うつ病でもできるバイトまとめ!コミュ力が低い人でも安定して稼げるバイトとは?

apple-iphone-books-desk

ブラック企業やパワハラ・セクハラがはびこる日本。
長時間労働や職場いじめ、過労などで「うつ病」になってしまい、仕事を辞めてしまった人も多いです。

うつ病になって無職になると、最初こそ失業保険で何とかなっても、収入が無くなるのですから、いずれ生活費が困窮します。

実家ぐらしなら問題ありませんが、一人暮らしの場合は、貯金が尽きる前に仕事に復帰しなければなりません。

ただ、実家ぐらしでも、ずっと無職だと白い目で見られてしまうもの…

「無職でうつ病なんて人生負け組だ…」

と思い込んでしまうと、余計にうつ病が悪化します。

女性であれば結婚すればいい、という人もいますが、うつ病の状態では恋愛も出来ません。うつ病で無職になると、引きこもりがちになるので、そもそも出会いを見つけることすら難しい…

うつ病になってしまった、うつ病で退職してしまったら、とにかく早急に自尊心を取り戻し、自分に自信をつけることが急務です。

少しでも稼げれば、自尊心は蘇りますからね。

そこで今回は、うつ病でもできるおすすめのバイトを紹介します。

軽度のうつ病なら日雇い派遣でリハビリをしよう

person-woman-relaxation-girl

重度のうつ病の場合、寝たきりで起きられない、外に出られない…などなど、バイトどころではありませんので、まずは治療を最優先する必要があります。

「無気力感はあるけど、何とか動ける」
「頭は半分くらいしか動いてないけど、仕事はできそう」

という方は、まず短期の日雇い派遣の仕事でリハビリをするのがおすすめです。

男性であれば夜の短期派遣がおすすめです。

工事現場の交通整理スタッフや、工場のバイト、荷物の仕分け、積み込みなど単純作業の仕事が多く、なおかつ人と関わる機会が小さいため、うつ病でもこなせます。

身体を動かす仕事が主なので、うつ病のリハビリにはもってこいです。

女性の場合は昼の日雇い派遣が良いでしょう。
1日~2日で終わるキャンペーンスタッフや、イベント会場の受付スタッフなどは機械的に仕事をこなすだけで良いので、うつ病でも出来る仕事と言えます。

仕事は週2回程度で、ムリをしないようにしましょう。

いきなりフルタイムで週4回~5回のバイトを入れてしまうと、あっという間に潰れてしまいますよ。

生活費分だけ稼ぎ、治療に専念するのが一番です。

1年ほどフルタイムの仕事から遠ざかれば、うつ病はだいぶ楽になりますから、1年はゆっくり働くようにしましょう。

短期派遣の仕事を探すなら、テンプスタッフに登録して求人を紹介してもらうのが一番です。

派遣といえばテンプスタッフ!カンタン無料登録!



テンプスタッフは業界大手の派遣会社で、時給相場も高く、求人数もトップクラスです。

短期派遣に関しては、時給1500円以上の求人を多く抱えており、担当営業マンもノウハウを持ったベテランばかりなので安心して派遣の仕事をスタートすることが出来ます。

はじめて派遣社員として働く方もしっかりサポートしてくれるので、ぜひテンプスタッフに登録して短期派遣の仕事にチャレンジしてみましょう。

「もっと稼がなきゃ生活費がキツい!」
「在宅で稼ぎたい」

…という場合、女性であれば、チャットレディの仕事がおすすめです。

在宅OKの高時給バイト「チャットレディ」をやろう

images-9

うつ病の女性におすすめのバイトは、チャットレディです。

チャットレディとは、ニコニコ生放送やツイキャスのような生配信サービスを使って男性客を接客するバイトです。

ネット越しでの接客なので、うつ病で人とまともに話せない、話す気力がない人でも落ち着いて取り組めますし、危険性もありません。

うつ病の女性に多いのが、とにかく速く稼ごうとキャバクラやガールズバーなど夜のバイトに就くケースです。

しかし、こういった夜の仕事は、お酒が必須なのでアルコール中毒になったり、男性客と直に接するので、ストレスでメンタルが悪化するケースが多いです。

チャットレディの仕事であれば、勤務時間は自由で、なおかつお酒も飲む必要なし。
男性の接客はチャット越しなので非常に楽ちんです。

もし会話すらしたくないなら、セクシー路線で男性客を集めればいいですから、気持ち的に楽な仕事です。

チャットレディは時給5000円以上!週2回のシフトでも20万稼げます

pexels-photo-209743

チャットレディは時給5000円以上が相場なので、週2回のシフトでも月20万以上稼げます。

うつ病の人にとって、フルタイムの仕事は非常に負担が大きいもの。
かといって労働時間を短くするなら、時給が高くないと生活費は稼げません。

チャットレディのバイトであれば、少ない労働時間でガッツリ稼げるので、うつ病の人に最適です。

しかも労働時間は自分で選べますし、在宅勤務OKなので「引きこもりながら高時給で稼げる」という、まさにうつ病の人向けのバイトなのです。

もちろん会社が用意したチャットルームに通勤するのもOKです。

在宅OKかつ労働時間は自由…というフレキシブルな労働環境は、ネットを介したサービスであるチャットレディの仕事ならではの特権です。

「うつ病で家から出られない」
「最低限の労働時間で月20万以上稼ぎたい」

という人は、ぜひチャットレディのバイトをやってみましょう。

うつ病+無職でお金もなくて死にたい…という状況であればこそ、チャットレディはおすすめです。日払いもOKですし、スタッフのサポートもしっかりしているので、安心して働けます。

暗くてオタクっぽい、キャバクラでは売れないだろうな~という子が売上ナンバーワンになることもありますし、40歳のスナックのママ的な女性が人気なケースも珍しくありません。

女性に生まれたからには、高時給バイトをやらないと損です。

今すぐお金が欲しい、無職で仕事がない…という状況であれば、まずチャットレディの仕事でまとまったお金を稼ぐのが一番ベストな選択肢ですよ。

チャットレディの仕事の始め方

チャットレディの仕事をはじめるなら、まずチャットレディを募集している会社に応募する必要があります。

チャットレディの仕事の形態には、在宅と通勤の二種類があります。

チャットレディの仕事を在宅でやるなら、パソコンとWEBカメラの機材が必要ですが、持っていなくてもチャットルームに通勤することで仕事はすぐに始められます。

チャットルームは、会社が用意している機材&配信部屋で、ここにいけば手ぶらでチャットレディの仕事が始められます。全国各地にあり、機材がないなら通勤するのが楽です。

images-10

もちろん、自宅にパソコンとWEBカメラがあれば在宅ではじめられます。
最近はカメラ付きPCも多いですから、設定は意外と簡単にできます。

チャットレディの仕事は、業界大手のポケットワークという会社に登録すると一番良い条件で働けます。

ポケットワーク



ポケットワークはサポートもよく、チャットルームも全国にあるので非常に助かります。

業界大手なので時給も高く、サポート体制もしっかりしているので、初心者の方でも安心して仕事が始められます。

公式サイトにQ&Aや仕事の流れ、時給や月給モデルの一例。日払いの方法。

その他、1日体験入店やサポート体制など詳しく書かれているので、興味がある方は、ぜひ一度、公式サイトを見てみましょう。

チャットレディは下記のポケットワーク公式サイトから応募できます。仕事への応募も24時間WEB上で受け付けていますよ。

ポケットワーク テレフォンレディ・チャットレディのWEB申込はこちら

公式サイトにはQ&Aや仕事の流れなど載っているので、参考にして下さい。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする