残業の少ない会社に転職する方法。職種や企業文化を知れば月10時間以下の残業に抑える事も可能

f:id:moguhausu2:20150624100758j:plain
プライベートを大事にしたい人にとって、残業時間は気になるポイントですよね。
どの企業も、残業なしを目指してはいるものの、日本の雇用制度の弊害によって正社員はなかなか残業無し! という訳にはいかないようです。特に営業や販売業といった「みなし残業」が課せられている職種は、残業時間も多くなりやすく、人によってはストレスフルな仕事になります。

しかし、どの職種・企業に転職しても残業からは逃げられないのでしょうか?

結論から言うと、そんなことはありません。
営業や小売、販売業は、なかなか残業無しは難しいですが、事務職や経理職、工場の作業員などは残業時間が少なく、またいくつかのベンチャー企業も労働管理に新しい風を吹かせようと残業時間を徹底的に少なくしている企業もあります。

しかし、転職をする際に「とにかく残業時間が少なくてプライベートな時間が取れる仕事を!」と思っていても、なかなか実現しないもの。
実は、残業の少ない会社に転職するにはコツがいります。

今回は転職によって残業の少ない会社に入る方法を紹介します。

残業なし=残業代無しに気をつけよう

日本の求人は世界一嘘が多いです。
というのも、残業なし、残業少なめ、と書いておきながら、入ってみたら残業の嵐、おまけにサービス残業なんてことも多々あるからです。

会社によっては「残業をするのはお前の仕事が遅いからだ」なんて理不尽なことを言われたり…。
一度、正社員として雇われたら、なかなか転職出来ない弱みを言いように、悪質な経営者は残業無しの嘘求人をしばしば出します。

また「忙しい月だけ少し残業があります」と言っておきながら、実は毎月忙しい、明らかに人手不足で残業まみれ、なんて事もあります。とにかく、労務に関しては適当な会社が世の中にはごまんとあり、大企業、中小企業問わず、きちんと会社を選んで転職しないと、また残業時間の多い会社に入ってしまうことになります。

求人の紙面に書かれた残業数や、面接で言われた残業数をうのみにせず、あらゆる方面から情報を収集し、慎重に会社を選ぶことが大切です。

営業、小売、販売など「みなし残業」のところは避けよう

営業や小売業、販売(ショップ店員など)は必然的に残業が多くなります。
というのも、どれも「みなし残業」制度をつけられていることが多く、通常の残業代のように残業すればするほど残業代が貰えるわけではないので、会社もガンガン残業させます。

特に小売業などは、管理職である店長にすると残業代を渡す必要がなくなるので、嫌というほどサービス残業をさせます。
いわゆる名ばかり店長というやつで、一時期、多くの販売業で「これは違法ではないのか?」と問題になりました。にも関わらず、現在も名ばかり管理職、名ばかり店長は外食・小売産業で横行しており、一見華やかに見えるアパレル店員なども残業が多く、疲弊しています。

営業は顧客の都合に合わせなければならず、事務作業などは帰社してから行うことが多いので、やはり残業は多くなり、帰宅は夜20時~22時ということが多いようです。出張なども多く、労働時間は長めと言えるでしょう。

こういった「みなし残業」をつけられる職種は、ある程度、決まっているので徹底的に避けましょう。

他にも、IT企業などは残業代がつくけれど残業時間は長く、残業代だけで給料が二倍になる会社が多く存在します。IT系は残業時間がピンキリなので、なるべく残業の少ないポジションをリサーチしましょう。

狙い目は事務職や工場の作業員、BtoBルート営業など

最も残業が少ない職種は事務職です。
事務職は、総務、一般事務、経理などを指しており、細々とした事務作業を主に担当するため、顧客のトラブルや新規開拓、ノルマなどに追われる心配もなく、定時で上がれる確率が高いのが大きなメリットです。

そのぶん、給料も少なく、残業が少ないので年収は低くなりますが、プライベートを確保したい人にとってはベストな職種と言えるでしょう。
しかし、近年では事務職は派遣社員で補う会社も増えてきており、一般事務の正社員の競争率は高くなっています。

英語が必要な貿易事務、簿記二級以上を条件にしている求人などは競争率がグッと下がるので、事務職への転職を狙うなら英語や簿記の資格を持っておくと楽になります。また外資系企業の事務などは、意外と穴場です。
事務といえど正社員の求人を出している会社が多く、英文メールをやり取りする程度の英語力を条件にしている会社が多いので、競争率が低めです。

男性は一般事務職に転職するのは難しいですが、経理職などは男性でも勤まります。未経験で経理を募集している会社は少なく、必然的に経験者有利になりますが、キャリアがあれば可能性は0ではありませんし、人手不足の会計事務所などは結婚退職の心配がない男性を採用したがる傾向にあるので、企業だけでなく会計事務所なども視野に入れて探してみましょう。

また、工場の作業員も残業が少ないです。
工場の作業員は基本的にみなし残業制度にすることが出来ないので、残業代は満額出ます。そのため、企業は作業員の残業を減らす傾向にあり、結果として残業が少ない仕事になっています。

もちろん、工場によっては納期に追われて残業時間が多くなる事もありますが、事前に残業時間を聞いて余裕のある工場を受けましょう。

BtoBのルート営業職もおすすめです。

法人向けルート営業の場合、通常の営業職と違って、すでに営業先が開拓されているため、新規営業などをやっきにする必要がなく、仕事をルーチン化することが出来ます。

そのため、残業が少なく、営業職の中では最も労働時間が少ないと言えるでしょう。

営業職=残業が多い…というイメージが有りますが、営業でも求人を厳選すれば残業が少ない会社もあるので、除外せずにしっかり求人を見ておきましょう。

転職エージェントを活用して情報を集めよう

ここまで残業時間の少ない職種などを紹介してきましたが、残業の少ない求人を探すのは至難の業です。
転職サイトは人手不足になりがちな営業や小売業、販売業の求人広告ばかりで、残業の有無も曖昧にされていることがほとんどです。面接で残業時間を聞くと、悪印象を持たれて落とされることもありますから、一人で転職活動をすると残業の少ない会社を見つけにくいですね。

そこでオススメなのが、転職エージェントを活用することです。

転職エージェントは、あなたの希望条件にあった求人をピックアップして紹介してくれるので、残業の少ない会社に転職したい! と伝えれば、エージェントは残業時間の少ない求人を厳選して紹介してくれます。
一人で求人を取捨選択するのは大変ですが、エージェントを仲介すれば、その手間も無くなるので非常に効率的です。

利用は最初から最後まで無料なので、気軽に活用することが出来ます。

また、エージェントはそれぞれ非公開求人を抱えており、残業の少ない求人も豊富に揃っているので、転職サイトでダラダラ探すよりも転職エージェントに求人を聞いたほうが手っ取り早いです。
求人は事前にエージェントが審査しているので、残業時間を詐称している会社は自動的に弾かれているので、安心して転職活動が出来るのも大きなメリットですね。

転職エージェントの選び方にもコツがあります。
現在、日本には様々な転職エージェントがあり、どの転職エージェントがいいのか迷う人も少なくないと思います。

そこで、残業時間の少ないワークライフバランスのとれた企業の求人を多く抱えている、オススメのエージェントを紹介します。

オススメの転職エージェントについて

オススメの転職エージェントはSpring転職エージェントです。

『Spring転職エージェント』(by アデコ)



『Spring転職エージェント』は人材会社アデコが運営するスイス資本の外資系転職エージェントです。

日本法人であるアデコジャパンは、1985年から転職エージェントを展開しており、他社の転職エージェントには無い独自の求人を多く持っているのが特徴です。

転職エージェントの規模としてはかなり大きく、非公開求人を多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。

年収アップや自身の人材価値を高めるキャリアの構築、外資系企業への転職など『キャリアアップの転職』にはもちろん。

「転職活動を始めたけど、初めてで何をすればいいのか分からない」
「フリーター、既卒or第二新卒で職歴に自信がない」
「ブラック企業から脱出したい。定時で上がれる楽な仕事を紹介してほしい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

▼ 7ステップで内定までサポート


Spring転職エージェントが抱えている求人は、アサヒビールやバンダイナムコゲームス、NTTドコモなど業界問わず大企業の求人から、大企業の関連会社、優良中小企業など、業績が安定しており待遇の良い求人(残業なし・ボーナス4ヶ月以上支給・有給の取りやすい職場など)が多くそろっています。

またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

非公開求人には優良求人がたくさんありますから、アデコを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

Spring転職エージェントの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

Spring転職エージェント 登録はこちら【5分で完了】

転職エージェントは仕事選びの強い味方ですから、ぜひ上手に活用して転職・就職を成功させましょう。
関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする