会社のせいで人間不信になったらこう乗り切ろう!対策まとめ

会社組織というのは、理不尽な事がたくさん起こる環境です。

・上司がミスを押し付けくる。
・いい大人なのに職場でいじめを行う。
・出世のために裏切る。

他にも、納得できない事がたくさん起こります。

そんな人間の卑劣な面を見てしまうと「もう誰も信じられない」と人間不信になってしまいます。

しかし、人間不信になって引きこもっても、誰も助けてはくれません。
理不尽な事が多い社会を、何とか乗り切らないと生きていけないのです。

そこで今回は、会社の人間不信を乗り切る対策を紹介します。

割り切った付き合い方を学ぼう

とんでもなく悪いヤツだ!と思っていた人が、実は本人はまるで悪気がなかった…なんて事は多いです。

何が悪で何が正義か…
人それぞれ価値観が違いますから、必ず誰しもが納得できる結果になるケースは稀です。

価値観が違う人とまともに話し合っても意味はありません。

ある程度のところで妥協点を見つけて、気にならない距離を保ちましょう。

無理に相手を変えよう!理解してもらおう!と努力するのではなく、見切りをつけるのです。

「ああ、この人はこういう考え方なんだな」
「この人は、こうすると嫌がるんだな」

などなど、相手を冷静に分析して、面倒な事にならないよう適当にコントロールするのです。

本気で人とぶつかって理解し合う事は可能かもしれませんが、社会人ですと仕事やら家庭の事やら、やるべきタスクが多すぎます。

いちいち価値観の違う人にエネルギーを全力投球していたら、時間がいくらあっても足りません。

やるべき事がパンクしないように、優先順位をつけましょう。

「この人はもう諦めよう」
「とにかく仕事に協力してもらえればいいや」

と割り切って考え、付き合う事が重要です。

ここで入れ込んでしまうと、いざ失敗した時に「もう誰も信じられない!」とキレてしまいますよ。

大人の汚さを受け入れよう

残念ながら、大人というのは汚い部分があります。

自分の利益のために誰かを犠牲にしたり、裏切って利益を独り占めしたり…

会社に入ると、お金や時間、肩書、立場、人望など様々な要素が絡み合い、学生時代とは違って利益を奪い合う利害関係が生まれます。

同僚や上司、事務のおばさんに至るまで、敵になったり裏切られる可能性はどこにでもあるのです。

これは会社に限らず、国などでも同じです。

世界平和を願う…なんて言っておきながら、裏で戦争をしたり安い労働力として工場でこき使ったり…

世の中、綺麗事だけでは生きていけません。

だからこそ、大人の汚い部分も受け入れましょう。人は光と闇、両方を持っているのです。

大切なのは、あなたが幸せになること。あなたが守りたい人を守れるためにやるべき事です。

すべてを守ろうとするのではなく、優先順位をつけて、手を抜く所は抜くのが社会で生き残るコツです。

パワハラ上司やいじめてくる人が出てきたら味方を作ろう

会社の中には「あいつ気に食わないな」と言って、悪意を向けてくる人もいます。

そういった危険人物にマークされてしまったら、とにかく味方を探しましょう。

出来れば権力を持っている人に気に入られるのがベストですが、同僚や先輩など愚痴を言い合える相手を味方につけるのもありです。

社内に味方が増えれば、ある程度、強気に出てもフォローが期待出来ます。

上司やいじめ野郎としても、味方が多い人を敵に回したくはないでしょう。

戦略的に立ち回って、相手が攻撃できないような立場に立つ必要があります。

パワハラやいじめは、かなりのストレスになります。

もし味方を作っても耐えられない。キツすぎる…という事なら、転職するという選択肢を検討しましょう。

先ほど申し上げた通り、価値観の違う相手とは理解し合う事が出来ません。

転職において人間関係が転職理由の第一位である理由は、まさに上記の理論があるからです。

悪意を持った相手から逃げられない、戦うすべがない、自分の精神がもう限界…となったら、早めに逃亡してしまうのが正解です。

無理をして耐え続けると、鬱病などの病気になってしまいます。
鬱病になると、日常生活すら危うくなります。

実際に仕事が原因で鬱病になってしまった方の体験談はこちら。
・仕事が辛いけど我慢して働いた結果、私に起こった恐ろしい変化

今の仕事が好きな人は同業他社に転職すれば良いですし、この際に異業種に転職してついでに待遇アップを狙うのも良いでしょう。

人間関係は、仕事をする上で一番重要な要素です。

「人間関係がダメだからって転職するのは甘えでは?」なんて思ってはいけません。

人間関係がダメだと、表題のように【人間不信】になってしまいますし、身体や心を壊してしまいます。

人間関係がダメだからこそ転職をする! くらいの考えでないと、鬱病になってしまいますよ。

悪意ある上司や同僚のいる会社に入ってしまったなら、早めに方向転換をして、ストレスなく働けるやりがいのある職場を選びましょう。

転職というと、ハードルが高いイメージがありますが、昨今は求人数も増えている関係で非常に短期間で内定が決まるケースが多いです。

人間不信で悩み続けるより、転職活動を始めたほうが、あっさり答えが見つかる事も多いですよ。

転職エージェントを活用して効率的に転職しよう

転職を成功させたいなら、プロの転職エージェントに相談をしてアドバイスを貰うのがおすすめです。

転職エージェントは、無料で利用できて、あなたにあった優良な求人を紹介してくれるサービスです。

エージェントは求人を出している会社から報酬を受け取っているので、利用は無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成から面接ノウハウ、求人の選び方まで、転職のプロから直接アドバイスが貰えるので、転職で失敗する確率を下げることが出来ます。

メールでのやり取りが基本なので、会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も完全個室で、バレないよう最新の注意を払ってくれます。

また、エージェントは会社の内部事情に詳しく、例えば激務な会社や、離職率の高い会社などは事前に言及してくれます。

そのため、予め「残業時間が月10時間以下の会社を希望」など言っておけば、それにあった求人に絞って紹介してくれます。

転職初心者や未経験業種への転職にもしっかりサポートしてくれるので、一人で転職活動をするよりもグッと効率的に転職が出来ます。転職で失敗しないためにも、転職エージェントを活用するのが一番ベストな方法です。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。

そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。

エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

・DODA 登録はこちら【5分で完了】

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする