20歳女子大生がキャバ嬢のバイトで月10万稼いだ体験談。良かった点やキツかった点まとめ

guess-attic-girl-woman-pretty

どうも!大学時代にキャバでアルバイトをしていたみくるです。

キャバ嬢のバイトを始めた理由は、大学生になり、周りでもキャバクラやガールズバーで働き出す子が多くなったので興味を持ち始めたからです。

当時は20歳で、右も左も分からない子供でした。

夜の世界はテレビで見るようなものなのか、お給料はたくさん貰えるのか、楽しいお喋りをしてお仕事が出来るのか…

ぶっちゃけ、めちゃくちゃ興味がありました。

もちろん不安もありました。

けれど、私はお喋り好きだったので「いけるでしょ!」と思い、友達の紹介で飲み屋街にあるラウンジで働きはじめました。

キャバ嬢の給料や待遇について

キャバで働いていた期間は大体1年です。

時給は1600円で週末は必ず出勤しなければならない、といったものでした。

平日は出られる日だけでいいが、基本的には週末+平日最低1日といった感じです。

あまり活発に出ている方でもなかったですが、月給は最低でも10万くらい貰えました。大学生のバイトとしては、かなり高時給で良かったです。

また、お給料以外にも、お客さんから直接チップを貰えることもありました。

チップ以外にも、物をくれたりすることも多かったので、そういう物も含めるとかなり金銭的にも物欲的にも満たされてはいました。

ドリンクバックや指名のバックは無い店でしたが、車での送迎等はありました。

他のお店では、お客さんにドリンクを奢ってもらうとボーナスが貰えるのですが、これが無かったのは今思うと痛かったです。

キャバの高時給の秘密は、ドリンクバックですからね~。10万以上の高級なお酒を注文してもらえば、ボーナスで1万円近く貰えますよ。

ちなみに、時給は1600円ですが、いつも源泉徴収かなにかで少し引かれていたので実際は1500円代でした。

お給料は業務終わりの手渡しです。

キャバ嬢のバイトでキツかったこと

この仕事でキツい思いをしたことはかなりたくさんあります。

まず、このラウンジが年齢層の広い少し特殊なとこだったようで、やはり年齢離れてる人たちや長い間勤めてる人たちとは仲良くやっていけなかったです。

嫌みを言われることもよくありましたし、基本、若い子に対しては無視か軽いいじめがありました。

実際に、友達は先輩に陰湿な嫌がらせを受け続けて、最終的にはお客さんの前で泣いてしまいました。

それでも、同じくらいの年齢の子は少なからず居たのでその子たちとお喋りしたり愚痴を言い合ってストレスを紛らわせていました。

20歳~22歳の大学生でキャバ嬢をしている子は、全体の2割~3割くらいでした。

他の点でキツかったことは、容姿の悪口を言われることです。

お客さんは皆かなりお酒が入っている状態なのでほとんどからかい半分で言っていることがほとんどですが、やはり傷つくものは傷つきます。

ベテランの先輩たちは、一々気にしないというスタンスでしたが、やはりそう割り切っていないと難しい仕事でした。

夜の仕事なので仕方ないことは仕方ないのですが、抱きつかれたり触られたりするのも嫌だと思うことは多々ありました。

ただそういうのも、ベテランたちは「お給料が高いわけだよ」と言って割り切っていました。

キャバ嬢のバイトをしてよかった点

キャバクラに勤めてよかった点は、お給料が高いので、たくさん貯金が出来たことです。

元々、貯金目的で始めた仕事だったのでそこはかなり助かりました。

今まではレストラン等でごく普通のアルバイトをしていましたが、時給が低いので毎月の出費だけで、一切貯金出来なかったのですが、夜の仕事をはじめたら1年で60万も貯金が貯まりました。

ただ、ドリンクバックがあれば、もっと稼げたな~と思うので、お店選びの際は必ずドリンクバックがあるかどうか、調べてから入店した方が良いです。

キャバ嬢になって金銭感覚が狂うことは日常茶飯事

お給料が高くて悪かったことは、浪費が増えたことです。

夜のお仕事をした人ほとんど全ての方が経験しているようですが、やはり金銭感覚が少し狂います。

必要の無い物を躊躇いなく買ったり、よく外食したりしてました。

キャバ嬢のバイトに向いていない人の特徴

・人から言われたことを気にしてしまう、スルースキルのない人

・お喋りが苦手な人

・気遣いの苦手な人

容姿のことは言われたら傷つくのは当然ですが、それだとこの商売はやはりやっていけないです。

しかし最近は、すぐ泣いちゃったり辞めちゃう若い子が増えているようです。

また、お喋りが苦手な子もキツいと思います。

夜のお仕事は、容姿が良いのが1番武器になるとは思いますが、先輩たちを見ていて思ったのは、容姿よりもトークが面白い人が人気だということです。

美人でも、あまり喋らない子だと、他の人を通して「あの子あまり喋らないね」等と色々言われたりしていました。

お喋りがメインのお仕事なのでトークで心を掴むことが出来る人が人気になると思います。

その人が居るだけでそこにいるお客さんも女の子も楽しいと思わせられる人は本当に尊敬していました。

そして、気遣いの苦手な人もあまり向かないと思います。まさに私がそのタイプでした。

お店にくるお客さんは、女の子の容姿の可愛さやトークの面白さを目当てにしていると思っていましたが、意外と、女の子が気を遣えるかどうかを見ている方も多かったです。

例えば、お客さんがタバコを出したらすぐにライターを用意するとか、お菓子等のゴミが出たら捨てたりまとめてりしてテーブルの上を綺麗に保つとか、グラスをこまめに拭くとかです。

男の人は、「女の人に大切な条件」というのをしっかりチェックしているようで、出来てなかったら指摘してくる方も居ました。

私は当時大学生で、若かったのもあり、そういうのが出来ていなくても優しく教えてくれたりすることもあったのでそういうところは勉強になりました。

世間ではマイナスのイメージも強い職業ですが、得られることも多かったです。

「キャバはちょっと難しそう」という人は、ガールズバーから始めると良いと思います。
ガールズバーについては、こちらで詳しく書いています。

・ガールズバーのアルバイトっていくら稼げる?仕事内容は?全部教えます

待遇の良いお店を探す方法について

キャバ嬢の求人は、ネットで探すのが一番簡単です。

待遇の良いお店を探すなら、キャバ嬢専門の求人サイト【キャバ求】がおすすめですね。

ドリンクバックの有無や、送迎の有無など条件がしっかり明記されている求人を紹介してくれます。

求人会社のスタッフが良い求人にしぼって紹介&サポートしてくれるので、未経験者でも安心してお店探しが出来ます。

悪質なお店などもありますから、キャバ求から安全なお店の求人を紹介してもらいましょう。

キャバクラ専門お仕事紹介サイト【キャバ求】 公式サイトはこちら

ただ、合う合わないが激しいので、キャバ嬢がきつそうであれば、別の仕事がおすすめです。

接客が得意じゃない、夜ではなく休日の昼間や夕方に働きたい、在宅で高時給バイトをしたい…というのであれば、キャバクラよりチャットレディがオススメです。

チャットレディはWEBカメラありの対面接客。おもったより気楽に出来るバイトです

images-9

私はキャバ嬢を辞めてから、就職しましたが、勤めていた会社が倒産してしまい、無職になってしまいました。

その後は派遣をやりながらチャットレディの仕事をしています。

チャットレディの仕事は、キャバ嬢の仕事よりも働きやすく、在宅OK。おまけに時給5000円以上稼げるので、非常に助かっています。

チャットレディはWEBカメラ&マイクを使って、ネットを介して接客するバイトです。

キャバ嬢のように男性を直接接客する訳ではないので、触られる危険性やトラブルを避けられますし、お酒を飲む必要もありません。働く時間帯も自由です。

パソコンとWEBカメラの機材が必要ですが、私は持っていなかったのでチャットルームに通勤することにしました。

チャットルームは、会社が用意している機材&配信部屋で、ここにいけば手ぶらでチャットレディの仕事が始められます。全国各地にあり、機材がないなら通勤するのが楽です。

images-10

もちろん、自宅にパソコンとWEBカメラがあれば在宅ではじめられます。
最近はカメラ付きPCも多いですから、設定は意外と簡単にできます。

私は顔出し無しで、チャットレディをはじめました。顔を出さないとお客様はつかないかな~と思っていたのですが、驚いたことに初日からガンガンお客様が入ってきました。

やっている事は、キャバ嬢時代と同じ接客です。
ただネット越しなので、接触がない&お酒がないので、とても働きやすかったです。

お給料は噂通りの高時給で、時給5000円以上稼げました。週1回ペースなのに月20万以上稼げたので、かなり効率的にお金を稼ぐことが出来ました。

チャットレディの仕事は、業界大手のポケットワークという会社に登録すると一番良い条件で働けます。

ポケットワーク



ポケットワークさんはサポートもよく、チャットルームも全国にあるので非常に助かります。

ある日、何気なくサポートの人に「この業界って羽振りいいですね」というと

「この業界が、今一番お金が回ってますね~」

とサポート担当の人が言っていました。
たしかに、労働時間に対してかなりお金が入ってきます。

ネットを使った仕事なので、ガールズバーのように店舗の家賃がかからず、全国からお客様が入ってくるので、かなり儲かっているそうです。

そういった背景があるため、時給5000円以上出せるとのこと。
あまりパッとしない子もキャバ嬢と同じかそれ以上の時給だと聞いたので、ほんとに儲かってるんだな~と思いました。

わたしは週1回~2回チャットレディとして働き、月20万以上稼ぎました。
トラブルもなく、お金もしっかり貯めることが出来たので非常に満足しています。

「キャバ嬢の仕事をするのは怖いかも…」

「女の子同士の人間関係が苦手だからキャバは無理」

という人は、チャットレディの方が長続きすると思いますよ。

チャットレディは下記のポケットワーク公式サイトから応募できます。

ポケットワーク テレフォンレディ・チャットレディのWEB申込はこちら

公式サイトにはQ&Aや仕事の流れなど載っているので、参考にして下さい。

関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする