20代無職が就職する方法。空白期間があっても20代なら正社員になれる

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain

20代で無職になってしまった人は、大きな不安を抱えていると思います。

特に前職を短期離職してしまった人、職歴がない人、空白期間が長い人などは就職活動をするにも長引く可能性が高く、なかなか就職活動に取り組めないのではないでしょうか?

ブラック企業でボロボロになりながら離職した人なども、ブラック企業での体験がトラウマで就活するには二の足を踏んでしまいますね。

しかし、20代で無職のままだと世間体が悪いですし、失業保険を受け取っていても一人暮らしならすぐにお金が尽きてしまいます。

何より空白期間が長引いてしまうと、さらに就職が難しくなってしまいます。

「そうは言っても、就活はやっぱり面倒臭い」
「空白期間が長いから、ブラック企業以外に内定なんて出ない」
「もうバイトでいいや」

そんな風に諦めてしまうと、ますます正社員になる道が閉ざされ、まともな職に就けなくなってしまいます。

就職活動はコツが必要です。コツさえ知っていれば、正社員になるのはそれほど難しいことではありません。

就活をする時間も、コツさえ掴めば1ヶ月~2ヶ月頑張るだけで内定が取れます。

ここでは20代無職から長く働ける「働きやすい会社」の正社員に就職する方法をご紹介します。

20代なら正社員の席は残っている

就職の世界には「30歳の壁」という言葉があるように、30歳を超えると未経験の職種に就くことが難しくなります。

30歳で無職期間が長い場合は、更に就職が困難になります。そのため、20代のうちに再就職をして無職を脱出しておくべきです。

20代ならば、例え無職期間が長くても、職歴がなくても正社員の席は残っています。

ここで就職活動を面倒臭がって、アルバイトや派遣社員、契約社員などの非正規雇用に就いてダラダラ過ごしてしまうと、あっという間に30歳になってしまいます。

就職活動に必要なお金を貯めたら、すぐにでも正社員の職を探しましょう。

フリーター期間は長引くほど不利になる

正社員にならず、20代でフリーターをする人もいますが、フリーター期間は長引けば長引くほど不利になります。

フリーターは正社員に比べて、週3回~4回で良いなど労働時間を好きに調整できる点がメリットになりますが、誰でも出来る単純作業なので給料が上がらず、職歴としても評価されません。

音楽や芸術活動など、やりたい事や目標があってフリーターを選んでいるなら良いのですが、ただ楽な方に流されてフリーターをやっている人は、年をとる毎に負け組に近づきます。

残念ながら、日本では『フリーター歴が長い=価値のない人材』という評価であり、たとえ能力が低くても正社員歴の長い人の方が評価される仕組みになっています。

またフリーターですとフルタイムで働いても年収300万にも届かず、生活は苦しいです。雇用も不安定なので、20代のうちに正社員になった方が将来的にも安心ですよ。

転職サイトはブラック企業の求人だらけ?

就職活動をするにあたって、職歴のある人も無い人も、まずは求人を探さなければいけません。

転職サイトに登録をしたり、ハローワークの求人票を見たり、タウンワークなどの求人誌を読んだり、方法は様々です。

しかし、ここで問題が発生します。それは、求人の内容が二極化していることです。

一つはだれでもウェルカム、離職率が高くて人材使い捨てのブラック企業の求人。

応募すればすぐに内定、正社員になれますが、その勤務内容は激務・サービス残業当たり前・パワハラ無茶ぶり当たり前といった劣悪な環境。

これが、いわゆるブラック企業の求人です。ブラック企業はその劣悪な待遇・労働環境ゆえに離職率が高いですから、1年中いつでも求人を出しています。

ブラック企業に入社してしまうと、職歴に傷がつくだけでなく、心身ともに疲弊しますから、全力で回避するべきです。

会社名で検索して、明らかにブラック企業のようであれば応募は控えましょう。

もう一つは経験者のみ応募の中途採用、いわゆるキャリア採用の求人です。

こちらは未経験者お断りの求人で、経験3年以上のキャリアがないと応募しても書類選考で落とされてしまいます。

困ったことに、未経験者でもOKと書かれていても、同じく応募したライバルの中に経験者がいれば、そちらが優先して採用されてしまうことです。

このように、普通の就職活動をすると「それなりの待遇で、20代未経験or職歴無しでも内定出します」という求人を見つけるのは非常に困難です。求人の二極化のせいで、何十社も応募していくうちに、疲れて就職活動を諦めてしまう人が多いです。

では、この求人の二極化をどのように乗り越えればよいのでしょうか?

その解決法は簡単で、求人の取捨選択をしっかり行い、無駄撃ちを避ければいいのです。

働きやすい待遇で、なおかつ20代未経験の自分が応募しても内定を出してくれそうな競争率の低い求人。これを探し当てて応募していけば、10社以内に内定が出るでしょう。

しかし、求人の取捨選択は難しく、手間のかかる作業です。

そこで求人の取捨選択を楽に出来るオススメの方法があります。

20代・未経験OKの求人が多い転職エージェントを活用しよう

現在、20代の若手社員が欲しい中小企業と、20代の求人者をマッチングする転職エージェントが業績を伸ばしています。

転職エージェントと聞くと、ヘッドハンティングなどをイメージしますよね。

キャリア採用や引っこ抜きが主な仕事のように思えますが、実は今、転職エージェントは20代・未経験OKの求人も多く扱っており、20代であれば既卒、フリーター、職歴の浅いor無い無職の求人者でもサポートしてくれます。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。

そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。

エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

・DODA 登録はこちら【5分で完了】

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

期間工のバイトをして職歴とお金を貯める手法もあり

「学歴が高卒だから不安」
「自分に自信がなくて就活が上手くいかない」
「上京して東京で就職したいけど、お金がない」
「アピールできる材料が何もない…」

という方は、3ヶ月~1年ほど期間工として住み込みで働いて、まとまったお金+職歴を作るという進路もオススメです。

期間工とは、大手自動車メーカーでライン工として働く住み込みのバイトで、職歴・学歴関係なく年収450万近く稼げる一番稼げるバイトです。

入社祝い金などがあるため、3ヶ月働くだけでも100万円以上稼げる上に、社会保険完備なので職歴になります。

期間工のバイトは肉体労働なのでキツいですが、その経験があると就職活動でも強くアピール出来ます。

実際、期間工を1年やり終えて、その経験をアピールして「未経験者だけど、根性がある」と評価され正社員になった人もいます。

また20代であれば期間工からの正社員登用もあり、大手自動車メーカーの社員になれるチャンスもあるので、オススメですよ。

詳しくは下記のサイトで解説されているので、興味のある方は参考にして下さい。

期間工とは?メリット・デメリットを解説

20代なら、しっかり就活をすれば正社員になるのは簡単です。
諦めずにコツコツいきましょう!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする