説教されても

「ああ、この人は怒ってないと気がすまない可哀想な人種なんだな」
「私とは相性が合わない星の下に生まれた宇宙人なんだろうな」
「早く説教終わらないかな」

という風に、頭のなかで割り切って上手くストレスをスルーするのです。

怒られたり嫌味を言われてイライラする理由は、まともに相手をするからです。また、怒られた時に「自分はなんてダメな人間なんだ」と自信を喪失する方向に考えてしまうと、これもメンタルダメージが増大する原因になってしまいます。

仕事をする上で、上司が部下に説教をする、指導をするのはよくあることです。
しかし、真面目にそれを受け入れていたら、メンタルが持つはずがありません。怒られている時に、適当に割り切ってスルーしているのは、一見、不真面目な態度に思えますが社会人には必須のスキルです。

メンタルを壊して倒れても誰も助けてはくれないのですから、もし心がストレスでいっぱいになったら「不真面目な自分」を出して自分の心をしっかり守れるようにしておきましょう。

対策レベル1-2:運動や趣味でストレスを解消して切り替える

趣味や運動を定期的に行い、ストレスを解消するのはありきたりですが有効な手です。
土日についダラダラしてしまう人ほど、上司への憎しみや怒りを引きずってしまいがち。趣味や運動をしっかり行い、仕事や上司のことを忘れてストレスを消し去って気持ちをリセットすることは仕事をする上で非常に大切なことです。

趣味といっても何も無い…という人は、健康維持も考えてジョギングをするとよいでしょう。
運動嫌いで、なかなか運動が続かない人でも、20分ジョギングという簡単な運動なら無理なく続けることが出来ますよ。

20分ジョギングの詳しいやり方は下記の記事を参考にして下さい。

・社会人のストレス解消&運動不足解消には20分ジョギングがオススメ。無理なく気持ちよく続けられます

「趣味がない!」
という人は、新しいことを色々始めてみましょう。

英会話などは、キャリアアップにも役立ちますし、まずはそういった実益の部分を見て趣味を探してみると良いでしょう。
下記の記事を参考にして、趣味を探してみてください。

いつでも転職出来るように、TOEICの勉強をするのもよいでしょう。
上司への憎しみをエネルギーにすれば、意外と高いスコアが取れるかもしれませんよ。

対策レベル2:テットフォータット戦術で対抗する

f:id:moguhausu2:20150531161340j:plain
テットフォータットとは、簡単にいえば相手の態度によって対応を変える「目には目を、歯には歯を」の戦術です。

例えば、上司が攻撃的な態度で接してくるなら、こちらも攻撃的になる。逆に上司が協力的な時は、こちらも協力的になる…という戦法です。

嫌な目にあった時に、我慢をして相手に合わせてしまうと、相手はそれを良いことにどんどん要求をするようになってしまいます。いわゆる「ナメられる」というやつですね。だからこそ、相手が嫌なことをしてきたら、こちらも嫌な態度で返す…という事が大切です。

逆に相手が良いことをしてくれたら、同じように良いことで返しましょう。

そうすると、犬の躾と同じように、相手も学習をしてくれます。テットフォータット戦術は一見すると上司を敵に回しかねない危険な戦術に思えますが、無理に我慢をして上司にへいこらゴマをすっても、いつか限界が来ますから、嫌なものはイヤ、とはっきり境界線を作ることが人間関係では大切です。

対策レベル:測定不能 上司に呪いをかける

f:id:moguhausu2:20151124233002j:plain
法律に触れずに相手を苦しめる方法として、呪いという手法があります。
現代社会では、呪いによる嫌がらせは法律によって罰せられることはありません。なぜなら、呪いによる攻撃は科学的に証明出来ないからです。

簡単に出来る呪いとして、2つの手法を紹介します。

1つ目は紙を人型に切り取り、そこに呪いたい上司のフルネームと生年月日を書きます(分からなければ書かなくてOKです)。
そして、針を用意して、ひたすら突き刺します。出来れば、頭の中で相手に対する憎しみをイメージしながら突き刺すと効果が増大します。

単純な方法ですが、誰でも出来る簡易呪術なので、思い立った時にすぐ出来て気分転換にもなるのでおすすめです。ちなみに、相手の髪の毛などをセロハンテープでつけるとより効果が出ます。

もう1つの方法は、卵にマジックペンなどで呪いたい上司の名前を書いて、針などで小さな穴をあけてから、土に埋めて腐らせるという方法があります。
卵が腐るたびに相手が病に侵されるという呪術で、安倍晴明の呪術でも卵を使う呪いは多いですから、伝統的な手法と言えるでしょう。

これらの呪いをかける時の注意点は、シールドを張っておかないと悪いものを引き寄せてしまうということです。
人を呪わば穴二つ、という言葉があるように、呪術を行うと術を行った人にも悪い影響がある…と昔から言われていますので、下記で紹介したシールドも合わせて行っておきましょう。

簡単なシールドのやり方
へそよりこぶしひとつ分下の丹田という場所を意識し、気(または念のようなもの、自分のパワー)が自分の体からあふれ、体を覆うイメージをします。
そして自分の体より5cmほど大きな殻のようなものになった姿をイメージしてください。
皮膚のすぐ上にももう一枚殻を作ってください。
殻の中には澄んだ流水のような気が満ちています。
念のため、近しい人(家族や恋人・ペットなど)にもシールドを作っておくと安心です。

ちなみに、呪いを行った事がバレると自分に呪いがかかる…という話は有名なのですが、実は呪いが相手にバレることによって、相手が精神的に苦しむ事があります。

「誰かが自分に呪いをかけている」という事実は、精神的にかなりのプレッシャーになります。そのため、精神バランスを崩して病気になってしまう…というケースは、実は少なくないのです。

これを利用して、わざと呪いに利用した呪物を職場の分かりやすいところに置いておく、という戦術も有効です。
ただし、相手に分かるようにやる呪いは明らかな嫌がらせになるので、法的にはアウトになってしまいます。最も、嫌がらせで警察に逮捕された人はいないですが…。

ここまで具体的に呪いの手法を紹介しましたが、呪いを行うか否かは自身のモラルと相談して決めて下さい。
呪いを行うことで、気分が晴れるかもしれませんが、副作用で自身に不幸が降りかかっても自己責任になります。また、相手を不幸にする事を考えるよりも、自分が幸せになる事を考えて行動をしたほうがポジティブな結果を呼び起こします。

しかし「もう限界、次に嫌味を言われたら刺してしまいそう」というレベルまで憎しみがたまっているなら、相手を刺す代わりに呪いという手に頼るのも良いでしょう。本当に刺してしまったら、あなたは犯罪者になり、社会的に死ぬことになってしまいます。
呪いであれば、そのようなリスクを背負う事はないので、刺すくらいなら呪いで遠距離から合法的に攻撃しましょう。積極的にはオススメしませんが、一つの手段として覚えておくと良いでしょう。

対策レベル3:転職の準備を始める

f:id:moguhausu2:20150622154804g:plain
上記のような対策をしても、上司への憎しみが限界突破して「上司のやつを殺したい…」と思わず呟いてしまうようなレベルまで追い込まれたら、手が出てしまう前にさっさと転職をしてしまいましょう。

転職理由の第一位はいつの時代も「人間関係」です。
過去と他人は変えられない、という言葉があるように他人の性格、意識というのは変えることが出来ません。

もし嫌な上司への怒りが限界に達してパンチでもしてしまったら、社会的信頼を失って損をするのはあなた自身です。傷害罪はパンチ一発で30万の慰謝料+懲戒免職ですから、暴力は絶対にしないようにしましょう。

パンチをする前に、転職することが大切です。
嫌な上司に限界が来たら、今の職場に見切りをつけて、新天地に向かいましょう。転職をすれば、もう二度と嫌な上司と会うことは無いのです。

上司から逃げるように転職をするのは恥でも損失でも逃げの転職でもありません。
今の職場でクソ上司のもとで働き続けるメリットよりも、転職した方がメリットが大きいのですから、戦略的撤退と言えるでしょう。

転職エージェントを利用して効率的に転職しよう

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain
私が一番オススメする転職方法は、転職エージェントを利用して作業を効率化してしまう方法です。

転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者は最初から最後まで一貫して無料でキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

例えば、転職で年収300万以上の事務職を希望するならば、その旨を伝えればエージェントが年収300万以上の事務職の求人に絞って紹介してくれるので、転職サイトのようにわざわざ自分で求人を取捨選択する必要なく求人情報を得ることが出来ます。

自己分析や志望動機、5年後のキャリアプランといった応募書類や面接で必須の項目も、一人で考えると限界がありますが、転職活動のプロであるエージェントに相談すればアドバイスを貰えるので、簡単にあなたにあったオリジナルの物が出来上がります。

エージェントは転職のプロですから

「前職を退職した理由はなんですか?」
「3年未満で前職を辞めていますが、なぜですか?」
「あなたが前回の職場で仕事をする上で、意識したことを教えてください」

といった面接で頻出する質問の模範解答も、事前に教えてくれます。
マンツーマンで指導してくれるので、教本ではカバー出来ない細かい点も教えてくれます。

また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。
時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成に頭を悩ませている人も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、転職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

ぜひ転職エージェントを活用して、転職・就職を成功させましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

真面目や我慢が美徳、という価値観は捨て去ろう

f:id:moguhausu2:20150905104149j:plain
社会に出ると、真面目な人や我慢強い人ほど潰されて、不真面目な人の方が生き残る…という話が本当なのだと実感します。
上司の八つ当たりに等しい説教も、真面目な人はしっかり全力で受け止めてしまいますから、ストレスがたまりやすく、うつ病や過労で倒れてしまうのです。日本では我慢強い事や真面目であることが美徳である、という価値観が一般的ですが、それは悪意のある上司の前では全く通用しません。

クソ上司に潰されないためにも、ぜひ不真面目な価値観を受け入れて、冷静にメリットとデメリットで判断し行動する「ずる賢さ」を身につけましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする