サンスターの青汁感想。味や飲みやすさ、健康効果を実践して試してみました

f:id:moguhausu2:20150820194338j:plain

私は1年ほど前から、健康維持のために毎日寝る前に青汁を飲んでいるのですが

「青汁って飲みやすいの?」
「効果あるの?」

と、しばしば友人に聞かれます。
友人は30代が多く、30代になると家庭を持ち始めたり仕事も重要なタスクを任される時期で、健康管理の意識が高くなる年代のようです。
女性からも「青汁って美容に効く?」など聞かれたりするので、意外と青汁の効果や感想が気になっている人は多いんだなと知りました。

 結論から言うと、青汁を毎日飲むことで身体の調子は良くなります。

特に私のように労働時間が長かったり、仕事終わりに友人と夜通し遊んだり、インスタント食品ばかり食べてたり、不摂生しているタイプには効果てきめんです。

また、私が野菜に含まれるビタミン類やカロチンを気にし始めたのは、長年苦しめられた慢性の逆流性食道炎を治療・予防するためでしたが、青汁を飲み続けることによって胃腸の状態はかなり改善されました。

せっかくなので、今回は私が定期購入している『サンスターの養生青汁』の個人的な感想、および味や飲みやすさ、どのような効果を実感出来たかなどを詳しく書こうと思います。青汁による健康法を考えている方の参考になれば嬉しいです。

私の簡単なプロフィールはこちら。

年齢:30代
性別:男性
労働時間:1日10時間前後
睡眠時間:4時間~6時間 週末は夜通し遊ぶことも
健康状態:良好。ただし胃腸が弱く逆流性食道炎などに苦しんだ過去あり
アルコール、タバコはやりません。

注:私はもともと、やずやの青汁を飲んでいましたが、より胃に良いブロッコリーやモロヘイヤの成分を含んでいる『サンスターの青汁』に乗り換えました。

では、まずはサンスターの青汁の味から感想を述べていきたいと思います。


サンスターの青汁はゴクゴク飲めるやさしい味

f:id:moguhausu2:20150625145415j:plain
青汁というと、どうしても苦々しく後味が悪い飲み物を想像してしまいます。
私も大昔に祖父が飲んでいる青汁を貰い、青汁をはじめて飲んだ時は「こんなマズイもん飲めない」と思ったものです。

しかし、あれから青汁を製造しているメーカーの進歩もあり、現在の青汁はかなり飲みやすいよう改良されているようです。サンスターの養生青汁は粉末タイプなので、お湯や牛乳で割って飲むのですが、お湯で飲むと苦味がありイマイチ飲みにくいです。

牛乳で割って飲むと、甘みが出て非常に飲みやすくなります。
緑茶や抹茶のような風味に近く、青汁独特の草っぽい味が全くしません。サンスターの青汁の他にケール青汁なども試していた時期があったのですが、ケール青汁よりも断然、サンスターの青汁牛乳割りは美味しく飲みやすいです。

完全に青っぽさが無いわけではないので、子供などは嫌がると思いますが、少なくとも私が筋トレをさかんに行っていた時期に飲んでいた「プロテイン」よりは飲みやすいと思います。プロテインは選んだブランドが悪かったのか、異様に喉にはりつくドロドロしたもので、とても飲めたものではありませんでした……。
それに比べれば、サンスターの青汁はとても飲みやすいというのが感想です。

よく青汁を健康のために無理して飲んでいる人がいますが、サンスターの青汁は大人なら無理なく続けられるくらい飲みやすいのでオススメです。

健康効果は「朝に強くなる」「体力がつく」等、実感できました

f:id:moguhausu2:20150824180056j:plain

青汁を飲み続けることによる健康効果ですが、栄養的なことはメーカーのサイトにのっているので、私が実際に感じた効果をあげていきます。

まず朝に強くなりました。
私は青汁を夜寝る前に飲んでいたのですが、朝の目覚めがスッキリするようになり、午前中の仕事がはかどるようになりました。前はダラダラ起きて眠気眼で朝の準備をしていたのですが、青汁を飲み始めてからは、多少夜更かしした後でも脳の動きが全然違いました。

当時は野菜不足、不摂生をしていたというのもありますが、青汁一つでこんなに変わるものなのか、と驚きました。
やはり野菜やビタミン類をしっかりとることは、健康にとって大切ですね。仕事の能率も上がったので、これだけでも非常に有意義でした。

次に実感したのは、体力がついた、ということです。

「青汁で体力がつくってどういうこと?」

と思う人もいると思いますが、実際に体力が高くなったのを実感しました。

青汁を飲み始めてから2ヶ月経ったあたりから、身体全体がスッと軽くなり、徹夜あけの辛さも軽減されましたし、駅で階段を積極的に使っても息切れしないようになりました。
恐らく便通も良くなったので、身体から老廃物が取り除かれたためだと思います。もしくは血液の流れが良くなったためか、ビタミン類などの充実により、エネルギー効率が上がったのか、ともかく体力がグッとついたのは間違いありません。

青汁というと、40代以上の方向けの健康飲料と思われがちですが、働き盛りの30代の方にもオススメしたいです。

親知らず抜歯や虫歯の時、多忙の時に青汁が重宝しました

f:id:moguhausu2:20150824180320p:plain
親知らずを抜歯したり、虫歯になった時、歯が痛くて流動食しか食べられませんよね。
そんな時、私は青汁を定期購入していたので、青汁を飲むことで栄養を補給することが出来ました。

ウィダーインゼリーと青汁でエネルギー+ビタミン類をとれば、歯の痛みが治まるまでの期間、十分に栄養を取ることが出来ました。
下の親知らずを抜歯した時は、歯茎がはれてしまい、あまりの痛さに何も食べれなかった中、青汁は貴重な栄養源になってくれました。歯が使えなければ野菜なんてとても食べれないので、意外なところで青汁に助けられました。

他にも、何となく食欲が無い時や、忙しくて食事を作る時間が取れない時、青汁はサッと飲めるので色々な場面で助かっています。

小さなことでイライラしなくなった

f:id:moguhausu2:20160111213158j:plain

これまで、仕事が忙しく食生活が乱れた時は特に日常の小さなこと…例えば、電車で割り込みされた、店員がミスをした、といったことでイライラしてしまっていたのですが、青汁を飲み始めてからは、そういった小さなイライラが起きなくなりました。

調べてみると、野菜に含まれるビタミンCがストレス耐性をあげる効果がある、とのこと。
人はストレスを感じると、副腎とよばれる、腎臓の近くにある臓器から「副腎ホルモン」というストレスをコントロールするホルモンを分泌するのですが、ビタミンCが不足しているとホルモンが十分に出せず、イライラにつながるそうです。

食生活が乱れるとイライラや怒りっぽさが出てしまう仕組みは、ビタミンC不足により、この副腎の機能がうまく働いていないせいです。
ビタミンCは加熱や加工に弱く、すぐに壊れてしまうビタミンとして摂取しにくいもの。
青汁でしっかり補給することで、ストレスに強い精神を手に入れることが出来ます。

ストレスは健康の大敵です。仕事の集中力はもちろん、人間関係にも影響を及ぼします。

私は青汁を飲んでビタミンをしっかり取ることで、日々のイライラがなくなり、穏やかに物事を見つめることができるようになりました。

おかげで、部下に怒るようなヒステリー上司になることもなく、妻とのささいな喧嘩も減りました。
生活が荒れると心も荒む、と昔から言われていますが、その裏には「ビタミン不足によるストレス耐性の衰え」が隠されていたのですね。

青汁を取ることで、そういった心の荒みを防ぐことが出来ます。

胃腸の荒れ、逆流性食道炎が改善された

もともと野菜不足の食生活を送っており、胃腸が荒れやすい体質で慢性的な逆流性食道炎、胃炎に悩まされていたのですが、青汁を飲み続けることによって、あれほど悩んでいた胃の不調がぱったりと止まりました。

なぜだろう? と思い調べてみたところ、サンスターの青汁一杯分には、キャベツ約4.6枚分のビタミンEが含まれていました。
ビタミンEは胃の粘膜を保護する役割を担っており、これが胃腸の状態改善に活躍してくれていたのだと思います。これまでキャベツはあまり食べてこなかったので、慢性的にビタミンEが不足していたのでしょう(他の野菜もあまりとっていなかったので、当然、他のビタミン不足も原因になっていたと思います)。

風邪をはじめとする体調不良も起こりにくくなり、野菜摂取の重要性を改めて知りました。
青汁でとれる栄養は、生の野菜で摂取しようとすると、かなりの量になってしまうので野菜を日常的に食事でとる方でも青汁は効果があります。

病気に悩んでいる方は、青汁で体調が改善されるかもしれません。

サンスターの養生青汁+牛乳は健康法として最も安価

それまで、健康に気を使わず外食中心の食生活、夜更かしなどの不摂生が続いていた私ですが、慢性の逆流性食道炎で苦しんだ時に「これはヤバイ」と思い、青汁牛乳割りを毎晩飲むように心がけました。

その結果、胃の健康はもとより、全体的に体力がついて健康な身体を手に入れることが出来たので、非常に満足しています。
毎月4500円ほどを、サンスターの養生青汁に投資していますが、スポーツジムが続かないタイプの私にとって非常に有効な健康投資だと思っています。

1日に換算すると150円ですし、サンスターの青汁は一回の量が10gと他の青汁に比べて多めなので、コストパフォーマンスが高いです。

 その10gの粉末で、なんと100g分の野菜に相当する栄養が取れます。

1日に必要な野菜の量は350g。その3分の1が、たった一杯の青汁で取れるのですから、野菜不足を一気に解消できます。

1杯100円以下の青汁もありますが、含まれている栄養素や野菜の種類を見ると、サンスターの青汁のほうがお得ということが分かります。

1杯150円、月々4500円を「高いなぁ」と感じる方、高いからこそ、本物なのです。
こと健康に関わる食品・飲料にはお金を惜しんではいけません。私も最初は安い青汁やサプリに心を惹かれましたが、そちらは満足のいくものではありませんでした。

特に格安の青汁では、野菜が国産ではなく中国産なんて罠もあります。安かろう悪かろうでは、健康な身体は手に入りません

安全安心の国産野菜を使ったサンスターの青汁だからこそ、1杯150円を出す価値があるのです。

牛乳と青汁を割って毎晩飲むだけで、グッと健康になれるので、不摂生な方や体調管理が気になる方は、ぜひ『サンスターの養生青汁』を試してみてください。

サンスターの養生青汁は下記の公式ページから注文が可能です。

サンスター 粉末青汁



野菜を食べる機会が少ない独身男性や、体力が必要な子育て中の女性まで、是非とも青汁をオススメしたいですね。ただ、やはり子供は好まない味だと思うので、子供にあげる際は色々とレシピを工夫したほうが良いかもしれませんね。

以上、サンスターの青汁の感想でした。

関連リンク

青汁が苦手な方は「野菜と酵素」というサプリがオススメです。

・野菜と酵素サプリの感想と効果

お腹が弱い方はヨーグルトで手軽に腸内環境を改善しましょう。

・お腹を強くしたい社会人にLG21ヨーグルトがオススメな理由。胃腸が弱い人を救うヨーグルトの秘密とは

運動は健康の基本です。運動嫌いな私でも続けられたトレーニングはこちら。

・社会人のストレス解消&運動不足解消には20分ジョギングがオススメ。無理なく気持ちよく続けられます




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする