女性フリーターは正社員に就職しないと結婚できない理由。ハイスペック男子ほど共働き希望ですよ

女性フリーターで「正社員の男性と結婚したい~」って人は多いんですけど、ぶっちゃけフリーターのままだと婚活においても超絶不利ですよ。

理由を簡潔に説明すると、昨今は正社員の男性ほど共働き希望だからです。特に都心で働くハイスペック男子。

彼らは女性に専業主婦になって子育てなんて望んでませんよ。
共働きをして所得を最大限まで高めることを望んでいます。しかも正社員で。

昔であればパートで扶養に入っても良かったんですが、昨今はもう正社員共働きじゃないと無理です。

フリーター女なんて結婚相手として論外…という男性も増えてきています。

なぜフリーターの女性はそこまで不利なのか?
今回は詳しく解説していきます。

都会は生活コストも教育費も高い

実家の支援が受けられて、おまけに生活コストも安い地方と違い、都心部は基本的に生活コスト・教育費がべらぼうに高いです。

特に高いのが住居費。東京のマンションなんて、3LDKで6000万以上しますからね。

年収1000万超えのサラリーマンでもキツいです。年収1500万クラスでようやく届く値段ですよ。

かといって横浜や千葉などのベットタウンに住居を構えると通勤が大変です。
今のトレンドは確実に都心回帰、つまり都心に家を持って通勤時間を圧縮するスタイルが人気です。

それを実現するためには、夫婦共働き、それも正社員同士でないと難しいです。

そのため、女性フリーターとの結婚は厳しい…というのが現実です。

そもそも女性フリーターは正社員の男性と出会いがない

正社員の男性が女性と出会う場といえば、社内結婚、異業種交流会、同業種で仕事で絡んだことがある女性…といったところです。

たまに派遣社員の女性と結婚する男性もいますが、それは派遣社員の女性が美人だったケースがほとんどで、基本的に正社員の男性は正社員の女性と結婚します。

女性フリーターは正社員の男性と出会うのは難しいです。

逆ナンをしたり合コンをしても、フリーターというだけで男性のガードが固くなります。

昔は女性からアプローチすれば結構いけましたが、最近は男性も結婚相手に対して正社員というハードルを立ててくるので、フリーターの女性は相手にされません。

出会いが少ない上にガードが固いとなると、もはや勝ち目はありません。

女性フリーターに寄ってくるのは遊び目的のクソ男ばかり

男性は女性フリーターを下に見ています。
そのため結婚相手として真面目に付き合ってくれる男性はよってこず、くるのは遊び目的の男ばかりです。

既婚者や同じフリーター、ホストやパチプロなどゴミ男ばかり寄ってきます。

恋愛も格差社会になってきており、基本的に同じ階層の異性が寄ってくる傾向にあります。

キャリアのない女性には、同じくキャリアのない男性か遊び人が寄ってくるのです。
若い頃は良いですが、アラサーを過ぎると真剣に結婚を考えなければいけません。

しかし、最近は結婚願望のある男性も少なくなってきており、結婚するにしても正社員として共働きをしてくれる働きものの嫁を男性は求めています。

正社員のしっかりした男と結婚したいなら就職せよ

正社員の安定した男性と結婚したいなら、今すぐフリーターをやめて正社員に就職すべきです。

仮に独身のまま年齢を重ねるにしても、フリーターは最悪の選択です。

正社員なら寿退社が遅れても、賃金だけは上がっていきますし雇用も安定しているので貧困に陥ることはありません。

40代を超えると親の介護や自分の年金など「フリーターだと絶望するイベント」が目白押しです。

フリーターの女性は、結婚のチャンスを増やし、さらに将来の安定性も確保できる正社員を目指しましょう。

事務職でも総合職でも、何でも良いです。
大切なのは正社員というステータスであり、活かせるキャリアです。

男性におんぶに抱っこ出来る時代は終わりました。
これからは、女性自身も家計にコミットできるキャリアを作り、男性にアピールしなければいけませんよ。

フリーターから正社員になりたいなら、転職エージェントをうまく使って効率よく就活をしよう

f:id:moguhausu2:20160205102355j:plain

就職活動は非常に大きなエネルギーを使います。

書類の準備はもちろん、求人選びや面接対策など、独学で完璧に仕上げようとすると、どうしても時間がかかってしまいます。

そこでおすすめなのが、無料の転職エージェントを活用して、就活を効率化する方法です。

転職エージェントはフリーターからの就職活動にも対応しており、無料でプロのエージェントが就活のサポートをしてくれます。

書類の作成方法や、面接対策、求人選びに至るまでサポートしてくれるので、就活では心強い味方です。

転職エージェントは企業と求職者をマッチングさせることで報酬を得るシステムなので、求職者は1円も払うこと無くシステムを利用出来ます。

ミスマッチによる早期退職やブラック企業を避けるために、エージェントは求人選びの段階でかなり尽力をつくしてくれるので、これから就活をする方は必ず使ったほうがお得ですよ。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする