社会人こそ運動や筋トレをするべき理由。体力と仕事のクオリティは密接な関係にある

http://www.sakaiku.jp/column/assets_c/2011/10/77AL0044-thumb-600x400-1560.jpg

学生時代はバリバリ運動をしていた人でも、社会人になるとすっかり仕事で忙しくて運動が出来ていない…そんな人は多いと思います。
連日のお付き合いや飲み会でお腹はダルダル、6つに割れていた腹筋はいまや20代、30代なのにもうメタボ状態。
でも土日にわざわざ運動するのは面倒臭い…

こういった風に運動を諦めてしまうと、あとで自分自身の身体から痛いしっぺ返しにあいます。

生活習慣病である糖尿病や腰痛、運動不足から来る偏頭痛に肩こり…
運動不足・筋力不足で起こる身体の不調は、仕事への集中力を奪います。

社会人のための、筋トレ・運動のさまざまなメリット・継続する方法をご紹介します。


デスクワークこそ腹筋と背筋を鍛えるべき

デスクワークの人は常にパソコンと向き合い、座りっぱなしのため腹筋と背筋が徐々に衰えていきます。さらに姿勢が悪く猫背の場合は、さらに健康に良くないです。
腹筋と背筋は体幹と呼ばれる身体の芯となる筋肉です。歩いたり腰を動かしたり、動作のあらゆる場面で大切な役割を果たします。
その腹筋と背筋が弱いと、動くのが億劫になったり、胃痛持ちになったり、腰痛のリスクも上がってしまいます。

また、お腹や背中周りについた脂肪は見た目もよろしくないです。

「筋トレや運動は続かないんだよなぁ」

という人は、まず手始めに腹筋と背筋を鍛えると良いでしょう。

腹筋と背筋ならジムに通わなくても、自宅で出来ます。
道具もいりません。やり方は簡単で、下記の画像を参考にするといいでしょう。

・腹筋のやり方
http://www.onaka-diets.com/img/crunch.jpg
・背筋のやり方
http://cdn.slism.jp/2012/02/nekoze01.jpg
http://cdn.slism.jp/2012/02/nekoze02.jpg

また、任天堂のWiiフィットなどがあると、スコアなどを記録してくれてトレーニングを続けるモチベーションになります。

仕事が上手くいかないのは体力不足のせい?

体力は仕事の基礎を支える大事な能力です。
例えば、月末の残業でヘトヘトになるか、いつも通りバリバリこなせるか、実は体力が密接に関係しています。

人間は運動をしていなくても、日常動作で体力を消費しています。
そのため、体力がなくなってくると身体が休息を求めて、徐々に集中力が落ちていきます。
集中力が落ちれば、ミスもしやすくなってしまいますね。

外回りの営業や出張も、結構な距離を歩きます。
足の筋肉がしっかりしていなければ、商談の前に疲れてしまいパフォーマンスが低下してしまうでしょう。

特に運動不足・筋力不足は30代、40代になってくると運動をしている人と比べて顕著に差が出てくるので、早めに運動する生活パターンを作っておきましょう。
20代の若手社会人も例外ではなく、今の運動は将来への貯金と考えて下さい。

ジムは続かなければ意味がない

運動をするためにジムに行く人は多いです。
しかし、ジムは続かなければ意味がありません。

ジムがなかなか続かない人は、別の方法で運動する習慣をつけましょう。
社会人のテニスサークルやポタリングなど一人で出来る趣味など、運動の趣味を見つけると続けやすいです。

家から出るのが億劫なら、Wiiフィットやビリーズブートキャンプのような自宅で出来るトレーニングをするとよいでしょう。
15分の散歩だけでも効果はあるので、買い物に行くのにバスを使わず徒歩で行く、など日常生活で工夫をしてみてください。

究極の運動不足対策は犬を飼うこと

犬を飼うと必然的に散歩に行かなければなりません。
中型犬になると1日2回行くこともあり、犬を飼うと運動不足知らずになれます。

一人ではなかなか続かないウォーキングやランニングも、犬に急かされたら、やらないわけにはいきません。強制力と犬に対する責任感、これらは強いモチベーションになるので、運動を継続するのにはピッタリです。

ただ、独身の社会人の方やペット不可の賃貸に住んでいる人は難しいです。
また猫派の人は残念ながら猫を飼っても運動不足は解消出来ません。猫は勝手に散歩しますし、飼い主についてこられても困惑するだけです。

仕事が出来る人になりたければ運動せよ

アメリカ・ニューヨークのセントラルパークにいくと、毎朝走っている人の多さにびっくりすると思います。アメリカの統計では高所得の人間ほど毎日運動しているというデータが有ります。
日本でも同様のアンケートを行った所、年収700万以上の高所得層は運動習慣有りの割合が多く、運動をする人のほうが仕事が出来るということを示しています。

運動をすることによって体力がつくだけでなく、睡眠の質がアップしたり、ストレスでイライラすることも少なくなり人間関係もスムーズにこなせます。
社会人の方は、ぜひ機会を見つけて定期的に運動や筋トレをしましょう。
腹筋・背筋だけでも、かなり違ってくると思います。

栄養素をとることも大事!

運動と同じく、日々の食生活で野菜をとることも大切です。
社会人になると外食や飲み会が多く、どうしてもビタミンや酵素といった新鮮な野菜からしか得られない栄養素が不足しがちです。

そういったビタミンや酵素が足りないとジワジワと身体に負担がかかり、パフォーマンスを発揮出来なくなってしまいます。特に30代以降に猛威を振るう生活習慣病は多くが運動不足と野菜不足から起こっています。

野菜ジュースなどは、残念ながら加工の段階で必要な栄養素の多くが失われており、また糖分も多いので野菜ジュースはオススメ出来ません。やはりバランスの良い食事から栄養をとることが大切です

しかし、なかなか日々の中で野菜をとるのは難しいですよね。

ちなみに、私はサラダすら作るのも面倒なので青汁を飲んでいます。
感想などを書いてありますので、興味のある方は参考にしてください。

・サンスターの青汁感想。味や飲みやすさ、健康効果を実践して試してみました

健康に対する意識が低い社会人は、30代、40代と年齢を重ねるにつれてガクっとパフォーマンスが落ちてしまいます。日々、自分の健康に気を使って、運動と栄養バランスをちゃんと取ることが大切です。

外食やコンビニ弁当に偏らず、自炊をすることも、栄養バランスを整える点で重要です。
下記の記事で、私が実際に料理をしていくうちに分かった「男でも簡単に出来る自炊レシピ」を紹介しています。

・一人暮らしにオススメ!男でも簡単に作れる食費節約の自炊レシピ

下記の記事では、自宅で筋トレするのにオススメのグッズをまとめています。
私のトレーニング写真付きなので、参考にして下さい。

・自宅筋トレに役立つグッズはプッシュアップバーと折りたたみヨガマットがおすすめ!ジムに通わず筋肉を鍛える方法

栄養ドリンクのオススメをまとめています。

・社会人の疲労回復におすすめの栄養ドリンク3つ。効果やカフェインの有無をチェック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする