40代前半で転職するリスクとは?41歳、42歳、43歳、44歳、45歳で転職する時の注意点

大企業や公務員の間では、ボーナス増加、ベースアップなど景気が良い話をよく耳にしますが、中小企業では、なかなか待遇は良くなりません。

ボーナスカットや残業代カット、自爆営業などで疲弊する40代会社員も多いですね。

「もう、こんな会社辞めてやる!」

と奮起して転職を検討している方もいるでしょう。

しかし、40代前半で転職となると、やはり年齢がネックになります。

「この歳で転職は出来るのだろうか?」と不安になって、求人サイトを眺めるも応募する勇気がない…というケースは多いでしょう。

そこで今回は、40代前半で転職するリスクについて元人事の私が紹介します。

40歳、41歳、42歳…40代になったら細かい年齢は関係なく厳しい

始めに宣告しておきますが、40代前半での転職は大変厳しいです。

20代30代であれば、20代前半・20代後半…といったように一桁の年齢も転職難易度に関わってきますが、40代になると一緒くたに「40代」として転職市場では扱われます。

「40代後半なら転職は厳しいだろうけれど、私は40代前半。まだまだ求人はあるはず!」

と楽観的な心持ちで転職に挑むのは危険でしょう。

40代になると、これまでの社会経験から「私には価値がある」と思い込んでしまいますが、他社から見ればあなたが一押しの経験やスキルも、価値がない可能性があります。

そのため、楽観的・強気に転職活動をすると、思わぬ苦戦に心が折れてしまうこともしばしば…。

特に、プライドが高い人は要注意です。

せっかく内定が出ても、年収が低いことに憤って、せっかくのチャンスを失うケースも少なくありません。

「最低100社応募する」
「年下の上司でも構わない。40の手習いとして頑張る」

といった腰の低い姿勢が重要になってきます。

ヘッドハンティングやスカウトされるような人材ならともかく、40代で自ら転職先を探す人材は、高望みは禁物。年齢によるネックは非常に大きいですから、謙虚に転職活動を行うことが最重要ポイントです。

「会社を辞めて独立」「転職で年収アップ」なんて幻想は捨てよう

今の会社に不満があって、転職をしたい! という40代の方は、とにかく見通しが甘いです。

会社を辞めて独立、なんて簡単に言いますが、独立して成功する人は、脱サラする1年も2年も前から準備をしています。

転職で年収アップが可能なのは、技術がある人だけ。

古臭いアナログなスキルや、その会社・業界だけでしか通用しない実績では、年収アップは到底望めません。

40代転職の最大のリスクは、こういった幻想を抱き、えいやっ! と退職して、現実の壁にぶち当たるケースです。

もし幻想に魅了され、無計画に退職・転職をしてしまうと、思わぬ落とし穴にハマってしまいます。

40代の転職というのは、失敗が許されないイベントです。20代であれば、例え転職に失敗して無職期間が長引いたり、ブラック企業に入ってしまっても、リスタートが容易です。

しかし、40代はもう良いオトナです。

転職で失敗すれば「40代にもなって立ち回り方が分かってない」と白い目で見られてしまいます。

金銭的にも、無収入になるのは厳しいですから、必ず転職のリスクをしっかり踏まえて、慎重に活動を行いましょう。

職歴やスキルに自信が無い人はドライバー職や介護職への転職も考えよう

最初に40代前半の転職は厳しい…と告げましたが、もし職歴やスキルに自信が無い。転職できる自信が無いけれど、それでも今の会社を辞めたい…というのであれば、ドライバー職や介護職への転職も検討してみましょう。

介護職は正直に言って労働条件がブラックなので、そう気軽に転職を勧める事は出来ませんが、資格職で安定しており、食いっぱぐれる事はありません。

ドライバー職は、当ブログでもいくつか紹介しているように、年収や労働時間は会社・職種を選べば意外と良いです。

何より未経験、40代でも簡単に転職出来て、年収400万以上をキープできるのが大きいですね。

またドライバー職は一人でいる時間が長いですから、上司や人間関係はもういやだ! という人にオススメです。

ドライバー職に関する記事は、下記がオススメです。参考にして下さい。

・ルート配送ドライバーへの転職・就職を成功させるコツ。年収や仕事のキツさなど要チェック情報まとめ

・ハイヤー乗務員に転職ってどう?年収や待遇は?ドライバーの中でも高年収の仕事です

ドライバー職と合わせて、引越し業者への転職というキャリアもあります。
引越し業者はキツい肉体労働ですが、40代でも転職出来て、3年~5年キャリアを積んでクロネコヤマトなどの大手配送業者に転職するルートがあります。

・引越し業者に転職ってどう?年収や労働時間など待遇まとめ

転職のリスクを低くするためにも、一度エージェントに相談をすべし

私は基本的に40代の転職は、安易には進めません。

例え40代前半(41歳~45歳)であっても、難易度は30代とくらべてグッと高くなるからです。

しかし、

「それでも転職にチャレンジしたい」
「一度、転職出来るかどうかプロに診断してもらいたい」

という人は、無料で利用できる転職エージェントを利用してみましょう。

転職エージェントは、無料で利用できて、あなたにあった優良な求人を紹介してくれるサービスです。

あなたが転職可能な求人や、年収アップが出来そうな求人を紹介してくれます。またキャリア診断や面接・書類対策もマンツーマンで指導してくれます。

エージェントは求人を出している会社から報酬を受け取っているので、利用は無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成から面接ノウハウ、求人の選び方まで、転職のプロから直接アドバイスが貰えるので、転職で失敗する確率を下げることが出来ます。

メールでのやり取りが基本なので、会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も完全個室で、バレないよう最新の注意を払ってくれます。

また、エージェントは会社の内部事情に詳しく、例えば激務な会社や、離職率の高い会社などは事前に言及してくれます。

そのため、予め「残業時間が月10時間以下の会社を希望」など言っておけば、それにあった求人に絞って紹介してくれます。

転職初心者や未経験業種への転職にもしっかりサポートしてくれるので、一人で転職活動をするよりもグッと効率的に転職が出来ます。転職で失敗しないためにも、転職エージェントを活用するのが一番ベストな方法です。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトはこちら

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする