社会人が友人とルームシェアした時に喧嘩になる理由ランキング。トラブルが起きると引越し費用が痛すぎる

http://howcollect.jp/files/20110413043410-462-367_thumbnail.jpg

新社会人はお給料が安く、毎月の貯金がなかなか出来ない人が多いです。

特に都内勤務だと、家賃の負担が大きく、家賃のために働いているような感覚になります。そこで、多くの若者が取り入れている節約術は、友人とルームシェアをすること。

広めの1R・1DK・1LDKなら探せば10万円以下の所もあり、二人で住めば一人あたり5万円以下で部屋を借りることが出来ます。

光熱費やインターネット代も折半になるわけですから、総合的に考えると非常にお得です。

男性の中にはワンルームでルームシェアをしている強者もおり、中には中国人よろしく3~4人で住んでる人達もいます(大家からすれば問題ですが)。

地方から都内に上京した人は友人が少なく、孤独感を感じやすいです。しかし、友人とルームシェアしていれば寂しさとは無縁の生活が送れるし、防犯の面でも心強い!

……というメリットもあるのですが、ルームシェアは慎重に考えないと、とんでもないトラブルに発展することがあります。

ルームシェアのメリットを取り上げるブログが多いですが、当ブログではルームシェアのデメリットである喧嘩の理由ランキングをご紹介します。


5位 引越しの手際が悪い

なんと、ルームシェアを始める前から喧嘩になることが結構多いようです。というのも、引越し作業の段階で、個々人のペースや価値観の違いが見えてくるからです。

例えば、きちんと段取りして計画通り進まないと嫌な几帳面タイプと、ギリギリにならないとやらないズボラタイプでは、引越し作業の計画の立て方が全然違います。几帳面タイプは「早く計画を立てろ!」とイライラするし、ズボラタイプは「だったらお前が全部やれ」とペースを乱されることにイライラしてしまいます。

部屋を契約した後ですから、今さらキャンセルも出来ず、まさに最悪のスタートになってしまいます。古くからの友人であっても、意外とこういった面は見えてこないもの。仲良し同士でも、どちらかに負担がかかると途端に友情に亀裂が入ります。ルームシェアは友人と会社を立ち上げるのに似ています。どちらかにやる気がないと会社が傾くのと一緒で、どちらかが非協力的だとルームシェアも計画が傾きます。

4位 初期費用を肩代わりする

貯金が出来ないタイプがルームシェアの相手だと、初期費用を貸しておいてくれ、なんて言われることがあります。一度、金銭でケチがつくと、金銭のしこりは長く残ります。友人同士で金の貸し借りはご法度というのは常識ですが、ルームシェアになると「ルームシェアするとお互い節約になるから返してくれるだろう」という考えが判断を鈍らせて、ついつい貸してしまいがちです。

しかし、覚えておいて欲しいのは、貯金できないタイプはどんなに節約しても貯金できません。金が浮いたら、そのぶん使ってしまいます。金は友情を破壊します。ルームシェアしたばっかりに、友人と金のトラブルで険悪になったという人はかなり多いです。

3位 片付けない・掃除しない

掃除。それは個々人の性格と潔癖度で大きく異なる分野です。掃除する率が、ある程度同じくらいでないと、ストレスがたまります。特にルームシェアのトラブルで多いのが

・台所を片付けない(洗い物や玉ねぎの皮、卵の殻のゴミなど)
・ゴミ出しをしない、忘れる、寝坊して出せない。
・トイレにウンコがついてる、オシッコ撒き散らしてそのまま(男性)
・掃除機をかけない、床に物を起きすぎてかけられない。
・掃除しないくせに、物を勝手に片付けると怒る

などなど、喧嘩の理由を探せばきりがありません。
「どこの夫婦だよ」と突っ込みたいところですが、実際、生活を共にするわけですから、友人同士とはいえ、こういったトラブルはしばしば起こります。特にトイレの問題は深刻で、自分のウンコを自分で掃除出来ない奴というのはルームシェアをする資格がありません。

2位 彼氏彼女を連れ込む

ルームシェアしているところに恋人を連れ込まれると、かなり困りますよね。そいつにとっては恋人かもしれませんが、自分にとっては赤の他人の異性。しかも、苦手なタイプだったら最悪で、自分のテリトリーを侵されるというストレスは凄まじいものがあります。
しかし、異性にだらしない人とルームシェアをすると、そういったあり得ない事態を引き起こされる可能性があります。

自分が寝る場所でイチャイチャされたり、それ以上のことをされたら最悪ですよね。
どちらかに恋人が出来たら、ルームシェア解消のサインだということを覚えておきましょう。

1位 家賃を払わない

ルームシェアのトラブル原因第一は家賃を払わない、です。
どちらかが滞納すれば、当然、ルームシェアの節約効果もまったくなくなります。これが一人暮らしだったら「大変だね」で住むのですが、ルームシェアの場合は責任も一緒に背負っているので、放置するわけにもいかず、管理会社や大家に相談しても味方にはなってくれません。

最近は家賃保証会社を必須にしている物件が多く、滞納すると怖いお兄さん達がガンガンやってきます。家賃保証会社は法律のルールがまだ整備されておらず、消費者金融あがりの怖い系のお兄さんが多いです。そのため、悪質な家賃保証会社を挟んでいると、滞納したことを理由に悪質な追い出しにあうこともあります。

家賃を滞納し始めたら、すぐにルームシェア解消を考えましょう。お金の問題は一生引きずりますから、ルームシェアする際にはしっかり決めておきましょう。

ルームシェアする相手は選ぼう

以上がルームシェアで喧嘩になる理由ランキングでした。

社会人になると、自分の時間がなかなか取れないもの。そんなときに無駄なトラブルを抱え込んだら、ますます時間が無くなってストレスがたまってしまいます。
ルームシェアは節約効果や防犯効果などメリットもありますが、上記のようなデメリット、トラブルのリスクもありますのでルームシェアの相手は慎重に決めましょう。

関連リンク

お金を楽に稼ぎたい女性向け!短期間で月30万以上稼ぐ仕事を特集しました。

・お金がない緊急時に短期間でお金を稼ぐ方法(女性向け・在宅ワーク編)

正社員はキツい…というのは嘘?正社員に不安を感じている人にオススメの記事です。

・正社員になりたくない?精神的に楽なのは間違いなく正社員ですよ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする