正社員になりたい人がやるべき行動5つ。学歴や職歴が弱くても行動力でカバーせよ

pexels-photo-175045-large

フリーターや派遣社員だと、特殊な仕事(水商売や技術職)でないかぎり、どうしても年収が300万に届くか届かないかの低収入になってしまいます。

貯金をしようと思ってもボーナスがないため、毎月の手取りからコツコツ貯金をしなければならず、100万円の貯金を貯めるのにも1年以上かかります。

その上、雇用が不安定で、フリーターであれば有給や休職手当もありませんから、常に不安を抱えながらの生活になります。

過去の記事でも考察したように、奨学金を抱えていたら、貯金すら危うい状態になってしまいます。

増税&物価上昇が追い打ちをかける昨今、こうした状況から脱出するには、待遇の良い正社員になるのが一番です。

しかし「正社員になりたい!」と希望しても、なかなか選考に通らないケースも多いですよね。

そこで今回は、正社員になりたい人向けに、正社員になるためにやるべき5つの行動を紹介します。

1:求人誌や求人サイトを常にチェックする

pexels-photo-132922-medium

正社員の求人は、時期やタイミングによって大きく変化します。

例えば、求人が少ない時期は、大量採用のブラック企業の求人ばかりですので、求人情報を見ても嫌になるだけでしょう。

 しかし、例えば急な退職者が出た優良企業などは、時期に限らず求人をその都度出してきます。

もちろんブラック企業の求人に埋もれてしまいがちなのですが、うまく見つける事が出来れば、先手必勝で内定を得られるチャンスがあるのです。

優良企業の中には、選考が厳しくない上に「早く決めたい」と考えている企業も多いため、学歴や職歴に不安があっても、面接対策をしっかりしていけば、驚くほどあっさり内定が取れるケースも多いです。

私の友人に、高卒でショップ店員(契約社員)の職歴しかない28歳の女性がいるのですが、彼女はとある中小企業の総務人事の求人に応募したところ、あっさりと正社員で内定が得られたそうです。

そこは老舗の機械部品メーカーで、待遇が良いのに求人を出してもなかなか応募が来ない…と悩んでいたそうです。

そこに彼女が偶然応募し、契約社員ですが職歴も長く、面接の印象も良かったため、電撃内定に至ったそうです。

 就職は縁といいますが、こういった良い条件の求人を見つけるには、とにかく求人に対してアンテナを強く持ち、毎日チェックすることが大切です。

「どうせ、ろくな求人が無いよ…」

と諦めず、毎日しつこいくらい求人チェックをしましょう。

2:今の仕事で就活の自己PRに使えそうな事をリストアップしておこう

f:id:moguhausu2:20160205102355j:plain

例えアルバイトでも契約・派遣社員えも、仕事の効率化や工夫を怠ってはいけません。

単純作業であっても、メンバーとの意思疎通やミスをなくす工夫など、創意工夫をする必要があります。それをやっておくと、就活の際にアピール出来る材料になります。

採用担当者がフリーターや契約社員を嫌う理由は、なんといっても「言われた事しかしない人が多いから」というもの。

マニュアル通りにしか出来ず、創意工夫の意識がない人は正社員として採用されません。

正社員に求められるのは、自ら仕事を効率化して収益増大に貢献する人材です。

フリーター・契約社員の人は、今の仕事を適当にこなすのではなく、どうやったら効率化出来るか…といった事を常に意識して行動しましょう。

その意識・努力が就活において強力な自己PRにつながりますよ。

3:就活本や転職本を読んで基礎知識をつけておこう

f:id:moguhausu2:20150422132858j:plain

本屋に行くと、就活本や面接対策の本がこれでもかと言うほど置いてあります。

マニュアル通りにやっても内定なんて取れない…と思ってはいけません。むしろ、マニュアルは基礎の基礎。あなたの就活の基盤になり得るものです。

型にはまるのは良くない…と世間では言われていますが、やはり就活におけるマナーや、採用担当者の質問の意図などをしっかりすくうためにも、就活本は1冊、2冊読んでおきましょう。

特に書類の作り方や、面接で求められる事は何か? という本質を書いた本は必見です。

また本を読むと就活に対するモチベーションが上がるので、まずは1冊、本屋にいって「これだ!」と思える本を見つけましょう。

4:求人を探す範囲を都心まで広げてみよう

f:id:moguhausu2:20150714130742j:plain

地方は、どうしても都心部に比べて求人が少ないです。

地元で働きたい、実家から通える会社で働きたい…という希望を持っている方も多いでしょう。しかし、社会の傾向を見る限り、今後ますます都心への一極集中は激しくなるでしょう。

もし今いる地域の求人があまりにも少ないようであれば、思い切って都市部への引っ越し&都市部で就活をする…といった行動に出ましょう。

関西であれば名古屋・大阪・京都に。
関東であれば横浜・東京といった都市部に求人範囲を広げるのです。

正社員になれば、たとえ一人暮らしをすることになっても、お金の入りが良くなりますし将来のためにもなります。

5:転職エージェントを利用して就活をする

business-card-contact-business-cards-business-42260-large

フリーター、契約社員、派遣社員、あるいは無職から正社員になりたい人にとって、実は一番の味方は転職エージェントです。

転職エージェントというと、転職する人向けのサービスと捉えられる事が多いですが、実は新卒者でない限り登録ができて、就活をしっかりサポートしてくれます。

就職活動は一人でやると負担が大きいです。

求人を一つ一つ精査するにしても、どの求人が自分に向いているのか、自分の経歴やスキルが活かせるのか…といった点を分析していれば、時間がいくらあっても足りません。

転職エージェントを利用すれば、転職のプロであるエージェントがあなたのキャリアをしっかり精査して、あなたにあった求人をオススメしてくれます。

転職エージェントは企業から広告費をもらって運営しているので、利用料が無料なのも嬉しいですね。

一度も正社員になったことがないけど、正社員に就職したい…というケースも、プロの担当者がしっかりケアしてくれますよ。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする