正社員になりたくない?精神的に楽なのは間違いなく正社員ですよ

「正社員はキツい」
「時給換算したらバイトのがマシ」
「ブラック企業に入るくらいなら派遣がいい」
「やりたい仕事もないしフリーターになろう」

若い人の間では、未だに正社員=縛りが強い、キツい…というイメージがあるようです。

確かに正社員は非正規社員よりも責任感が重く、様々な仕事をこなさなければいけません。

また、フルタイムで働くので、フリーターや派遣社員のように労働時間を自由に調整することが出来ません。

また、ブラック企業は正社員制度を悪用して、長時間労働を強要して最低賃金以下の給料で働かせるケースもあります。

そういったデメリットを見ていくと、正社員は辛い…と思ってしまうのも無理はありません。

しかし、それでも日本では正社員の方がお得で楽なのです。

何故か?

一番の理由は『無能でも給料が増え続ける』という雇用の強さが上げられるでしょう。

1:仕事が出来ない人でもクビにならない正社員の強さ

f:id:moguhausu2:20160427203716j:plain

バイトをしていると、使えない正社員の人が一定数いるのに気付く人も多いと思います。

「なんで、こんな使えない人を雇っているんだろう?クビにすればいいのに」

と思う事もあるはずです。
しかし、どんなに仕事ができない人でも、正社員である限り会社は簡単にクビには出来ません。

正社員をクビにするには、相応の手順を踏まなければならず、基本的によほど会社に損害を与えない限り正社員はクビになりません。
法律で守られているのです。

アルバイトや派遣社員は逆で、どんなに仕事が出来る人でも、クビになる時は一瞬です。
売上の低下や、不景気による人員削減では真っ先にバイト・派遣社員がクビになります。

理不尽に感じますが、これが正社員の雇用の強さというやつなのです。

つまり、どんなに「自分は無能だ…」と思っている人でも、正社員にさえなってしまえば、仕事がイマイチ出来なくても毎年給料は上がりますしボーナスも貰えます。

長く勤めれば、自然と役職が付き、年収もそれなりになります。

フリーターや派遣で無能だったら、首を切られて終わりです。

正社員は、仕事が出来ない人でも生き残れる特権階級なのです。
もちろんブラック企業や外食・小売業界など正社員を安くこき使う業界は別ですが、一般的に正社員の方が「雇用の強さ」「首になりにくい」という点では気楽でしょう。

フリーターや派遣社員は、年を取ると雇用の不安に怯えるようになります。
正社員ならば、たとえ何のスキルもない中年であっても、正社員であるというだけでガンガン稼げるのです。

2:フリーターや派遣社員でも結局、お金が必要なのだから正社員になった方が楽

f:id:moguhausu2:20150717110643j:plain

生まれながらのお金持ちを除いて、人は仕事をしてお金を稼がなければいけません。

フリーターや派遣社員の方が気楽だ~、と言っても、最終的にお金は必要ですから、キリキリ働かなければいけません。

フリーターや派遣社員だと、時給で働くため、年収400万以上稼ぐのは大変です。
時間は24時間しかありませんし、特別な技術・スキルがない限り時給は頭打ちになります。

一方、正社員は昇給とボーナスという強さがあります。
毎年給料が上がる上に、1年のうち数カ月分の給料を余分に貰えるボーナスがある。

この時点で、フリーターや派遣社員よりもずっと経済的に余裕が出来るのです。

さらに正社員は有給制度があり、仮に病気や怪我で数日休んでも給料が下がりません。

雇用の強さにくわえて、このような経済的な強さもあるのですから、やはり正社員に就職することが生活を安定させる第一歩と言えるでしょう。

3:まともな会社の正社員に就職するためにやるべきこと

f:id:moguhausu2:20150531161701j:plain

正社員になるのが怖い
ブラック企業で働いたトラウマがあり、再就職が不安

そういった人もいるでしょう。
確かに、正社員といえど、どこも恵まれている訳ではありません。待遇や会社の姿勢をしっかり見極めて、まともな会社に入らなければ、名ばかり正社員として使い捨てにされてしまいます。

では、どうやってまともな会社に就職すればいいのでしょうか?

答えは簡単です。
転職エージェントに登録して、プロに就職活動をサポートしてもらえばいいのです。

フリーター、契約社員、派遣社員、あるいは無職から正社員になりたい人にとって、実は一番の味方は転職エージェントです。

転職エージェントというと、転職する人向けのサービスと捉えられる事が多いですが、実は新卒者でない限り登録ができて、就活をしっかりサポートしてくれます。

就職活動は一人でやると負担が大きいです。

求人を一つ一つ精査するにしても、どの求人が自分に向いているのか、自分の経歴やスキルが活かせるのか…といった点を分析していれば、時間がいくらあっても足りません。

転職エージェントを利用すれば、転職のプロであるエージェントがあなたのキャリアをしっかり精査して、あなたにあった求人をオススメしてくれます。

転職エージェントは企業から広告費をもらって運営しているので、利用料が無料なのも嬉しいですね。

一度も正社員になったことがないけど、正社員に就職したい…というケースも、プロの担当者がしっかりケアしてくれますよ。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする