給料が手取り月14万で生活できない人がやるべき転職方法。年収300万以下は今後ますますキツくなる

地方都市で働いている方や、高卒の正社員などは、給料が手取りで月14万になってしまう人も多いですよね。

最低賃金は上がっているとはいえ、やはり地域格差もありますし、未だに中卒、高卒の社員は賃金が低いままです。

今後、増税や物価上昇によって、ますます手取り月14万の人は生活がキツくなるでしょう。

それに加えてボーナス減少、休みも少ない…となったら、とても生活していけませんね。

「正社員なだけマシ」
「他に仕事なんてない…」

そんな風に思っていませんか?

諦めてはいけません。

一般的な新卒社員であっても年収300万は稼げるのです。

手取り月14万の給料でも、転職によって300万以上の仕事に就ける可能性は十分あります。

あなたが知らないだけで、転職してみたら年収がグッと上がったケースはかなり多いです。

転職してはじめて、自分が安い賃金でこき使われていた事に気付いた人もいます。

今回は、月手取り14万の給料の人がやるべき転職方法を紹介します。

月手取り14万の生活から脱出したければお金が集まる業界に転職しよう

月手取り14万から脱出するためには、やはりお金が集まる業界・会社に入社することが必須です。

昨今、お金の巡りがいい建築業界やIT業界などは、新卒であっても月20万以上、ボーナスも6ヶ月分しっかり貰える会社が多く、年収は20代の新人でも300万以上は確実に貰えます。

さらに、今後伸びていく業界ですから、昇給も期待できますし、技術や経験を身につければ、さらに年収アップが狙えます。

逆に介護や小売、サービス業など『お金が集まらない業界』に勤めていれば、月手取り14万からずーっと給料が上がらないどころか、経験を積めば積むほど、重い責任と長時間労働を強いられるようになります。

お金が集まらない会社・業界は、とにかく人件費をケチることに命をかけていますから、今を耐えしのげば後々楽になる…といった常識は通じません。

若い内に月手取り14万の給料しか稼げない業界・会社から脱出して、お金をしっかり払ってくれる会社に転職するのが一番です。

真面目にコツコツ働いていれば給料が上がる時代は終わった

pak85_xvidman20141123104413_tp_v

昔は、どんな業界・会社でもコツコツ働いていれば収入が増えていきました。

しかし、今やそれは一部の大企業に限った話。儲かる業界・会社でなければ、昇給やボーナスは期待出来ず、最悪の場合、リストラや長時間労働を強いられるケースが多くなりました。

月手取り14万の給料でも、コツコツ働いていけば何とかなる…なんて言うのは、もはや通用しません。

物価も上昇して、生活費も上がり、消費税をはじめとした税金も上がるこれからの時代、早めに給料の安い仕事から転職し、最低でも月20万以上稼げる仕事に就くべきです。

不満や愚痴を言っているだけでは、何も変わりません。いえ、それどころか、さらに悪い方向に動いてしまいます。

デフレにより食料品や生活必需品が安いままであれば、月14万でも何とかなるでしょう。

しかし、今後は物価もさらに上昇するでしょう。月14万では、もはや生活できない時代に入っているのです。

月手取り14万の正社員は奴隷も同然!生活できなければ正社員の意味がありません

sepsts_tp_v

月手取り14万でも正社員なんだから、フリーターよりはマシ…という人もいます。

確かに、正社員の権利は強く、フリーターと違って年をとってもそう簡単に首にはなりません。

しかし、それでも月手取り14万という給料の低さは、デメリットとして大きすぎます。

月手取り14万で定時帰り、仕事も楽なら、給料の低さを副業でカバーするという手が使えますが、もし月14万の給料で、おまけに長時間労働あり、サービス残業あり、仕事が重労働…なんてことになったら、いくら正社員とはいえ労働条件が悪すぎます。

名ばかり管理職という、サービス残業を強いるために若手社員を管理職にする問題が一時期話題になりましたが、正社員というのは時として「簡単に辞められない」ことを盾に安くこき使われるケースも多いです。

「正社員だから」という理由で今の仕事にしがみついている人は、もう一度、時給換算して自分がいくらの時給で働いているのか、調べてみましょう。

時給700円以下で働いているようなら、正直言って奴隷もいいところですよ。サービス残業や休日出勤を、今一度、計算してみましょう。正社員という言葉に騙されてはいけませんよ。

転職は難しくない!月20万以上の会社に転職しよう

screenshot-2014-12-02-10-11-01

「でも、転職なんて難しそう」

と思う人も多いでしょうが、大丈夫です。

転職は、難しいことではありません。
学歴・職歴や地域に関係なく、転職は「やるかやらないか」それだけです。

とはいえ、転職をしたことが無い人であれば、どうやって転職活動をすればいいのか分からないと思います。

転職経験者の方でも、どうやって給料がいい求人を探せばいいのか、色々と悩むことがあるでしょう。

そこでオススメなのが、転職のプロである転職エージェントを活用して、給料のいい仕事に転職する方法です。

転職を効率的に進めるなら転職エージェントを活用するのが一番です

f:id:moguhausu2:20160428142409j:plain

転職エージェントは、無料で利用できて、あなたにあった優良な求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは求人を出している会社から報酬を受け取っているので、利用は無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成から面接ノウハウ、求人の選び方まで、転職のプロから直接アドバイスが貰えるので、転職で失敗する確率を下げることが出来ます。

また、エージェントは会社の内部事情に詳しく、例えば激務な会社や、離職率の高い会社などは事前に言及してくれます。

そのため、予め「残業時間が月10時間以下の会社を希望」など言っておけば、それにあった求人に絞って紹介してくれます。

転職初心者や未経験業種への転職にもしっかりサポートしてくれるので、一人で転職活動をするよりもグッと効率的に転職が出来ます。転職で失敗しないためにも、転職エージェントを活用するのが一番ベストな方法です。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

関連記事

退職してから転職をする場合は、きちんとハローワークで手続きをして失業保険を貰いましょう。失業保険の申請方法は下記の記事でまとめています。

・初めて会社を辞める時にやっておくべき行政手続き。保険や年金や失業保険の申請のやり方を分かりやすく紹介




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする