ガールズバーのアルバイトっていくら稼げる?仕事内容は?全部教えます

女性におすすめの日払い高時給バイトと言えば、キャバクラが一番最初に思いつきますよね。

しかし、夜の仕事に慣れていない女性にとって

「キャバクラはちょっと難しそう…」

というイメージがありますよね。

・身体を触られたり、しつこいお客さんがいたら怖い…
・お酒を絶対飲まないといけない

などなど、キャバクラは給料も高い分、ハードルは高いです。

そこでオススメなのがガールズバーのバイトです。

ガールズバーは、キャバクラと違って

『カウンター越しの接客だからセクハラされにくい』

『時給はキャバクラより低いけど、時給の他にドリンクバックという成果報酬がある』

『お酒が飲めない未成年でも働ける』

といったメリットがあります。

今回はガールズバーの仕事内容や時給、ドリンクバックの仕組みについて詳しく紹介します。

ガールズバーの仕事内容はお客さんとのお喋りが基本

ガールズバーの仕事内容は、お客さんとのお喋りがメインになります。

ガールズバーのお客さんは、キャバクラのお客さんよりもギラギラしておらず

『お酒を飲むついでに女の子と会話がしたい』

というお客さんが多いです。

最初に書いた通り、キャバクラと違ってカウンター越しの接待なので、バーのマスターとお客さんみたいな感じですね。

もちろん『あわよくばナンパしちゃおうかな?』という下心を持っているお客さんもいますが、ガールズバーは連絡先の交換が禁止されているので、基本的にお店の中だけの関係になります。

たまーに、そのルールが分かっていない空気の読めないお客さんがいますが、ボーイに告げれば注意してくれます。

ただ、女の子側が男性に好意を持った場合は、こっそり連絡先を交換しちゃうケースはあります。

ガールズバーのお客さんって、女慣れしてる方が多いので、大抵は遊ばれちゃうんですが…

オシャレなお店が多いので、ダサい人や童貞くさい空気読めない人は少ないです。

小さいお店ですと、お酒を作るところまでやる事もありますが、大抵はお酒を作る人が専任でいるのでお喋りするだけでOKです。

ガールズバーの時給は?ドリンクバックってなに?

ガールズバーの時給相場は1300円~3000円です。

キャバクラに比べるとワンランク低い時給ですね。ただ、深夜は割増が付くのでもう少し高くなります。

時給以外に、ドリンクバックと呼ばれる制度があります。

お客さんにドリンク(お酒かソフトドリンク)を奢ってもらうと、ドリンク料金の2割ほどが時給とは別にもらえるのです。

例えば、800円のソフトドリンクを奢ってもらったら100円~200円ほど入る…といった感じです。

未成年の場合はソフトドリンクになるので単価は安いですが、お酒が飲めると

『5万円のシャンパン』

などを開けてもらえるので、一発で5000円以上のドリンクバックが貰えたりします。

これはキャバクラと同じですね。

ガールズバーの客単価はキャバクラより低いので、さすがに100万円以上の高級なお酒はありませんが、5万円~10万円単位のお酒は置いてあるので、うまく奢ってもらえば一気に稼げます。

これが難しいんですけどね~。

誕生日に奮発してくれるお客さんはいますが、何でもない日に数万円のドリンクを奢ってくれる気前のいい人はあまりいないです。

月100万とか稼ぎたい!高級ドリンクを入れる自信がある! という人はキャバクラの方が良いかもしれません。

ガールズバーはキャバクラよりぬるい代わりに、一発は狙えない感じです。

それでも、高級なお酒をおごってもれば時給5000円くらいになります。普段はドリンクバックはおまけ程度ですね。

だいたい、時給2000円くらいが相場だと思います。

普通のバイトよりは割が良いですが、楽に月50万、月100万稼げる~みたいなイメージで来ると、あんまり稼げないのでガッカリするかもしれません。

「そこまで大きく稼げなくていいから、普通のバイトより時給が高くて、ぬる~い感じのアルバイトがしたい」

という人向けですね。

ガールズバーは日払いOKのお店が多いので『今すぐお金が欲しい!』という女性でも安心ですよ。

ガールズバーで働くデメリットについて

ガールズバーのアルバイトにもデメリットはあります。

ストーカーの問題

ぬるいと言っても、やはり夜の接客業ですから、勘違いして恋愛感情を持ってストーカーになってしまうお客さんもたまにいます。

うまく避けられれば良いのですが、押しに弱い子が連絡先を交換してしまい、なし崩しに付きまとわれてしまった…というケースもあります。

普通のバイトに比べて、男性と接する事がメインの仕事ですからストーカーや色恋問題にぶつかる可能性は高いです。

昼夜逆転してしまう問題

女子大生のバイトさんは、朝に授業を入れていないからと調子にのってシフトに入りすぎて、昼夜逆転してしまい生活が荒れる…というパターン、あるあるです。

ガールズバーのメインタイムは、やはり夜中の23時~2時などの深夜タイムですから、どうしても朝方に寝て昼過ぎに起きる昼夜逆転生活になりがちです。

ガールズバーのアルバイトを頑張りすぎて、朝の授業に出れず単位を落としてしまった…という失敗談も多いので注意しましょう。

人見知りの子は向いてない問題

あと、人見知りの子は『見ず知らずの男性と会話をしなければいけない』という仕事内容がプレッシャーになるかもしれません。

男慣れしていない子や、コミュ力に問題がある子は、長続きしないですね。

最低限、お客さんを楽しませないといけないので、会話をサボったり沈黙してしまうとアウトです。

ガールズバーは楽なバイトと思われていますが、高い時給の裏には、それなりにお金を払ってくれるお客さんの存在があるのです。

お金だけ貰って、接客はテキトーで許されるのは超美人だけです。
なるべくお客さんを楽しませる会話を心がけましょう。

コミュ障の女の子は、ぶっちゃけガールズバーやキャバの仕事はやめておいたほうがいいです。

ストレスばかりたまって、嫌になっちゃいますよ。

(これが一番多いかも?)クズ男に引っかかってしまう問題。

ガールズバーは女慣れした、チャラい男性が多いです。

裏では貢がせまくり、金借りまくりのクズだったりするので、

「お客さんに恋をしてしまった…」

なんて勘違いして、そいつに貢いでしまわないよう注意しましょう。

まずは『ガールズバイト』で体験入店してみよう!

「ガールズバーのバイトが自分に合ってるか分からない…」

と悩んでいるなら、まずは1日体験入店をしてみましょう。

体験入店ありのお店にしぼってガールズバー・キャバクラの求人情報を載せている『ガールズバイト』で探すと効率的ですよ。

・ガールズバーの求人サイト『体験ガールズバイト』 公式サイト



自分に合ってそうなお店を探して、WEBから応募しましょう。

面接日、体験入店日についてお店から電話がかかってきますが、電話が嫌な人は「メールで連絡して下さい」と書いておけばOKです。

オープニングメンバー募集などの求人もあるので、ぜひ色々なお店の求人を調べてみましょう。

在宅×高時給ならチャットレディがおすすめ

お酒が飲めない人や、在宅で高時給を稼ぎたい人はチャットレディがおすすめです。

実際にチャットレディで稼いでいる方の体験談はこちら。

・お酒が飲めずキャバ嬢がきついと感じた私がチャットレディで月100万稼いだ話

関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする