【光通信】インターネット通信回線の営業職として就職する為に必要なスキルとは?飛び込み営業に向いている人にオススメの仕事です

営業職として就職することを考えた場合、どの業界を選ぶのかで身につけるべきスキルが違います。
建築関係に進むのであれば、ある程度の建築に関する知識が必要となり、健康器具を扱う業界であれば健康に関する知識が必要となるのです。

このように知識や経験が無ければ入りにくい業界もありますが、通信業界は比較的就職しやすい業界の一つだと言えるでしょう。そこで今回は通信回線の営業職として就職する為に必要なスキルについてお伝えします。

体力とやる気をアピールしよう

通信回線の営業の仕事は、基本的に個人宅への飛び込み営業が中心となります。だから体力とやる気は面接時にアピールできるように準備しておきましょう。そして何よりも大切なのは実際に体力をつけることです。

日中外回りをするのは、慣れるまでに時間がかかります。プレゼン用の資料をかばんに詰めて一件ずつ民家を回っていくわけですから、足腰だけでなく全身に疲れが出てきます。これは普段からジョギングなど、何らかの運動習慣があれば難なくこなせる場合が多いのです。

しかしながら、運動習慣がなければまず体力的にしんどくなってしまう可能性があると言えるでしょう。だから通信回線の営業マンになりたいと思った場合は体力を身につけることも考えておきましょう。

運動は一度やりはじめて習慣にしてしまえば、意外と継続できるものです。だから面接対策は自己PRを考えるだけでなく、体力づくりもはじめていきましょう。

論理的思考を身につけよう

次に身につけるべきスキルは、論理的思考です。
ロジカルシンキングとも呼ばれていますが、これを身につける方法は簡単です。シンプルに何かを主張したら、その後に必ず理由を説明することを徹底していきましょう。これだけで一気に営業的なコミュニケーションができるようになります。

主張と根拠を常にセットにしていくのです。これを普段から意識しながら、結論から話す癖も身につけていきましょう。飛び込み営業をしていると、時間が無いお客さん出会うことがほとんどです。

だからほんの一瞬のチャンスをどれだけ掴めるかがとても重要になります。その一瞬のチャンスを掴む為には結論から伝えて、ニーズに有無を切り分ける感覚が大切です。

また、上司への報告なども結論から話すことが求められるので、論理的な思考と話し方は身につけておきましょう。

ある程度ハードな職場環境であることを覚悟しよう

次に身につけるべきスキルは、心構えです。入社する前から、ある程度ハードな環境であることは覚悟しておきましょう。営業成績が上がらなければ、社内で居心地が悪くなります。

お客さんの中にはクレーマーのような方もいて、そういった人と出会ってしまう場合もあります。そういった出来事は事前に起こりうるものとして想定しておきましょう。そうすれば、実際につらい出来事が起きたとしても以外と受け入れられてしまうものです。

ところがこういったネガティブ要素を事前に把握しておかなければ、入社した後に心理的にダメージを受けて挫折してしまう場合があるのです。だから飛び込み営業の厳しさは事前に把握しておきましょう。

頑張り次第でステップアップできるチャンスがある

先ほどはネガティブ要素についてお伝えしましたが、その分通信回線の営業は他の職種にはない魅力があります。それがインセンティブとステップアップのチャンスです。通信回線の営業職は特に実力勝負の世界ですから、営業成績が高くなれば、報酬が増えるだけでなく、社内でも重宝がられるようになります。

だから居心地もよくなって懐もあったまる、という好循環が生まれます。そういった流れになれば、継続的に勤めることでリーダーやマネージャーというポジションになる可能性もあります。

大手企業であれば、3年や4年働かなければつけないポジションに1年程度でつける可能性もあるのです。頑張りが評価されやすい環境だとモチベーションも上がりやすいですよね。実力で勝負できることも、この仕事の醍醐味の一つなのです。

関連リンク:オススメの転職エージェントは?

転職のノウハウが知りたい、求人選びのコツが知りたいという人は、転職エージェントに相談してみることをオススメします。
転職エージェントは、無料で利用出来て、業界の動きや転職可能な求人などをしっかり教えてくれます。これから伸びる業界や、あなたのキャリアでどんな企業に応募が可能なのか、プロの目線からキャリアプランに関するアドバイスをしてくれます。

オススメの転職エージェントや、評判、利用方法など下記の記事にまとめてありますので、参考にして下さい。

・転職エージェントの評判と口コミから登録すべきオススメの転職エージェントを紹介

転職を成功させるには、何よりも転職市場での情報を集めることが大事ですから、転職エージェントを活用するのが良いと思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする