通訳ガイド(通訳案内士)に就職する方法。外国人旅行客に日本の良さを説明しよう

英語や中国語など、外国語を使う仕事で一番イメージしやすいのが、通訳ガイド(通訳案内士)ですね。
日本を訪れた海外からのツアー客を、ツアー客の母国語(アメリカ人なら英語、中国人なら中国語)で案内し、日本の観光ツアーをガイドするお仕事です。

通常の観光ガイド同様、日本の歴史や名所の解説などをしなければいけませんから、歴史や美術の知識が必要不可欠です。さらに、それを英語や中国語で説明するのですから、高度な語学力が必要とされます。

そのため、通訳ガイドになるためには合格率8%前後の難関国家試験「通訳案内士国家試験」に合格する必要があります。
ここでは仕事内容と、通訳ガイド(通訳案内士)に就職する方法を紹介します。


ツアーガイドだけでなくお客さんの知りたい全てを外国語でカバーする

通訳ガイドは通常の観光ガイドと同じように、皇居の歴史的背景や、日本の文化について説明しなければいけません。

例えば「日本が左側通行になった理由はサムライは刀を左側につけているため、右側通行だと刀がぶつかってしまうため左側通行になった」などの豆知識を、ツアー客に説明したりするのです。
アメリカなどでは右側通行ですから、文化の違いとその背景を知ってもらうことができますね。サムライという外国人でもわかる日本のキャラクターを例にあげたのも、お客様を楽しませるためのテクニックです。

他にも、日本食の説明や、瞑想、神社について英語や中国語で紹介しなければならず、語学力だけでなくツアーガイドとしての知識も必要になります。

給料は腕次第?翻訳ガイドの年収とは

意外に思われるかもしれませんが、翻訳ガイドのほとんどが会社に所属しているのではなく、依頼を受けて報酬をもらい、生計を立てる個人事業主、フリーランスなのです。

「え!? 難関試験を合格したのに給料が不安定なの?」

と不安に思う人もいるかもしれません。
しかし、それは大きな誤解です。

翻訳ガイドの日給の相場は3万円からです。20日働けば新人でも月給60万円、年収720万円稼ぐことができます。
新人のうちは通訳ガイド協会に所属すれば、仕事を斡旋してもらえるので仕事が見つからないということはありません。

さらに、能力が認められれば、旅行会社からのリピート注文や、旅行会社以外の法人からの注文も増えますから、年収は腕次第でぐっと上がります。

また、フリーランスなので働く日数を調整できますから、長期休暇なども自由にとれます。
翻訳ガイドは国家資格がないと出来ない仕事なので、そのぶん待遇はとても良いのです。もっとも、そのぶん仕事の内容も大変ですから、決して楽な仕事ではありません。
それでも外国の方に日本の魅力を紹介するという重大な仕事ですから、やりがいは大きいです。

通訳ガイドに就職する方法。通訳案内士国家試験とは?

通訳ガイド(通訳案内士)に就職するためには、国家試験である「通訳案内士国家試験」に合格する必要があります。
この試験には年齢、性別、学歴などを問わず誰でも挑戦できます。しかし、難易度は公認会計士試験と同じくらい難関と言われており、合格率は8〜10%です。

試験は年に一度、9月に行われます。筆記試験と口述試験の二つの点数で合否が判定されます。
筆記試験は外国語、日本地理、日本歴史、一般常識から構成されており、語学力だけでなく、日本史や日本地理の知識が必須になります。

口語試験は英検と同じように外国語での面接です。
選べる言語は英語・中国語、韓国語、タイ語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語の10言語です。

外国のお客様をもてなすということ

なぜ通訳ガイドには国家資格が必要なのでしょうか?
それは通訳ガイドが「民間の外交官」と言われるように、外国のお客様に日本の魅力を紹介するという重要な役割を持っているからです。
もし、ツアーでトラブルがおきて「日本は最悪だった」という印象をもってお客様が帰ったら、どうなるでしょうか?
日本の悪評が広がって、日本に観光に来る外国人の方が減ってしまいますよね。それはつまり、国の収入が減ってしまうということなのです。

通訳ガイドは外国人のお客様をもてなす、大事な外交業務なのです。
就職するための試験も、就職してからも学ぶことの多い通訳ガイドですが、語学力がいかせて年収も高水準ですから、興味のある方はぜひ挑戦してみてください。

何はともあれ英語を鍛えることが必要不可欠

通訳ガイドは、英語を人一倍、理解して使いこなせなければなることは出来ません。
当ブログにて、英語の勉強法やオススメの英会話教室の使い方などを解説しているので、ぜひ参考にして下さい。

www.hazimetetensyoku.com

英文経理など、英語の仕事を探している方はこちらが参考になると思いますよ。
www.hazimetetensyoku.com



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする