転勤したくないのに転勤辞令が出たら拒否して転職すべき?転勤拒否と転職の決断について

imaric20160805310323_tp_v-768x512

全国規模の会社において、転勤というのは避けられない重大なイベントです。

地方転勤を経て東京支社に戻り、出世ルートが用意されている…というケースもありますが、中には辞めさせるために売上の乏しい地方紙者に転勤させたり、経営陣の勝手な都合による転勤辞令であるケースも少なくありません。

サラリーマンである以上、特別な事情がない限り転勤辞令を拒否することは出来ません。

法律的には可能ですが、辞令拒否はすなわち経営陣の指示に反するということですから、社内的な立場は非常に悪くなりますし、代わりの人員が転勤させられるのでいらぬ恨みも買います。

友達も居ない、知り合いもいない地方に飛ばされるのは、男女年代問わず辛いものです。

さらに、転勤は子持ち・マイホーム持ちの既婚者にとって最悪です。

子供を転校させなければいけませんから、子供にとって大きなプレッシャーになります。

転勤族の子は、思春期に友達をまともに作ることが出来ず、引きこもりになったり親に対して怒りを覚える事も多いです。

せっかく学校で友達が出来て、彼氏・彼女も出来そうだったのに、親の都合で引っ越さなければいけない…子供からしたら、ふざけるな!と思ってしまうでしょう。

マイホームを買っているなら、単身赴任でアパート暮らしは必須です。
子供の顔を見れるのは長期休暇の時だけ。結婚しているのに、一人で孤独に過ごさなければなりません。

そんなデメリットがある転勤ですが、もし転勤が嫌なら思い切って転職してしまうのも一つの手です。

会社に不満があるなら転勤を機に辞めるべき

会社に不満がなく、転勤も致し方ない…と納得出来るならさておき、普段から会社に不満があり、そこに転勤辞令が出たのであれば、転職を考えるべきです。

よくある話が「転勤はしたくないけど、背に腹は代えられないから従うしか無い」というもの。

特に30代以上の既婚者に多いですね。

今と同じ条件で転職出来るかどうか分からないし、家族持ちな分、失敗したら路頭に迷う…だから理不尽な転勤でも受け入れなきゃ…と思い込んでしまうのです。

確かに、30代以上で転職をする事にはリスクがあります。

転職が長期化した時、家族持ちであれば出費が多いですから、貯金が目減りしてしまいますし、転職先の条件が悪ければ生活水準を落とす事になります。

しかし、はじめから転職はムリ…と諦めてしまってはいけません。

30代以上でも、今と同じくらいの年収、あるいは年収をアップしての転職は可能かもしれないのです。

世間一般では「30代以上になると転職する度に条件がおちる」と言われていますが、それは偏った意見です。

実際、30代以上で転職を成功させている人は多いですし、求人も数を見て厳選していけば必ず希望条件とマッチングする求人は見つかります。

転職をためらっている人の多くは、心の何処かで『本気で転職活動をするのが面倒くさい』と思っています。

中途半端な意思で転職活動をすれば、必ず失敗します。

しかし、本気で転職活動をして、妥協することなく転職をすれば必ず良い結果になります。

残念ながら、昨今はリスクを取らない事がリスクになる…といっても過言ではありません。

かつて大企業だったシャープなど、早めにリスクを取って転職した人は成功し、逃げそこねて会社にしがみついた人は苦しんでいます。

一つの会社にしがみつく、既婚者だから転職はダメ…といった思い込みは捨てましょう。

むしろ、いつでも転職出来るよう自分のキャリアを客観視することが、これからの社会人生活では重要になってくるのです。

今の会社に不満をつのらせているなら、なおさら理不尽な転勤辞令に従う必要はありません。
さっさと退職をして、失業手当を貰いながら転職活動をするべきです。

転勤で失うものは『家族との時間』

転勤で単身赴任になってしまえば、家族と過ごす時間は激減します。

子供が小さければ、奥さん一人で世話をすることになりますし、子供も父親と接する機会が少なくなり、寂しい思いをさせることになります。

転勤はサラリーマンである以上、誰にでも訪れるイベントですが、だからといって必ず従わなければならない…ということはありません。

大事なのは、働き方を自分で選ぶことです。

「会社に命令されたから従った」

というような意識では、いつまでたっても自分らしい働き方、自分が一番幸せになれる働き方を実現出来ません。

家族との時間や絆は、お金やキャリアでは買えないものです。

だからこそ、これからの働き方、キャリアは自分で舵取りをして、後悔しない進路を取ることが重要なのです。

転職は難しくない!あなたが知らないだけで転職市場は広がっている

これまで転職をした経験が少ない、あるいは転職をしたけど上手くいった事がない人にとって、転職=リスクと捉えがち。

しかし、リスクとリターンは表裏一体。
リスクを取るということは、すなわち成功のチャンスを得られるということなのです。

転職は、正しい知識とやり方で行えば、失敗のリスクを減らせることが出来ます。

例えば、ブラックなウワサが多い会社の求人は避ける。
自分のキャリアが最大限活かせる求人に絞って受ける。
給与交渉でしっかり条件を詰めて年収を落とさない…などなど。

しかし、こういった転職ノウハウは、なかなか一人では身につかないものですし、何からはじめればいいのか分からない人も多いと思います。

そこでおすすめなのが、求人に詳しいプロの転職エージェントに相談して良質な求人を紹介してもらうことです。

転職エージェントは、無料で利用できて、あなたにあった優良な求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは求人を出している会社から報酬を受け取っているので、利用は無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成から面接ノウハウ、求人の選び方まで、転職のプロから直接アドバイスが貰えるので、転職で失敗する確率を下げることが出来ます。

また、エージェントは会社の内部事情に詳しく、例えば激務な会社や、離職率の高い会社などは事前に言及してくれます。

そのため、予め「残業時間が月10時間以下の会社を希望」など言っておけば、それにあった求人に絞って紹介してくれます。

転職初心者や未経験業種への転職にもしっかりサポートしてくれるので、一人で転職活動をするよりもグッと効率的に転職が出来ます。転職で失敗しないためにも、転職エージェントを活用するのが一番ベストな方法です。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

関連記事

退職してから転職をする場合は、きちんとハローワークで手続きをして失業保険を貰いましょう。失業保険の申請方法は下記の記事でまとめています。

・初めて会社を辞める時にやっておくべき行政手続き。保険や年金や失業保険の申請のやり方を分かりやすく紹介




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする