30代の転職を成功させる為の全知識とオススメの転職エージェント

f:id:moguhausu2:20160428132955j:plain
 年収アップやキャリチェンジのため、もしくは現在の会社に不満があるために、転職を考えている30代の方は多いですね。

 30代ともなると、社会人としては十年選手です。
 留学やフリーター、その他、空白期間のある人はそうでないかもしれませんが、世間から見れば30代は社会人として最も脂の乗っている時期です。

 いわゆる、働き盛りという年代ですね。

 そんな30代での転職は、男性・女性問わず、今後十年のキャリアを大きく左右する一大イベントです。

 30代の人材を求めている企業はたくさんあり選択肢も豊富ですが、30代での転職を成功させる為には、知っておかなければいけない事がいくつかあります。

 20代の時と同じような感覚で転職活動をすると確実に失敗します。
 20代の頃の転職は、まだまだポテンシャルや人柄重視な面がありますが、30代になると実績とスキル、管理能力・育成能力といった上の立場として動く事を要求されます。

 転職活動を始める前に、まずは30代の転職ノウハウについて学び、戦略的に動くようにしましょう。

 この記事では、30代の転職を成功させる為の知識と、30代にオススメの転職エージェントを紹介します。

30代向けの求人内容について知っておこう

 30代向けの中途採用の求人では、下記のような能力が要求されます。

即戦力or管理能力

 30代は、現場の最前線で働くプレイヤーであり、同時に部下を育成したりチームをまとめる管理職・リーダー職の役割も期待されます。

 日本企業はピラミッド形の年功序列制ですから、30代になると、現場でバリバリ働いて結果を出すだけでなく、

・リーダーとして部下をサポートし、チームのモチベーションを上げる
・部下を指導して戦力にする
・人脈を作り、会社に利益をもたらす『無くてはならない人材』になる

 上記のような管理能力・成熟した能力を求められます。

 30代になると、体力も少しずつ落ちてくるので、20代のように無茶な働きは出来ません。
 これから年を重ねていくにつれて、人を使う側…つまり管理職を見据えてキャリアを作っていく必要があります。

 企業が30代の人材を雇う際には、必ず管理職として的確かどうか、を採用基準に入れます。

 例え業界未経験であっても、管理・人材育成・リーダー職の経験があれば、内定を出す事も多いです。

「これまで現場で結果を出してきた実績があるのに、なかなか転職が決まらない」

 という人は、この管理能力や指導能力について意識してアピールすると良いでしょう。

30代の求人で提示される年収は高い

f:id:moguhausu2:20160303145312j:plain
 日本において、年齢というファクターは非常に重要です。

 日本は、未だに年功序列制のピラミッド社会であり、転職市場では年齢によって求人を区切っている企業が多く、年齢を意識せずして転職成功はあり得ません。

 30代ともなると、例えば適正年収一つとっても、20代の頃とは異なります。30代なら最低でも年収400万以上。高いところでは800万、1000万に到達する求人もあります。

 一般的な企業であれば、どうしても年齢に見合った年収を規定に従って出すので、ハードルは上がります。
 20代であれば、未経験の転職であろうと、企業からすれば年収300万前後で良いので、将来性をかって採用をすることが出来ます。

 しかし、30代ともなれば、高い年収とそれに見合った実績が求められます。

 未経験での転職や、異業界への転職を考えている方は、基本的に厳しい戦いになります。
 なぜなら、これまでの経験が直接活かせないぶん、高い年収というハードルに遮られる可能性があるからです。

「私は安い年収でも構いません!」と応募者が言っても、企業として年齢に応じた給料ベースというものがあります。

 ですから、30代での転職では、あまり無茶な転職はやめておいたほうが良いでしょう。

 異業種・異職種への転職が不可能と言っているわけではありません。ただ、20代の時よりもずっと厳しいですから、未経験でも年収相応の活躍が出来る…という点をアピールできるよう、より一層、自己PRや職務経歴書のアピール材料を掘り下げましょう。

30代の転職を成功させるためには、求人数を多めに集めて比較するべし

f:id:moguhausu2:20160205103740j:plain
 30代の転職では、求人数は20代の時よりも少なくなります。
 また企業によって提示年収やポジション、待遇などにかなりバラつきが出てくるので、精査する必要があります。

 まずはザッと自分の希望条件を書き出してみましょう。

・同業か異業種転職か
・年収
・ポジション
・年間休日数
・会社の地域
・5年後、10年後の希望キャリア

 これらの条件を出したら、求人を多く集めて、そこから希望に叶いそうな求人に絞ります。

 厳選した求人を比較して、さらに希望条件を煮詰め、キャリアプラン・ライフプランを何度も練りなおして、ようやく応募する求人を決める。

 30代の転職を成功させたいならば、上記の『求人の比較作業』にしっかり時間を割きましょう。

 特に転職市場の知識が弱い人にとって、比較作業はたくさんの情報を得る良い機会になります。
 自分の人材価値と求人に記載された待遇のギャップを埋めて、冷静に応募すべき求人、狙うべきルートを見極めることが出来ます。

 いきなり適当な求人に応募してみる! というのは非効率的なのでオススメ出来ません。

 まずは情報を集め、比較し、本当に自分がなりたいキャリアを描いてみましょう。

30代の転職活動は『貪欲』さが成否を分ける

f:id:moguhausu2:20160205102355j:plain
 30代の転職は、いかに貪欲になれるかが成否を分けます。

 例えば、良い求人があったら即座に飛びつく。
 多少、ハードルの高い求人でも臆せず書類を送ってみる。

 こういった前のめりで失敗を恐れない、攻めの転職が30代には求められます。

 チャンスの神様は前髪しかない、という格言があるように「これはいいな」と思える求人があったら、すぐ申し込むスピード感がなければ、あっという間に時間だけが過ぎて『年齢』というファクターが転職難易度を上げてしまいます。

 20代の時のように、若さとポテンシャルで勝負することは出来ません。
 だからこそ、やる気・高いキャリア目標を持って転職活動をしなければ、ライバルに打ち勝って希望のポジションに転職することは出来ないのです。

 私の周りでも、30代で転職に成功し、キャリアアップ・年収アップに成功している人は『攻めの姿勢』が強かったです。

 30代で転職するかどうか迷った時、どうしても「今の会社以上の待遇が得られるとは限らないし、ここは動くべきじゃないな…」と守りに入ってしまう人が多いです。

 しかし、守りに入っている時点で、自分に負けているということになります。
 確かに30代での転職は、20代の時のように無謀にえいや!と勢いで行う事は出来ません。結婚をしていたり、子供がいる場合はなおさらでしょう。

 それでも、現状に不満がある。現在の会社・地位では未来がない…と感じたら、転職をしましょう。
 現代は変化が激しいゆえに、終身雇用や安定といったものは無いに等しいです。

 30代だからこそ、攻めの転職を行わなければ、生き残る事は出来ないのです。
 例え職歴やスキルに自信がなくても、やる気と情熱だけは負けないよう心がけましょう。

毎週10社以上に応募しよう

 30代の転職で成功している人は、やはり活動力が違います。
 成功する人は、毎週、10社以上に書類を送り、積極的に面接を受けています。

 在職中だと、どうしても転職活動を並行して行うのはキツイですが、それでも活動力でライバルに負けてはいけません。

 モタモタと長期化するよりも、ガツンと短期間で数をこなし、素早く内定を獲得するようにしましょう。
 そのためには、やはり求人に応募する数は必要不可欠です。

 しかし、短期決戦を意識するあまり、妥協をしてはいけません。
 少しでも「違うな」と感じたら、内定が出ても断る・選考を辞退する勇気を持ちましょう。

 転職は、自分で仕事を決める主体的な取り組みでなければいけません。
「もうここでいいや」と仕事を選んでしまうと、必ず後悔することになります。

 最低でも 80%は納得してから入社するようにしましょう。
 100%希望通りがベストですが、20%はゆとりを持たせておくと良いでしょう。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしよう

f:id:moguhausu2:20160428132719j:plain
 求人集めや、その他、職務経歴書の作成や面接ノウハウの会得など、転職準備にはたくさんの工程をこなす必要があります。

 しかし、独学ですべてこなすとなると、費やす労力や時間は非常に多いです。

 在職中に転職活動をするとなると、なかなか時間を割くことが出来ませんし、土日も転職準備に費やしては本業に支障が出てしまいます。

 そこでオススメなのが、転職エージェントを利用して、書類作成や求人選びのサポートをしてもらう方法です。

 転職エージェントに登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。

 また、転職エージェントは、転職のプロですから、未経験での転職や短期離職などのネックがあっても内定が取れるフォロー方法をしっかり教えてくれます。

 求人紹介はもちろん、会社の社風・残業時間など内部情報の調査。履歴書・職務経歴書作成やキャリアプランの吟味など、転職の準備は大変ですが、プロである転職エージェントを活用すると、ここの負担をグッと減らすことが出来ます。

 利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

30代にオススメの転職エージェントは『DODA』

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

外資系企業や年収600万以上のキャリア求人を探すならJACリクルートメント

 外資系企業や、年収600万以上(30代で600万~1000万等)のハイキャリアを目指す方にはJACリクルートメントがオススメです。

 JACリクルートメントは、ハイキャリアの転職に力入れている外資系転職エージェントです。

 高い年収を得られる外資系企業はもちろん、コンサル業界や高年収の企業に強いパイプを持っており、多くの企業がヘッドハンティングとして利用しています。

 JACのエージェントは、あなたの職務経歴書や実績・スキルを分析して、最も良い条件の企業を探し、紹介してくれます。
 全世界に拠点があるため、例えばシンガポールの会社やドイツ・アメリカ資本など欧米資本の会社の求人など、普通の転職サイトでは見られない高待遇の求人を紹介してくれます。

 もちろん、ハイキャリアを求める日本企業の求人もしっかり確保しています。

 30代で一段上のキャリアを目指したい。
 年収1000万以上を狙えるポテンシャルがあると自負している方は、ぜひJACリクルートメントを利用してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする