新入社員が病気で休むと信頼度が落ちるって本当?上司や先輩の本音とは

f:id:moguhausu2:20150601080937g:plain
慣れない環境で慣れない仕事をする新入社員は、ストレスや疲労がたまりやすく、体調を崩して休んでしまうことも多々ありますよね。

しかし、体調管理も仕事のうちという言葉があるように、新入社員のうちに病欠を何度も繰り返すと信用を失う、という話は耳にしたことがあると思います。

果たして、新卒で入社した新入社員が病気で休むと信頼を失うというのは本当なのでしょうか?


突発的に休む社員は信用出来ない

新入社員はたいした仕事を与えられないので、休んだとしてもそこまで影響はありません。しかし、経験を重ねて、責任の重い仕事を割り振られるようになると、体調管理はことさら重要になってきます。

大きなプロジェクトのリーダーになったとして、プレゼン日に突然、体調不良で休まれたら社内の人間だけでなくクライアントにも迷惑をかけます。
風邪や腹痛で納品日に間に合わなかったり、文書が提出出来なければ、それだけで大きな損失になります。

そうなると、先輩社員や上司からの信頼を失い、やがて重要な仕事は割り振られず窓際社員になってしまうでしょう。

体調はコントロール出来る

病気にかかりやすい虚弱体質な人は一定数います。しかし、学校は自分の都合で休めても、会社となると話は別です。
休んだら他の人に迷惑がかかりますし、前述したように信頼を得ることも出来ず「仕事が出来ない人」のレッテルを貼られてしまいます。

病気にかからない健康というステータスは、実は社会人にとって重要なものなのです。
日頃から運動や健康的な食事を心がけなければ、社会で働いて信頼を勝ち取ることは出来ないのです。

病気にかかりやすい人はどのように体調をコントロールすれば良いのでしょうか?

まず基本となるのが運動です。
肉体労働の職についていない限り、社会人は運動不足になりがちです。なるべく平日の夜や土日などに時間を作り、ジョギングやジム通い、フットサルなど運動する機会を作りましょう。

お金をかけたくなければ、自宅で筋トレでも構いません。
運動は病気に負けない強靭な身体を作る基本です。ぜひ10分でも20分でもいいので、継続して運動をしましょう。

そして次に重要なのが栄養バランスのとれた食事です。

現代人は特に野菜の摂取量が少なく、ビタミンが圧倒的に不足しています。
ビタミンが足りていないと、病気に対する免疫力もぐっと落ちてしまいますから、まず食事に野菜をプラスすることから意識してみましょう。

運動不足解消や野菜不足解消の詳しい方法については、下記の記事を参考にしてください。
www.hazimetetensyoku.com

健康な身体作りに投資しよう

虚弱体質の人は、20代のうちから健康意識を高めて、免疫力の強い身体を作っておきましょう。仕事を休まないというのは、社会人としての基本です。
休まずに来るというだけで、信頼は少しずつ積み重なっていきます。

自分の健康に対して積極的に自己投資をしましょう。
ジムに通ったり、エアロバイクを買ったり、サラダを必ずオーダーしたり、やり方は何でもいいのです。改善しようという気持ちがあれば、少しずつ身体は強くなっていきます。

何度も病気をしていると「病気ですぐ休む人」というレッテルを貼られてしまいますから、ぜひ病気に強い身体を作り、社会人として信頼を勝ち得ましょう。

関連記事

www.hazimetetensyoku.com




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする