フリーターが就職活動すべきタイミングは今すぐ!非正規でだらだら働くのが危険な理由

正社員にならないとヤバイ! と世間では言われていますが、実はフリーターでも生活していくだけなら、そこまで経済的にキツいという事はありません。

フリーターの場合、フルタイムで働けば月20万そこそこは稼げますし、夜勤などをやれば十分な手取りは確保出来ます。

そのため、正社員にならずとも経済的に困窮しないため、だらだらフリーターを続けてしまう人は多いです。

しかし、フリーターで通用するのは若いうちだけで、20代後半あたりからキツくなってきます。

よくフリーターの方に「正社員の就活をするタイミングはいつ頃がいいですか?」と聞かれますが、結論から言うと今すぐやるべきです。

今回はその理由を具体的に紹介します。

フリーターは年齢と共にステータスが下がる最悪の職業

正社員とフリーターの違いは、なんといっても年をとった時の格差です。

正社員であれば、コツコツ働いていれば加齢と共に人材価値も上がり、給料アップします。しかしフリーターの場合は給料が上がるどころか、加齢と共にアルバイト先での立場が弱くなっていきます。

例えば、仮に30代でアルバイト先が潰れて、別のバイト先を探す事になった時、30代で新規のアルバイト…となると採用が厳しくなる現実があります。

人手不足が顕著な都心であれば別ですが、地方ですと30代のフリーターの受け皿はほとんどありません。

また、景気後退が起きると、真っ先に採用を絞られるのがアルバイトです。

30代フリーターは、給料と雇用の不安定さの面で、正社員とはかなり差があります。

フリーターは、いってみれば取替の出来る人材です。
そのため、加齢と共に、アルバイトという不安定な雇用にしがみついている事がリスクとしてのしかかってきます。

30代を超えると、アルバイト先としては夜勤の食品工場など肉体的にキツい仕事ばかりになります。

その上、時給は相場以上に貰えず、どんなに仕事を覚えても満足な給料は貰えません。

普通の正社員であれば年齢・経験と共にキャリアアップしていきますが、フリーターはその逆で、楽な分だけ後半がキツくなる職業なのです。

とりあえず生きていくだけの金は稼げるからフリーターは辞められない

フリーターはフルタイムで働けば、最低限生きていくお金は稼げます。

これが罠で、実際に年収にすると年収300万ちょっと。これで満足してフリーターをだらだら続けると、一生年収300万ちょっとで生きていく事になります。

おまけに正社員のように雇用が安定していないので、ちょっとした事ですぐ仕事を失います。仕事を失うと精神的にもキツいですし、また1から仕事を覚え直さなければいけません。

また世間の目も厳しく、40代フリーターなどは負け組としてバカにされます。

正社員であれば、どんな小さな会社でも40代になれば年収400万以上は稼げます。
年収400万あれば家を買う事も出来ますし、結婚も出来ます。

年間50万以上、貯金することも出来ます。

しかもフリーターのように即クビになることはありません。会社がダメになっても転職活動で正社員として別の会社に移動できます。

フリーターのまま年齢を重ねると、どん詰まりになるのです。

しかし、会社としては低賃金で働くフリーターがいなくなると困るので、生かさず殺さずの給料をうまく設定してフリーターを量産しているのです。

会社を経営している資本家に搾取されているも同然です。

こんな損な立場は、一刻も早く脱出すべきです。

フリーターから正社員になれる進路はある。今すぐ就活を始めるべし

社会の負け組にならないためにも、就活は今すぐ始めるべきです。
少なくとも、この記事を読んでいる人は「ヤバイかも」という危機感はあると思います。

フリーターから正社員になる進路はあります。

今は景気が良く、正社員の求人もそこそこ出ており、フリーターから正社員への就職活動をサポートする企業も出てきました。

就活の準備をしっかりして、プロのサポートを受けて挑めば、正社員になることは可能です。どうせフルタイムで働くなら、雇用も安定してい給料が伸びていく正社員になりましょう。

今すぐやるべきです。先送りにすれば、どんどん自分の将来は閉じていきますよ。これは脅しではなく、実際に日本の社会がそういう仕組になっているのです。

自分を守れるのは、自分自身だけです。自分の将来のために立ち上がる気力があるうちに動くべきです。

フリーターから正社員になりたいなら、転職エージェントをうまく使って効率よく就活をしよう

f:id:moguhausu2:20160205102355j:plain

就職活動は非常に大きなエネルギーを使います。

書類の準備はもちろん、求人選びや面接対策など、独学で完璧に仕上げようとすると、どうしても時間がかかってしまいます。

そこでおすすめなのが、無料の転職エージェントを活用して、就活を効率化する方法です。

転職エージェントはフリーターからの就職活動にも対応しており、無料でプロのエージェントが就活のサポートをしてくれます。

書類の作成方法や、面接対策、求人選びに至るまでサポートしてくれるので、就活では心強い味方です。

転職エージェントは企業と求職者をマッチングさせることで報酬を得るシステムなので、求職者は1円も払うこと無くシステムを利用出来ます。

ミスマッチによる早期退職やブラック企業を避けるために、エージェントは求人選びの段階でかなり尽力をつくしてくれるので、これから就活をする方は必ず使ったほうがお得ですよ。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする