毎日残業3時間を強いられる会社はブラック企業。辞めたいと思うほうが正常です

 先日、とある知り合いが「毎日残業3時間やってるんだけど、これって普通なの?」と聞いてきました。

 残業3時間というと、夕方18時が就業時間として、そこから3時間。つまり夜の21時まで会社で働く計算になります。
 猛烈に働く管理職や、高給激務な業界…例えば証券会社の営業などの方にとっては「普通」の残業時間だと思うでしょう。

 毎日、残業3時間というのは身体を壊すリスクが高い危険な水域です。しかし、エリートと呼ばれる人や出世競争のど真ん中にいる管理職の人にとって、そのリスクを背負ってでも成果(出世、高い年俸)が欲しい…という理由があるので、毎日残業3時間をこなしている人も大勢います。

 しかし、高級でもないし管理職でもない。とにかく毎日、残業が3時間以上、発生している…という場合は、注意が必要です。

 平社員なのに、安月給で毎日残業を強いられている人は、ブラック企業にいいように使われているケースが多いからです。

 おまけに、その残業がサービス残業だったら…恐ろしくて、想像もしたくありませんよね。
 忙しい時期ならともかく、毎日3時間の残業が慢性的に起こっている場合、会社そのものに問題があります。

 一部の猛烈に働く社員がサービス残業をしなければならない空気を作っていたり、経営陣が無茶なノルマ、人件費削減を押し付けてきて現場が残業まみれになっていたり、原因は様々ですが、一つ確実に言えることは、その会社に居続ける限り、体を壊すリスクを背負い続ける…ということです。

 連日の残業が普通になると、人は反抗する気力も失ってしまいます。

「毎日、残業3時間…もう辞めたい」

 最初はそう思っていても、

「でも、みんな頑張ってるのに、俺だけ辞めるわけにはいかない」
「これくらい普通なんだ」
「俺に根性がないだけだ」
「正社員で雇ってもらってるだけでも、ありがたいと思わなくちゃ」

 このように、今の状況を正当化して、身体・心からのサインを無視して、最後は倒れてしまう…これが毎日3時間の残業を続けた結果、起きるであろう最悪の結末です。

 今回は毎日残業3時間を強いられる会社はブラック企業である理由と、辞める為の心構えを紹介します。


毎日2時間の残業はあり得るけれど、3時間はやりすぎです

 毎日、2時間残業する会社は意外と多いです。毎日2時間の残業ですと、土日は休みとしても、月に40時間の残業をすることになりますね。
 夜20時に帰宅するのは、プライベートな時間もなく辛いですが、高級や今後の輝かしいキャリアが約束されている・仕事にやりがいを感じているのなら、ギリギリ問題の無い労働時間と言えます。

 しかし、毎日3時間となると、月の残業時間は60時間。

 身体や心に健康被害が及ぶ可能性が高いのは、この月60時間からと言われています。実際、月60時間働いていた管理職、ブラック企業の社員が倒れたりうつ病になって辞めていく…という体験談は非常に多く、厚生労働省も注意を発するほどです。

 月40時間の残業をしている人の離職理由は概ね「プライベートな時間が取れないから」といった正常なものですが、残業月60時間以上の人の離職理由の多くが「身体を壊した」「うつ病になった」というものになっています。

 残業が慢性化している職場にいると、同僚や上司の「これくらい普通」という言葉に騙されて、ついつい毎日3時間の残業を受け入れてしまいがちです。しかし、毎日3時間の残業は、命を削る労働時間なのです。

 過労死まではいかなくとも、うつ病のリスク、ストレスや疲労から身体を壊すリスクは格段に上がります。

 仕事への使命感や会社への高い忠誠心を持つ「社畜」と呼ばれる人達は、意外とタフで月60時間の残業でもバリバリこなします。
 これは、仕事=生きがい=自己表現の場となっているため、ストレスが溜まりにくいからです。

 仕事を嫌々やっている人と、仕事(会社)大好きで仕事=俺、という人では同じ残業時間でも負担に大きな差が出ます。
 ですから、例え同僚や上司が「これくらいの残業で騒ぐなよ」と言っても、聞く耳を持たないでください。価値観が違うということは、仕事から受ける疲労・ストレスも異なるのです。

 あとは、たまに「いつ寝てるの?」というくらいバリバリ仕事をするスーパーマンがいますが、あれも例外です。若いころに死ぬほど体力をつけてきた体育会出身の人間か、天才と呼ばれる類の人間ですから、このタイプの人と自分を比べてあーだこーだ考えるのも無意味です。

 他人の価値観に惑わされず、自分の価値観を見つめてみましょう。
 我慢をして無理をしても、傷つくのは自分自身です。

夜21時に帰ると何も出来ない

 仕事=人生の社畜さんや、スーパーマンにとっては家に帰って寝るだけの生活でも、そこまで致命的なストレスにはなりません。
 しかし、普通の人にとってはプライベートが無いというのは大きなストレスになります。

 人は何気なく時間を潰している時でも、脳と身体を休ませています。
 その時間が短ければ、ストレスは蓄積され、最後は爆発して身体や精神に悪さをします。

 21時に会社を出て、21時30分に家についたとして、何が出来るでしょう?
 食事、お風呂、寝る。布団の中でスマホをポチポチ…これだけです。

 テレビを見たり、ゴロゴロして1時間、本を読んだりネットでくだらない記事を読んだり、そういった一見無駄に見える行動が、私達の脳を癒しているのです。

 それが出来なくなると、精神がすさみ、身体も悲鳴をあげます。
 土日は平日にたまったストレス・疲労を癒やすためだけに過ごす期間となり、人生の大半を仕事に支配されてしまいます。

 あなたは、そんな人生で幸せですか?
 仕事が生きがいで、仕事をしている時が一番楽しいという人なら、問題ありません。しかし、そうではないなら、今のキャリアを見なおして別の仕事に就くべきです。

 残業が慢性化し、毎日3時間残業をしなければいけない会社では、どう頑張っても定時に上がったり残業を1時間に抑える事は出来ません。
 転職をするのが一番手っ取り早く、負担のない行動と言えるでしょう。

 しかし、転職といってもどんな求人があって、今の自分のキャリアなら、どんな仕事に応募できるのか不鮮明で、なかなか一歩踏み出す勇気が出ないものです。
 また今の生活もありますから、もし転職が長期化した時にお金の不安も出てきますよね。

 そこでオススメなのが、在職中に転職エージェントに登録して応募出来る求人を紹介してもらうことです。

転職エージェントに登録して転職をサポートしてもらう

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain

 転職エージェントは、キャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてもらえるサービスです。

 利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

 上記は入力の一例です。

 上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
 外食・小売産業などに多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。
 例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、現在の会社にこだわる必要が無いことに気付けて、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

定時で上がれる仕事に就こう

 突然のトラブルなどで、残業をしなければいけない事態になることは、どの会社でもあります。
 しかし、残業が「いつもの事」になってしまっては、ワークライフバランスを整える事が出来ず、働く人にとっては不幸な環境になります。

 世の中にはたくさんの会社があり、それぞれ労働環境は異なります。
 ぜひエージェントのアドバイスを貰って、定時で上がれる仕事に就きましょう。

 勇気を持って踏み出した者だけが、果実を取ることが出来るのです。あなた自身の幸せのために、決断する勇気を持つことが大切ですよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする