ルート配送ドライバーへの転職・就職を成功させるコツ。年収や仕事のキツさなど要チェック情報まとめ

f:id:moguhausu2:20160604223229j:plain
 求人サイトなどを見ていると、ルート配送ドライバーの求人が目につくことが多いですよね。

 現在、運送業、特にドライバーが高齢化によって人手不足になっており、求人が多く出ています。
 ドライバーはトラックドライバーのような大型免許必須の求人のみならず、普通免許で運転出来る中型のトラックを使い、商品を決まった店舗に運ぶルート配送ドライバーのような求人もあります。

 ルート配送ドライバーで一番多いのは、冷凍食品や飲料を倉庫から店舗に運ぶといったもの。
 コンビニやチェーンの小売店、果ては冷凍弁当の配達など様々です。

 物流は経済の脈とも言われており、私達の生活に無くてはならないもの。
 ドライバーとしてキャリアを積めば、少なくとも仕事に困ることはありません。また前述のとおり人手不足なので間口が広く、30代未経験であっても就職は可能です。

 しかし、ルート配送ドライバーは仕事として大変な点もありますし、ブラック企業の求人が混じっていることも多いです。

 ルート配送ドライバーへの就職・転職を考えているなら、しっかりとチェックして応募しないと後悔する結果になります。

 そこで今回は、ルート配送ドライバーへの転職・就職を成功させるコツを紹介します。

ルート配送ドライバーは就職のしやすさと高い年収が大きな魅力

f:id:moguhausu2:20160303145312j:plain
 まず、ルート配送ドライバーの魅力について見ておきましょう。

 ルート配送ドライバーは、なんといっても就職のしやすさが強いです。
 現代は、どんな業界でもIT化によって効率化が進んでいますが、物流はなんといっても運ぶ人がいなければお話になりません。

 自動運転が実現化すれば人はいりませんが、それもまだ難しい段階。それに加えて高齢化や若者の車離れ、物流離れによって、ドライバー不足の会社が多くなっています。

 30代・40代でドライバーになる人も多く、若手として扱われるので就職のしやすさは大きな魅力です。

 また、年収もそれなりに高く、400万~600万と家族を養うのにも十分な収入が得られます。

 ルート配送ドライバーは、深夜~朝方に乗り込んで夕方に終える就業時間が多いです。そのため深夜手当がつくことも多く、手取りが良いのです。

 30代、40代で職を失ってしまったり、就職活動に苦戦している人にとって、未経験ながら高い年収+中年の未経験でもしっかり受け入れてくれる間口の広さは、ルート配送ドライバーの大きな魅力と言えるでしょう。

 30代で転職したものの、年下の部下にけちょんけちょんにやられて、嫌になった…という人は多いですよね。ドライバーなら、そういった心配もなく、むしろ気楽に馴染めるので中年の再就職・転職に人気です。

一人で気楽に出来るから人間関係の問題が起きにくい

f:id:moguhausu2:20160302170846j:plain
 ルート配送に限りませんが、ドライバーというのは基本的に一人で仕事をしている時間が長いもの。
 そのため、人間関係のトラブルは起きにくく、一人で仕事をするのが好きな人にとって、非常にやりやすい環境だと言えるでしょう。

 今までサラリーマンとして働いてきて、世渡りが下手だと思っていた人も、ドライバーになったらいきいきし始めた…というケースは多いです。

 ルート配送なら営業をする必要も、顧客に対応する必要もありません。
 商品をしっかり目的地に運ぶ。大切なのは、その一点です。

 営業をしたり書類仕事が苦手、人間関係が苦手な人でも、ルート配送ドライバーなら問題なく働けます。

「もう上司と駆け引きをしたり怒られたりするのが嫌だ…」

 という人は、ドライバーに向いているかもしれません。

拘束時間の長さや事故のリスクが唯一の欠点

 ルート配送ドライバーのデメリットとして、拘束時間の長さがあります。

 ドライバーの場合、どうしても渋滞に巻き込まれたり、積み下ろしに時間がかかってしまうことがあります。
 そのため就業時間内に終わらず、残業になってしまうケースも多いです。

 また会社によってはシフト制で回しているため、突然の離職やバックレに対応するために、休日出勤する事もあります。

 早朝の出勤も慣れないとキツイものがあります。
 特に運転をしなければいけませんから、眠気は最大の敵。生活リズムを崩さないよう気をつける必要があります。

 そして何より事故のリスクがあります。
 これはドライバー全員にあるリスクですが、人身事故などを起こしてしまったら、責任問題は避けられません。

 安全運転を心がけていても、事故の可能性は0ではありません。
 ドライバーに就職するならば、走る凶器である車を長時間運転するということを覚悟しておく必要があります。

 ルート配送ドライバーは、年収は高いですが、そのぶん責任やリスクもあります。

 それらのデメリットを乗り越えられるならば、就職しやすく、やりがいもあり人間関係の問題も少ない仕事なので、オススメです。

ブラック企業を避けて経営基盤のしっかりした会社に就職しよう

f:id:moguhausu2:20160428142409j:plain
 ルート配送ドライバーになるなら、絶対に避けなければいけないのがブラック企業です。

 運送業は昔からブラック企業が多いことで有名です。
 法律や就業時間をしっかり守る良い会社もありますが、中には人件費をケチって無理やり利益を出している中小企業もあります。

 そういった会社に入ってしまうと、長時間労働によって事故のリスクも増えてしまいますし、年収もあまり高くないという状況になってしまいます。

 ドライバーは転職しやすいですから、ブラック企業に入ってしまったら辞めるという選択肢が簡単に取れますが、それでも避けるにこしたことはありません。

 しかし、求人票からブラックか否かを見極めるのは難しいもの。
 巧妙に仕組まれた求人広告からは、会社の実情なんて見えるわけがありません。

 そこでオススメなのが、転職のプロである転職エージェントに良質な求人を紹介してもらうことです。

書類作りや求人選びは転職エージェントに頼ろう

f:id:moguhausu2:20160428132719j:plain

 転職エージェントは、無料でプロのサポートを受けられるサービスです。

 厳選された良質な求人の紹介はもちろん、転職のプロが書類選考に通りやすい書類の書き方や面接ノウハウを教えてくれます。

 一人よがりになりがちな退職理由や自己PR、志望理由も、エージェントに客観的なアドバイスを貰ってブラッシュアップすれば書類選考通過率も改善出来ます。

 何より精神的にアドバイザーがいたほうが楽なので、ぜひプロのエージェントに相談しながら転職活動をしましょう。

 エージェントには業界に強いパイプを持っている元商社・元外資系企業などのエリートから、元カウンセラーの相談しやすいお姉さんまで様々なエージェントがいます。

 担当者と二人三脚で就職活動を行うことで、退職後の悩みや焦燥感を改善出来ます。

 就職活動は、一人でやるのではなく、プロに頼ることでグッと効率化が出来るのでオススメですよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする