一番時給が高い派遣会社はどこか比較してみた。派遣社員として働く際に役立つオススメ人材派遣会社

f:id:moguhausu2:20160204105757j:plain
派遣社員として働く上で、一番重要になってくるのが時給の高さ。
同じ案件でも派遣会社のマージン率によって時給が100円以上違ってきます。

労働者の身としては、なるべく一番高い時給の会社に入りたいところ。
時給が少し違うだけで、月給が1万円以上変わることもありますから、ぜひ一番待遇が良い派遣会社を選びたいですよね。

そこで今回は、一番時給が高い派遣会社を調べてみました。

補足:住み込みで働くなら3ヶ月で100万稼げる期間工がおすすめ

この記事で紹介している事務や一般派遣でなく、住み込みでガッツリ稼ぎたい! という人は、トヨタやマツダなど大手自動車メーカーの期間工がおすすめです。

期間工の詳しい説明は下記の記事にてどうぞ。

・期間工とは?メリット・デメリットを徹底解説

時給トップは業界二番手のテンプスタッフ

f:id:moguhausu2:20150715000336j:plain
派遣会社の中で最も時給が高かったのがテンプスタッフでした。

テンプスタッフは転職エージェント二番手のDODA(株式会社パーソルキャリア)を吸収し、現在、リクナビ派遣を追いかける二番手の派遣会社です。

派遣といえばテンプスタッフ!カンタン無料登録!



 どの業界もそうなのですが、トップを追いかける二番手が最も条件を良くする傾向にあります。
というのも、一番手は何もしなくとも応募者も求人も集まってきますが、二番手はそうはいきません。

高い広告代を出し、求人を集め、そこで働く社員を集め…と、あの手この手でトップを越えようと努力しなければ、あっという間に引き離されてしまうからです。

二番手が最も努力しなければいけないのは、資本主義社会における競争の原理ですね。

その理の通り、二番手のテンプスタッフはどの案件も時給が平均より100円近く高く、案件によってはかなりマージン率(紹介率)を下げて時給を上げている印象があります。
特に、事務系の仕事は時給がどれも高い傾向にあります。長く働くのであれば、時給は絶対に高い方がお得ですから、テンプスタッフの求人を逐一チェックしておきましょう。

リクナビ派遣ほどではないにしても、求人数は多く、私たちが使う分には問題ないようになっています。短期派遣から長期派遣まで、日数も幅広く、事務系の仕事から受付業務、試験監督などの定番の短期派遣の求人もあります。

サポートの対応もばっちりで、WEB登録すれば即、応募出来るのもシンプルで使いやすく、早く働きたい人にはありがたいですね。

派遣会社は、いくつも登録するとメールがたくさん来て鬱陶しいですから、テンプスタッフ一本に絞るのが一番だと思います。

名も知れない中小の派遣会社は、逆に時給が低くサポートもダメなので、やはり二番手の大手派遣会社テンプスタッフが最もお手軽で高時給の派遣会社でしょう。

ぜひテンプスタッフを上手く活用して、時給の高い派遣社員の仕事を選びましょう。

テンプスタッフ 公式サイト

大手派遣会社のリクナビ派遣・マイナビ派遣は何とも『普通』な感じ

f:id:moguhausu2:20160205103606j:plain
マイナビ派遣やリクナビ派遣など、様々な派遣会社がありますが、それぞれ特色があります。

例えば、最大手であるリクナビ派遣は求人数が多く、一見すると「最大手なんだから時給が一番高いはず」と思ってしまいますよね。

しかし、最大手だからといって時給が一番高いという訳ではありません。
むしろトップだからこそ、余裕を持って時給が少し低め…という傾向にあるようです。

私がいくつかの求人を比較してみましたが、リクナビ派遣はちょうど各社時給の中間といったところ。

良くも悪くもない、というのが印象的でした。
求人は最も多く、使いやすいリクナビ派遣ですが、時給が高い求人を狙うなら候補から外しておきましょう。

マイナビ派遣はリクナビ派遣と似たり寄ったりで、マイナビ派遣だったらリクナビ派遣でいいかな…という感じ。
なぜかマイナビの方が時給が低い案件があったりするので、登録しなくていいんじゃないかな、と私は思います。

なぜ同じような求人でも会社によって時給が違うの?

f:id:moguhausu2:20160205103740j:plain
同じような案件なのに、時給が100円~200円違うのを不思議に思ったことはありませんか?
似たような会社規模、同じ事務職なのにA社は時給1100円、B社は1200円、C社は1300円…。

実は、ここにはマージン率というカラクリが関係しています。

これは例なので数字は仮としますが、例えば派遣会社が求人を出したい会社から時給2500円で依頼を受けたとします。
派遣会社は自社の取り分(マージン)として時給1300円を引いて、時給1200円で求人を自社のサイトに登録します。

もうお分かりですね?
この中抜きのマージンが、派遣会社によって異なるのです。

もちろん、求人を出している会社の予算や規模によっても時給は上下しますが、それぞれの派遣会社の求人を比較していくと、だいたいどの会社のマージン率が高いのか低いのか見えてきます。

派遣会社がマージン率を公開するのは、政府から要請があった時だけで私たち労働者は知ることが出来ません。
しかし、求人を比較してみたり、競争の原理に当てはめてみれば、おのずと、どの会社が一番マージン率が低く、労働者に還元…つまり時給を高くしてくれているか分かるのです。

さすがに、それを個人がいちいち調べるのは手間ですから、私がざっくり比較して一番時給が高い会社を調べてみた次第です。
ちなみに、具体的な求人をあげるのは規約違反なので例として出すことは出来ませんでした。申し訳ない…。

今回は時給にフォーカスしていますが、時給以外にも各社にはメリット・デメリットがあるので総合的に判断して利用する会社を選んで下さいね。

結論まとめ:現在はテンプスタッフが一番時給が高い派遣会社です

という訳で、テンプスタッフが一番時給が高かったです。
もちろん私個人の調査範囲内での結論ですし、各社の経営状態、景気によって時給は左右されると思いますが、しばらくこの傾向は続くと思いますよ。

テンプスタッフ派遣の登録はWEBから出来るので、まずは登録して時給の高い求人を探してみましょう。

テンプスタッフ 公式サイト

関連リンク:オススメの転職エージェントは?

正社員を目指して就活している。転職のノウハウが知りたい、求人選びのコツが知りたいという人は、転職エージェントに相談してみることをオススメします。
転職エージェントは、無料で利用出来て、業界の動きや転職可能な求人などをしっかり教えてくれます。これから伸びる業界や、あなたのキャリアでどんな企業に応募が可能なのか、プロの目線からキャリアプランに関するアドバイスをしてくれます。

オススメの転職エージェントや、評判、利用方法など下記の記事にまとめてありますので、参考にして下さい。

・転職エージェントの評判と口コミから登録すべきオススメの転職エージェントを紹介

転職を成功させるには、何よりも転職市場での情報を集めることが大事ですから、転職エージェントを活用するのが良いと思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする