働きたくない人がやる気を出す方法5選

働きたくない!
仕事なんて行きたくない!

という悩みは、人類の誰もが抱える難題です。

私も仕事に行く前は、毎回「会社に隕石落ちねぇかな…」と思いながら準備をしています。

失業して就職活動していた時も「働きたくね~!」とウダウダしていたものです。
(金が無くなったので致し方なく頑張りましたが)

仕事がうまくいってる時ならマシですが、ミスをした翌日やトラブルを抱えていると、働きたくない感が一気にうなぎのぼり。

しかし、働かなければ生きていけません。

そこで今回は働きたくない人がやる気を出す方法5選を紹介します。

1:貯金の目標を作る

仕事の原動力として、お金は重要です。

貯金があれば、好きなものが買えますし、何より安心感が出ます。
100万円、200万円という大金を貯金できれば、達成感もひとしおです。

働きたくない時は、まず「お金のため」に働いてみましょう。

「貯金目標まで頑張るぞ!」とポジティブになれますし、嫌な仕事でも「給料がもらえるから、我慢するか…」と少しはやる気が出てきますよ。

2:仕事後の楽しみを作る

仕事が終わった後に「お楽しみ」があれば、働きたくないと思っても会社に行く励みになります。

例えば、仕事後に行きつけの居酒屋に行く。
カフェでゆっくりする。本屋で1冊本を買う。水曜日だけレストランで外食などなど…

楽しみ方は何でも良いです。

お金が無い場合は、週1回など曜日を決めて「仕事を頑張った自分へのご褒美」を作りましょう。

仕事ばかりでは、生活にメリハリがつかず味気ないですし、楽しくありません。

ぜひ仕事後の楽しみを作りましょう。

3:恋愛をする

好きな人が出来ると「自分も頑張ろう!」とやる気が出るものです。

仕事をバリバリ頑張って、かっこいい自分を見せたい。
彼・彼女にふさわしい自分になりたい。

こういった恋愛の原動力はバカにできません。

もし出会いが無くて好きな人が出来ない場合は、マッチングサイトなどを活用して異性との出会いを増やしましょう。

おすすめのマッチングサイトはリクルートが運営するマッチブックです。

マッチブック



フェイスブックアカウントがあれば、今すぐ始める事が出来ます。
リクルートが運営しているので、健全なマッチングサイトとして20代~30代に人気です。

スキマ時間にコツコツと「いいね!」を送って、ぜひ素敵な人と出会いましょう。
良い恋愛をすると、仕事にもメリハリがつきますよ。

4:Twitterや掲示板で愚痴をはく

仕事の愚痴をはく事は大切です。

ストレスを溜め込んでしまうと、仕事に行きたくない感じがどんどんふくれ上がってしまいます。

しかし、仕事の愚痴を聞いてくれる友人がいない場合はキツイですよね。
そこでTwitterや掲示板で愚痴をはきだしましょう。

ヤフー知恵袋などで仕事の怒りや悩みを吐き出したり、Twitterで愚痴をぶちまけましょう。

少しは気が晴れますし、意外な答えが返ってきて、仕事のやる気を出すヒントが貰えるかもしれません。

愚痴に共感してもらう、第三者の意見を聞く事は大事ですよ。

5:それでもキツイなら転職をする

「上司のパワハラがひどすぎる」
「労働時間が長すぎて、もう死にそう」

などなど、根本的な問題が大きすぎて「解決不可能」な場合は、転職をしましょう。

残念ながら、人間、頑張るにしても限界があります。
月残業時間80時間などになると、過労死の恐れが出てきます。

人間関係のトラブルであれば、相手が退職するか異動にならない限り、しがらみは続きます。

「もう限界だ…」と感じたら、鬱病になる前に転職をしてしまいましょう。

働きたくない、仕事行きたくないと思えるうちは、まだ幸せで、そこを超えると思考が停止して脱出する元気すら無くなります。

実際に鬱病で倒れてしまったチャーリーさんの体験談はこちら。

仕事が辛いけど我慢して働いた結果、私に起こった恐ろしい変化

キツくなったら転職!真面目な人ほど、この考え方が出来ないものですが、今の会社を続けなければいけないルールなんて無いのです。

付け焼き刃の対策では乗り越えられないと思ったら、早めに脱出して新天地で頑張りましょう。

求人を探すなら、無料の転職エージェントを使っておすすめの求人を投げてもらうのが一番楽ですよ。

転職エージェントは、無職からの就職もサポートしてくれますから、失業している人でも気軽に使えます。

エージェントは求人を出している会社から報酬を受け取っているので、利用は無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成から面接ノウハウ、求人の選び方まで、就職活動のプロから直接アドバイスが貰えるので、就職で失敗する確率を下げることが出来ます。

また、エージェントは会社の内部事情に詳しく、例えば激務な会社や、離職率の高い会社などは事前に言及してくれます。

そのため、予め「残業時間が月10時間以下の会社を希望」など言っておけば、それにあった求人に絞って紹介してくれます。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。

そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。

エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

・DODA 登録はこちら【5分で完了】

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする