朝6時に起きる社会人は夜何時に寝るとスッキリ起きれる?適切な睡眠時間まとめ

http://articleimage.nicoblomaga.jp/image/135/2013/3/9/39546a5ca8c69392cd82ed01f34304746abe9b2e1377327159.jpg

通勤にドア・トゥ・ドアで1時間ほどかかる場合、始業の9時に間に合うように出勤するには朝6時に起きなければなりません。
しかし、朝6時起きはなかなか辛いもの。つい二度寝してしまうことも多いでしょう。

朝6時おきの場合は夜何時に寝ればスッキリ起きられるのでしょうか?

適切な睡眠時間や朝にスムーズに起きれる起き方などを紹介します。

寝る時間は夜11時前後がベスト

睡眠時間は個々人によって差がありますが、朝6時おきの場合は基本的に夜11時前後に寝ると、朝、眠気に悩まされないようです。
睡眠時間は6.5時間~7.5時間が身体に良いと言われており、逆に6時間を切るとお昼ごろにとても眠くなります。

夜10時に寝る準備をするのは早過ぎる! 自由時間が欲しい! という人が多いですが、お風呂に入ったりテレビを見てしまい、布団に入るのが夜12時を過ぎると睡眠時間が6時間未満になってしまい、朝辛くなってしまいます。
お風呂など寝る準備は早めにやっておくのが良いでしょう。

毎日同じ時間に起きる

昨日は6時起き、今日は7時起き……と起きる時間にムラがあると、体内時計が安定せず毎日眠くなってしまいます。

朝6時起きと聞くと、とてもキツイように思えますが、毎日の習慣にしてしまえば、それほど辛くはありません。目覚ましを同じ時間にかける、二度寝をしない、など、リズムを崩さないことが大切です。

朝日を浴びる

人間は朝日を浴びると、朝の目覚めを脳が認識して意識が覚醒します。
ついつい土日に夜更かしをしてしまい、朝がきつい…となってしまっても大丈夫。
朝日を浴びることで、体内時計を正すことが出来ます。昼夜逆転の治療法でも使われている方法で、効果はバッチリです。

夜食をしない

寝る前に食べ物を胃に入れてしまうと、消化活動が活発になり熟睡出来なくなります。
なるべく寝る前の4~5時間は食べ物やコーヒーなどを飲み食いしないようにしましょう。

朝起きたら水を一杯飲む

朝起きたら、まず水を一杯飲みましょう。

水を飲むと、胃腸に重みが出るため、脳が朝だと認識して便意を促したり、自律神経をオンにする効果があります。

また、人は睡眠時に汗をかいて水分を失っているため、朝起き一番で水を飲むと身体にも良いですよ。

それでも朝スッキリ起きれない・疲労感がある場合は寝具に投資をしよう

どうしても朝に弱い、疲れが取れない、起きるのが辛い…という人は、良い寝具を使うことで問題を解決できます。

多くの方は、寝具にあまり気を使っていませんが、枕やマットレスは睡眠の質(疲労回復)にかなり影響を与える要因になります。

安かろう悪かろうの中国産、あるいはベトナム産のマットレスや枕ですと、無意識のうちに眠っている時に不要な寝返りを繰り返して、眠りが浅くなってしまいます。

「うちはそこまで安物じゃない」と思っている方は、一番危険です。

枕なら5000円前後、マットレスは1万円~1万5000円前後が平均的な値段ですが、この価格帯の寝具は「良くも悪くも無い」寝具なので、買い替えがもったいないと感じてしまい、無駄に長く使ってしまいます。

寝具は、お金をかければかけるほど身体への効果が実感できるものです。

枕は寝具専門店で1万円前後、マットレスは専門店で3万円~4万円ほどの質の良い寝具でないと、睡眠の質を上げて疲労回復を劇的に改善することは出来ません。

もし寝具を取り替える事ができるなら、中途半端な値段の寝具を買うのではなく、思い切って投資をして睡眠の質を上げましょう。

高反発の枕で睡眠の質を上げる

枕はどんな物を使ってますか?

1000円~3000円くらいの安い枕の場合、うまく首が固定されず無意識のうちに睡眠の質が下がっている可能性があります。

睡眠の質が下がると、深い眠りにつくまでの時間が長くなり、睡眠時間を十分にとっても疲れがとれない場合があります。

現在、最も効果があると言われている高反発のまくらを使うと睡眠の質が上がり、朝早くの起床でも眠気に悩まされることが少なくなります。

一昔前は低反発まくらが主流でしたが、近年になって寝具専門店により開発された高反発の枕は、低反発まくらよりも押し戻す力があり、寝返りが打ちやすくなっています。

そのため深い睡眠に入りやすくなり、数ある枕の中でも人気がある商品です。

枕は買い換える機会が少なく、現在も低反発まくらを使っている方が多いです。
財布に余裕があれば、枕に投資するのも睡眠の質をあげる1つの方法です。

高反発枕のオススメは、寝具専門店のグリボーが販売している「めりーさんの高反発枕」です。

【めりーさんの高反発枕】公式サイトはコチラ



めりーさんの高反発枕は、肩こりや首のこり、肩甲骨のこりといった【こり対策】に重点を置いた高反発枕です。

開発元のグリボーは、腰痛・肩こり対策の寝具を専門に研究している寝具専門店であり、枕だけでなく高反発マットレスも扱っています。

デスクワークの人や、肩こり、首のこりが酷い人はめりーさんの高反発枕の方がオススメです。値段は少し高めですが、頚椎(首の骨)への負担減を一番に考えた設計になっており、寝起きスッキリへの効果は抜群です。

寝ている時も首や肩に負担がかかってしまうと、非常に寝起きが辛い事になりますから、寝起きのスッキリ感を改善したい方はめりーさんの高反発枕もチェックしておきましょう。

▼めりーさんの高反発枕 公式サイト

本格的に睡眠の質を上げたい!というのであれば、マットレスも高反発で質の良いものを使うべきです。

オススメは同じくグリボーが開発・販売をしている高反発マットレスのモットンです。



こちらも高反発枕と同じく腰痛・肩こりへの対策を中心に考えられたマットレスですが、睡眠時に肉体に余分な負担をかけない事をメインに設計されているため、睡眠でしっかり疲労を取りたいビジネスパーソンにもオススメです。

睡眠中は、寝返りを打つことで一部の筋肉や部位に体圧がかかり過ぎないよう無意識のうちに調整しています。

しかし、安いマットレスですと、どうしても不要な寝返りが増えてしまい、疲労感が抜けなくなってしまいます。

マットレスの素材と作りによって、寝転がっている時の体圧の偏りが大きく異なるからです。

例えば、安くて全体的に固いマットレスですと、常に同じ部位に負担が集中してしまうため寝返りの回数が増えてしまいます。

高反発マットレスのモットンは、その点を十分に研究し改善されたマットレスで、身体にかかる負担を上手に分散してくれます。

寝返りをうっても、マットレスが反発することで身体全体を支えてくれるため、一部の部位に体圧が集中しないのです。

「いつも寝起きが悪い」
「早起きすると身体がだるい」
「立ち仕事だから腰が心配」

という人は、ぜひ高反発マットレスのモットンを試してみて下さい。

価格はシングルで3万9800円ですが、10年以上使える高品質なマットレスですし、交換や返金保障もしっかりしているので、投資する価値はありますよ。

モットンの実物の厚さは、これくらいあります。



高反発枕と合わせると、このような形で自然に身体を預けることが出来ますよ。



詳しい仕様や注文方法などは、下記の公式サイトをチェックしてみて下さい。

・高反発マットレス【モットン】の詳細はコチラ

「高い買い物だし、本当に良いかどうか分からない…」

と寝具を購入する場合、不安に感じますよね。

グリボーの商品は、上記公式サイトを見て頂ければわかるように、専門家が入念に研究して作った日本製の寝具ですから、信頼出来ます。

私もグリボーの寝具と毛布を使っていますが、値段以上の質で、非常に満足しています。寝具は使ってみないと分かりませんから、思い切って購入してみるのが一番です。

今まで使っていたマットレスは、いつでも粗大ゴミとして出せますし、買い替えの手間はそこまで大変ではありませんよ。

また、3ヶ月(90日)利用して、自分に合わないな…と思ったら返品もできる返金保証制度があるので、合わなかった場合でも安心です。

返金制度については、公式サイトにて、Q&Aで色々気になる所を明確にしています。

Q:90日前に返品は可能でしょうか?

大変申し訳ございませんが、全てのお客様に90日間のご使用をお願いしております。

理由と致しましては、効果を感じられるまでに、平均で2週間、遅い人の場合、3ヶ月近くかかるので、まずは、しばらく使ってみてくださいという意味で90日間なのです。

Q:返金迄の具体的な流れについて教えて下さい

返品フォーム(こちら)より返金依頼を行って頂き、「本体・カバー・保証書」の3点を当社指定倉庫にご送付下さい。

(返品フォームのURLは商品発送連絡メール及び保証書にも記載がございます。)

商品が指定倉庫到着後、30日以内にお客様よりご指定頂いた口座に商品代金を返金させて頂きます。

Q:今までに返品はありますか?

はい。ご購入者様の約2.7%(※2015年12月末現在)の方からご返品がございます。当社では、全ての方に合ったマットレスというのは存在しないと考えております。その為、寝具業界では異例の返金保証をお付けし、お客様にリスクがない形でお試し頂き、満足頂いた方にだけご購入頂く形を取らせて頂いております。

寝具専門店で、製品に自信があるからこそ、返金制度もしっかり整えているのです。
下手なお店でマットレスを買うよりも、グリボーのモットンにするのが正解ですよ。公式サイトで製造過程や職人さんの事も詳しく見れますので、ぜひ検討してみましょう。

2万円~3万円投資出来るならオーダーメイド枕を頼もう

高島屋などの百貨店で、オーダーメイド枕を作ると、最高の安眠を手に入れることが出来ます。
現在、どの百貨店でも寝具コーナーで「個人に合わせたオリジナルの枕」が作れます。

首周りや、材質、柔らかさ硬さを個々人に合わせてカスタムしてくれるサービスで、枕にしっかりお金をかけられるなら、ぜひオススメです。

睡眠の質が向上すれば、朝が早くてもすっきり疲れが取れますよ。

便利グッズのサンライズクロックを使おう

アメリカで人気の目覚ましサンライズクロックを使うと、すっきり起きれます。
サンライズクロックとは、目覚ましをかけた時間に朝日と同じ効果の光を人工的に生み出し、自然に起こしてくれる目覚ましです。

朝日が差し込まない部屋に住んでいても安心で、15分~90分と長い時間をかけて自然に起こしてくれる人工太陽形式の目覚ましです。
人間は2500ルクス以上の光を浴びることで、脳にセロトニンが発生し自然に目覚めることが出来ます。

実際に使ってみた感想など「めざましテレビ」でも紹介されています。

起き方を自然にすることで睡眠の質を高めることが出来ます。
アラームなどで強制的に目覚めるのは、脳が驚くので疲労感がなかなか抜けません。

朝6時起きが辛い! という人はサンライズクロックなどの睡眠改善グッズを使い、睡眠の質を高めましょう。値段は3万円前後と高めですが、時差ボケや不眠症にもバッチリ効くので、健康維持と考えればお買い得です。

さらに90日間返金保証、3年間の商品保証があるのでアフターフォローも充実しています。
朝起きるのが辛い…という方や、休日に昼夜逆転してしまいがちな人は、効果バツグンの光目覚まし時計、ぜひオススメです。

【楽天1位】目覚め快適!最先端プレミアム光目覚まし時計inti



いつも朝が辛いor体力がない方は青汁がオススメ

私もかつては朝が苦手で、眠気眼でダラダラ仕事に行っていたため、午前中の仕事がなかなか捗っていませんでした。
しかし、毎晩、寝る前に青汁を飲むようにしてから、朝に強くなりましたし、睡眠時間が短くても前より平気になりました。体力をつけたい、朝に強くなりたいという方は、青汁で身体全体の健康力を上げることをオススメします。

私が飲んでいる青汁の感想はこちらにまとめてあるので、参考にどうぞ。

・サンスターの青汁感想。味や飲みやすさ、健康効果を実践して試してみました

いかがでしたでしょうか?
朝6時起きでもスッキリ目覚めるためには、睡眠時間だけでなく睡眠の質をアップするところがポイントです。社会人にとって睡眠は健康や仕事のクオリティを左右する大事なポイントですから、しっかり睡眠に投資して仕事の質もアップさせましょう。

 ただ、どんなに睡眠の質を上げても、劣悪な労働環境では意味がありません。
もしブラック企業などに務めていて、悩んでいる方は下記の記事を参考に脱出を図ってください。

・仕事辞めたい人は鬱になる前に辞めるべき。退職方法と簡単に転職を決める戦略と心構え

社会人の皆さん、良い眠りを!

関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする