30代女性の転職を成功させる方法とコツ。業績の良い会社に転職するだけで年収100万円アップも可能です

f:id:moguhausu2:20160510080712j:plain

女性は家で専業主婦…なんて時代がもはや嘘のように、女性も正社員で働き続ける事が当たり前になった昨今。

女性がキャリアについて考える事は、ますます重要になってきました。

特に30代を過ぎて、職歴や実績、経験を積んできた年代になると、キャリアアップやそれに伴う【転職】について考えることが多くなると思います。

しかし、日本の企業文化として、転職では年齢が大きなファクターになることは周知の事実ですね。

20代の頃は、未経験でも諸手を上げて歓迎されていたものの、30代になると経験や実績、面接でのアピール力が求められます。

30代の転職は、今後、40代50代と歳を重ねく上での人生設計にも関わる重大イベントです。

30代の転職で失敗してしまうと、あっという間に転がり落ちてしまい「こんなハズじゃなかった!」という結果になることも…。

しかし、30代の転職に成功すれば、今まで見えてこなかった新しいキャリア、新しい働き方。そして一番大事な年収アップを実現することが出来ます。

「30代になったけど、今の会社じゃ年収300万で頭打ち…」

「年収はまぁまぁだけど、労働時間長すぎ!働き方を変えたい」

「営業職の経験を活かして、業績が伸びているIT業界に異業種転職したい」

などなど、様々なケースで転職を考える女性はいると思いますが、今回はそんな30代女性の転職を成功させるための方法・コツについて紹介します。

30代女性で年収が低い人は企業に買い叩かれている可能性あり

f:id:moguhausu2:20160315085506j:plain
30代になると、女性でも年収は400万以上に到達する企業が多いです。

事務職は、基本給が低いので昇給の恩恵が小さいので、年収が伸びにくい面はありますが、総合職や経理職であれば30代女性で年収400万は十分可能でしょう。

しかし、一部の中小企業やブラック企業では、人件費をケチるために、昇給が少ない・無い・もしくはボーナスが少ない…といった買い叩きを行います。

「業績が悪いので~」
「不景気なので~」
「ボーナスがあるだけでもありがたいと思いなさい」

などなど、経営者がつらつら言い訳していますが、裏では経営者だけガッツリ儲けている…なんてケースは珍しくありません。

特に家族経営の会社や、中小企業では、よくあることです。
逆に経営者が儲かっていない場合は、会社そのものが危ないケースも…。

「特別な技術がないんだから、この年収でも仕方ない」
「正社員なだけ、ありがたいと思わなきゃ」

なんて聞き分けの良い子になってはいけません。

 30代は、これからガンガンお金がかかる年代です。それは独身の女性でも既婚の女性でも同じです。

親の介護や増税、健康上の問題(病気や怪我)など、いざという時のためにお金はしっかり稼いで貯金しておかなければいけません。
しかし年収の低い業界、会社に勤めていると、土日に副業でもしない限り、いつまでたってもお金の不安から逃げられません。

実際、OLをやりながら副業をしている人やシングルマザーでないとワークをしている人は非常に多いです。

参考記事:

・貧困女子やシングルマザーが月30万稼ぐ方法。安全に稼げる仕事はどれ?

・OLにオススメの稼げる副業4つ。月3万の副収入があれば生活が楽になる

もし、将来的に子供を産んで子育てをしよう、と考えているのなら、さらに下記の記事が参考になるでしょう。

・都内で年収300万の家庭で子供は育てられるのか?都内における子育ての費用まとめ

年収が低い、キャリアが見えないというリスクは、現代日本では非常に大きいのです。

今の年収が30代女性の友人や知り合いとくらべて低い。
自身のキャリアや労働時間と見合ってない。
そもそも会社が倒産寸前。

そんな状況なら、思い切って攻めの転職をするべきです。

もしあなたが買い叩かれている場合、転職をするだけで年収や労働時間がグッと改善する場合があります。

下記は、私の友人のケースです。

30代で転職して年収100万アップした友人(32歳女性)の話

中小メーカーの経理職として大学卒業後、9年勤務。

しかし、年収は32歳にして350万。年収アップを交渉したものの、経営が苦しいと断られてしまったそうです。

経理としての実績もあるので、思い切って転職をしてみることに。

結果、在職したまま転職活動を行い、2ヶ月で内定。
内定先はWEB開発の会社で、起業から10年。社歴は浅いけれど株式上場しており、業績もしっかり伸びていて、提示された年収はなんと440万!

たった2ヶ月の転職で年収100万アップです。

会社の業績が良ければ、おのずと年収も上がるものです。
もし、あのまま中小メーカーにしがみついていたら、年収300万円台のまま40代になり、転職も出来なくなっていたでしょう。

彼女のケースのように、転職をするだけで年収が100万近くアップするケースは多いのです。

特別な技術がなくても、経験と社歴がながければ重宝される事もあるということです。

自分の価値は比較してみないと見えてこない

f:id:moguhausu2:20160315122439j:plain
かつては、日本は終身雇用制。
一つの会社に入ったら、あとはずっとそのまま…というのが一番年収が高くなる正規ルートでした。

しかし、昨今はシャープなどの大企業でも潰れる始末。

また、日本では労働法を順守する企業が少ないため、違法なサービス残業や長時間労働が当然のように行われており、日本人の、特に女性の年収ダウンは大きな問題です。

こんな時代だからこそ、転職というカードを持っておくべきです。

30代は転職出来ない…という風評は、企業やマスコミが流す都合の良い情報です。

自分からアクションを起こさなければ、年収は上がりませんし、キャリアだって停滞します。

女性が30代で転職する際に不安を感じてはいけません。
どうせ無理…と最初から諦めていたら、何も出来ません。

転職の求人を見たり、エージェントに登録するだけならタダですから、ぜひ一度、自分の市場価値をプロに見てもらいましょう。

外資系企業に転職という選択肢も考えておこう

f:id:moguhausu2:20160705182956j:plain
私の周りで、転職に成功している30代女性に多いのが外資系企業への転職です。

外資系企業というと入社難しい、クビになりやすい、英語必須…といった印象がありますが、実はそこまでハードルが高い求人ではないのです。

英語力は日常英会話レベルでも、実績があれば入社可能ですし、何よりも即戦力であることが求められます。

外資系企業は、化粧品から保険、ホテル、部品メーカーまで様々な分野に進出しています。
汐留や新横浜などにオフィスが多いですね。

そして、外資系企業は年収が高く、また女性でも平等にキャリアルートが用意されている点が強みです。

日本企業は、どうしても男社会、男中心の文化が未だに強いです。

一方で、外資系企業は男女平等の文化ですから、性別による不利がありません。

また人間関係も良い意味でドライ、個人主義で、日本企業の息苦しさが嫌な人にはうってつけです。

実力主義で、厳しい面もありますが、バリバリ働いて高年収をゲットしたい30代の女性は、外資系企業への転職をオススメします。

外資系企業の価値観や、仕事の進め方などは下記の記事でまとめています。

・外資系企業に転職したい人が覚えておくべき外資系特有の価値観。仕事の進め方から評価形式まで紹介します

外資系企業に入るための英語力を最短で身につける学習方法は、下記の記事でまとめています。

・英語が苦手な社会人のための週末ビジネス英語勉強法。スキマ時間を使って外資系や海外出張で通じる英語力を鍛えるには?

ネガティブな理由での転職なら早めの決断がカギ

f:id:moguhausu2:20160630101430j:plain
仕事がキツすぎる、人間関係が最悪…といったネガティブな理由で転職を考えているなら、早めの決断が成功のカギになります。
というのも、30代になると、転職出来る年齢としては佳境です。

また、30代になるとストレスがモロに健康に影響を与えてくるので、健康面を考えても、早めに脱出したほうが良いでしょう。

30代でネガティブな理由で転職した人のケース声

カウンター営業→事務に転職しました。
ストレスがすごく、自律神経失調症、十二指腸潰瘍、慢性胃炎になりました。
仕事は前職の方が楽しかったけど、営業、営業事務、店舗管理、営業成績管理、新人教育、経理、イベント企画…と無数に仕事があり、ストレスがすごかったので、転職してストレスがだいぶ減りました。
やりがいも大事だけど、ストレスは万病の元を痛感しました。今はけろり。

33歳。3年半勤めていた職場を退職し、最近再就職しました。
以前の会社は休みが週1の毎日残業2時間でボーナス数万円という職場でしたが、今は完全週休2日制で残業なし。ボーナスもしっかりいただけるとのこと。

前職では残業・休出手当で稼いでいた部分があったので月々の手取り額は少なくなりましたが、休みが倍以上になりましたしボーナスがいただけるようになれば年収は増えるかもしれません。

一応転職成功したと自分では思っていますが、やはり馴れていないところで働くというのは気疲れしますし予想以上に大変です。
また私は仕事が決まらないまま退職しており、長期の転職活動は体力気力の勝負でした。

きちんと自分がやりたい仕事、自分に合う仕事を見極めて次の仕事が決まってから退職することをおすすめします

私もグズグズしてたー。
仕事しながら転職活動をちびちびやってたけど、内定がもらえず。たぶん一年半くらいだらだらやってたかも。
前職の異動の多さに我慢できず、もう無理!と辞める宣言した翌週に次の仕事見つかった。
勢いは大事かも(´Д` )

皆さんの声にもある通り、転職には、勢いが大事です。
そして健康こそ一番大切にすべき資産。

これからの人生、健康に働くためにも、長時間労働や強いストレスなどに晒される仕事からはさっさとオサラバしましょう。

転職エージェントを活用して求人を見てみよう!

転職活動をはじめるor検討するにあたって、一番最初にやるべきことは転職エージェントに登録して、担当エージェントに応募可能な求人を見せてもらう事です。

転職エージェントに登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。

求人紹介はもちろん、会社の社風・残業時間など内部情報の調査。履歴書・職務経歴書作成やキャリアプランの吟味など、転職の準備は大変ですが、プロである転職エージェントを活用すると、ここの負担をグッと減らすことが出来ます。

利用料は最初から最後まで無料です。
転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

30代女性にオススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする