40代で転職して仕事を変えたい人が押さえておくべき転職の心得。希望年収の決め方や在職中or退職後に転職するか等ノウハウを紹介します

f:id:moguhausu2:20160428142409j:plain
巷では「転職は35歳まで」という説があるくらい、40代の転職は厳しい…と思われています。

実際、40代に突入して未経験での転職をしようとすると、応募可能な求人はタクシー運転手や警備員などの年収の低い仕事ばかり。

もちろん強力な職歴や経験があれば、キャリアアップ転職をする事も可能です。

しかし、そういった転職はコネによる採用がほとんどで、コネ無しで転職する場合は年収がダウンするケースが多いです。

一般的に、日本の企業は年功序列制を採用しているため、40代を中途採用で雇うとなると、高い年収を払う必要があります。

そのため、即戦力、もしくは管理職としての採用が基本になるため、求人数は少なく、なおかつ競争も激しいものになります。

年代年収相場求められる能力
20代年収相場が低いため企業負担が小さい未経験でも転職は可
30代年収相場が高い。企業負担が大きくなる即戦力。同業へのキャリアアップ転職が基本
40代さらに年収相場が上昇即戦力or管理職。求人は少なくなる

しかし、40代で転職をするのは不可能かというと、そんなことはありません。

40代に至るまでに身につけたスキルや実績を活かせば、転職は可能です。

もし今のあなたの市場価値と、今の会社から貰っている年収がミスマッチしているなら、転職によって年収が100万円以上アップする可能性があります。

逆に「私はもっと高い年収を貰うべきだ」と思っていたのに、転職しようとしたら、今より低い年収しか提示されなかった…という逆パターンもあるので、40代の転職は行動を始める前に『入念な調査と心構え』が必要になります。

今回は40代で転職したい、仕事を変えたいと思っている方向けに、押さえておくべき転職の心得を紹介します。

40代で仕事を辞めるのは『無謀』という話の嘘と真実

f:id:moguhausu2:20160630101430j:plain
40代で仕事を辞める。転職をして仕事を変えたい…というと、多くの人が「辞めておけ」と言うでしょう。

確かに、引き止める側の気持ちも分かります。

前述した通り、年功序列制が強い日本では、転職市場において年齢は重要なチェック項目になります。

20代であれば、未経験の業種・業界でも鍛えることが出来ますし、変な手垢がついていないぶん染めやすいです。

また年収も低くて構わない&定年までの猶予が長いので、企業にとっては即戦力でなくとも魅力的です。

一方で、40代となると定年まで20年弱。他の会社で経験を積んでいる分、会社に染める(忠誠心を持たせる)ことが難しく、よくも悪くも悪知恵が働くので扱いにくいです。

提示しなければいけない年収も高く、少なくとも管理職・即戦力級の社員のポジションでない限り採用する理由がありません。

20代:変な手癖がついておらず柔軟性がある。即戦力にはならないが扱いやすい

40代:前職の経験や知識があるため柔軟性に欠ける。即戦力になるが扱いにくい

上記の理由から、40代での転職は「辞めておけ」という事になるのです。

さらに、40代で家族持ちならば、経済的な負担ものしかかります。

子供の学費に住宅ローン。両親の介護費や自分の老後費用も考えると、そう簡単に冒険をすることは出来ません。

そのため、40代を過ぎると、今の会社にちょっとくらいの不満があっても我慢する人が多いのです。

しかし、40代の転職が20代の転職より選択の幅が狭いからといって、今の会社にしがみつくことが正解かというと、そうは言い切れません。

例えば、

・会社の経営が傾いてきている。
・上司からのいじめが酷く、精神的に辛い。
・窓際に追い込まれ、仕事から干されている。
・出世ルートから外され年収も頭打ち。

こういった不満があるのならば、会社にしがみつくのは、それ自体が大きなリスクになります。

また、本気でやりたい事がある。労働時間を減らして家族との時間を大切にしたい(働き方を変えたい)。人生をかけてチャレンジしたい仕事がある。今やらないと絶対に後悔する…

上記のような理由で、転職をする人も多いです。

残り20年弱の社会人生活を、もろもろの不満や本当にやりたい事を飲み込んで耐え忍ぶのは、あまりにも辛いでしょう。

キャリアアップの転職にせよ、環境改善のための転職にせよ、今の不満が『とても後20年耐えられそうにない』と感じたのであれば、思い切って転職の準備を行うことをオススメします。

仕事は、人生の大半を費やすものです。
それが退屈だったり苦痛であれば、人生そのものが台無しになってしまいます。

いきなり退職するのはリスクが高いですから、まずは在職中に転職活動を行い、自分が本当に転職出来るかどうか、調べてみるのが良いでしょう。

ヘッドハンティング転職なら年収アップは確実!

40代で経験豊富。転職で年収100万~200万アップを狙いたい…という人は、ヘッドハンティング転職による年収アップを目指してみると良いでしょう。

実は、新卒からの生え抜き(プロパー社員)よりも転職組のほうが平均年収は高くなります。

というのも、いわゆる引き抜き(ヘッドハンティング)は前職の年収より高い金額を提示しなければいけない…というルールがあるからです。

基本的に、技術力・経験などがある即戦力人材を引き抜く時に、モノを言うのはお金ですからね。

(このヘッドハンティング組優遇のせいで、新卒から会社一筋のプロパー社員が転職組より年収が低く不満がたまるケースもしばしば…)

特に、資金力があり即戦力を求める外資系企業などは、しばしばヘッドハンティング転職で年収100万~200万上乗せ提示をしてきます。

ヘッドハンティング転職の対象になるのは、技術・経験が豊富な30代~40代が主であり、豊富なチャンスが眠っています。

40代で転職は危ない!という言葉はしばしば聞きますが、ヘッドハンティングに関しては非常に景気がよく「転職してよかった!」という声をよく聞きます。

せっかく誇れる技術と経験があるのに、年功序列テーブルのせいで年収の伸びが遅い場合、ヘッドハンティング転職でさっさと他企業に引き抜いてもらったほうが生涯賃金が高くなりますよ。

ヘッドハンティング転職は同業者の紹介などが多いですが、転職エージェントにも引き抜き案件は非公開で振ってきているので、まずは転職エージェントに問い合わせてみましょう。

ヘッドハンティングの非公開求人が多い転職エージェントはDODA(デューダ)が最もメジャーです。

登録をしてエージェントに希望条件を伝えておけば、以後、メールで非公開求人をメールで知らせてくれるので、めぼしい求人が無いかチェックしておくとチャンスを逃しませんよ。

切羽詰まった状況なら退職後に転職活動をするのもOK

f:id:moguhausu2:20160320213756j:plain

退職を迫られている。
休職中だが、復帰出来そうにない。
長時間労働で転職を考える暇も元気もない。
パワハラ上司に追いこまれ、鬱病寸前…

こういった緊急の状況に陥っている場合は、退職を急いだほうが良いでしょう。

最悪のケースは、転職も退職もできず、鬱病になったり過労死してしまうケースです。

長時間労働が慢性化している場合は、すぐに対策を取るべきです。

参考リンク:長時間労働がもたらす体調不良について知っておこう。時間外労働は月60時間で危険水域です

転職をするにしても、元気な身体と精神的なゆとりがなければ、内定なんて取れるはずがありません。

思いつめるようであれば、まずは退職して、落ち着いて休むことが大切です。

鬱病や長時間労働といった事情があれば、失業保険は待機期間なく受給出来ますから、失業保険をもらいつつ転職活動をする方向で動きましょう。

失業保険については下記の記事で分かりやすくまとめています。

参考リンク:初めて会社を辞める時にやっておくべき行政手続き。保険や年金や失業保険の申請のやり方を分かりやすく紹介

もし失業保険が切れそうになっても、職業訓練校に通い延長する…という裏ワザも使えます。

職業訓練校に通いながら転職活動をして、何とか生活を切り崩さずに転職に成功した方が、知り合いにいます。

失業保険は、イザという時の備えです。
ぜひ活用して、40代の転職に活かしましょう。

転職したいけどお金がない人は期間工で貯金を作るのがオススメ


貯金なしで会社を辞めてしまった場合、家賃も払えず就活するお金もない…といった状況になってしまいます。

特に家族がいる方や住宅ローンなど借金がある方は、収入が途絶えると厳しいですよね。

そこで、住み込みで働けて年収450万以上稼げる『期間工』のバイトをして、お金をガッツリ作ってから転職活動をする…という手もあります。

期間工とは、トヨタ自動車やホンダなど大手自動車メーカーで住み込みで働く期間工の事で、未経験・学歴不問・40代OKで働ける肉体労働のバイトです。

大手自動車メーカーの期間工なら3ヶ月で100万以上稼げますし、3ヶ月の短期でもOKなので、アパートを引き払って実家に戻る → 期間工で100万ほど貯金 → 就活…という流れもオススメです。

期間工のバイトについて詳しくはこちら。

・期間工とは?メリット・デメリットを徹底解説

転職先に求める希望条件を決めておこう

f:id:moguhausu2:20160630101507j:plain
在職中に転職活動をするにあたって、最初にやるべきことは希望条件を明確にすることです。

当然ですが、転職したいからには、今の仕事に不満がありますよね。

まずは、その不満を全て書き出してみましょう。

そして転職をして何を手に入れたいのか、希望をしっかり明確にしておくことが重要なポイントです。

転職をして成し遂げたい目標を作っておかなければ、転職しようにも、どの求人を選べば良いのか迷ってしまいます。

例えば、残業を減らしたいなら、月残業時間がXX時間以下の会社…という風に、基準を作るのです。

40代で転職をするなら、年収も重要なポイントです。

40代になると、住宅ローンや自動車ローン、その他、生活にかかるお金は複雑になっているでしょう。

今後のライフプランを考えて、生活水準が極端に落ちないよう最低限これくらいの年収はないとダメ…という基準を作りましょう。

もちろん、高望みのし過ぎは転職の長期化を招きます。

ですから現実的なラインと、出来過ぎのラインを二つ設定しておき、柔軟に対応できるよう、ゆとりを持たせるのがコツです。

1週間に10社応募するつもりで挑もう

f:id:moguhausu2:20160428132524j:plain
40代の転職では、なるべく多くの企業にアプローチをしていく事が大切です。
心構えとして、1周間に10社前後に応募書類を送るつもりで行動をしましょう。

実際に、在職中の転職となると、応募件数を増やすのは大変です。
しかし、モタモタやって長期化させるよりも、短期決戦でガッと決めてしまう方が、気持ちは楽です。

最低でも1週間に10社応募する! と目標を決めて、求人を精査&書類作成を行いましょう。

もちろん、やみくもに応募するのではなく、希望条件にあっていて、なおかつ内定が取れそうな厳選した求人10社ですよ。
休日を使ってしっかり準備すれば、1週間に10社に応募することは可能です。それくらいの気合を入れないと、ライバルに勝つことは出来ません。

40代の転職活動は、気合と根性です。
その気合は面接でも自然と出ますから、10社応募するという気合をしっかり入れておくと内定率も上がって一石二鳥ですよ。

キャリアに自信がないなら資格職を狙うのもあり!

「ヘッドハンティングされるほどキャリアに自信がない」
「まったくの未経験、40代で転職は出来ないの?」

という方は、資格職を狙うことをおすすめします。

例えば、電気工事士は資格職で40代からでも転職可能です。

インフラ系の仕事ですから不況にも強く、少子高齢化の影響で若手がおらず40代未経験でも転職できます。

詳しくは下記の記事で特集しています。

・電気工事士の資格は就職に使えるのか徹底解説。未経験30代以上でも稼げる資格って本当?

40代が求人を探す際に注意すべき点!企業の隠れたニーズを見逃すな

f:id:moguhausu2:20160428132620j:plain
希望条件ができたら、さっそく求人をチェックしてみましょう。

しかし、いきなり新聞の折込求人や転職サイトで、求人をガンガン見るのはオススメ出来ません。

というのも、求人というのは基本的に『良いこと』しか書いていないからです。

年齢不問と書いておきながら「実は20代が欲しい」なんて事もよくある話で、求人の裏には各企業の隠れたニーズがあるものです。

それを知らずに「なんだ、たくさん求人があるじゃないか」と油断しては足元をすくわれてしまいます。

どうすれば、こういった求人の裏情報を得ることが出来るのでしょうか?

オススメの方法は、転職エージェントに登録して、プロであるエージェントに自分の市場価値(適正年収)と応募可能な求人を教えてもらう方法です。

40代の転職に強い転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしよう

f:id:moguhausu2:20160428132719j:plain

40代の転職では、ほとんどの人が転職エージェントを利用して転職を成功させています。

転職エージェントに登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。

また、転職エージェントは、転職のプロですから、未経験での転職や短期離職などのネックがあっても内定が取れるフォロー方法をしっかり教えてくれます。

求人紹介はもちろん、会社の社風・残業時間など内部情報の調査。履歴書・職務経歴書作成やキャリアプランの吟味など、転職の準備は大変ですが、プロである転職エージェントを活用すると、ここの負担をグッと減らすことが出来ます。

利用料は最初から最後まで無料です。
転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

40代にオススメの転職エージェントは『DODA』

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトはこちら

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする