光通信の飛び込み営業の年収や業務内容とは?キツイ点や良い点などまとめ

f:id:moguhausu2:20151022150209j:plain
通信回線の営業職は、定期的に募集される職種の一つです。
何故なら通信事業は他の事業をメインとしている会社も代理店として取り組んでいる場合が多いからです。実際にフリーペーパーやネットの求人で通信回線の営業職について情報を見られたことがある方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、通信回線の営業職に就けば具体的にどのような業務内容になるのか。また、年収や待遇についても紹介していきます。


通信回線営業職の業務内容

詳細の業務内容は会社により、違いがありますが、某大手通信事業者の代理店であれば、ほとんどの仕事は飛び込み営業が中心となります。営業を回る地域が日毎や週間で決まっていて、その地域の個人宅もしくは、法人企業を順番に飛び込んでいきます。

個人宅を回るのか、法人企業を回るのかはその代理店の方針によりますが、基本的には個人宅を回る仕事の方が求人情報としては多いと言えるでしょう。そういった意味ではそもそも飛び込み営業が苦手だと苦痛以外の何物でも無くなってしまいますので、そもそもの適正が問われる職種です。

しかしながら逆に、飛び込み営業や営業が得意な場合は、他の仕事をするよりも給料を稼げる可能性があります。インセンティブがしっかりと設定されている会社で、安定的に高い業績を上げることができれば月収50万円を越える方もいるのです。

こういった会社は実力勝負の社風である場合が多いので、向上心を持ち続けることや、体調管理をしっかりすることが求められると認識しておきましょう。営業成績が高く、マネジメントの資質があると評価されたら、リーダーやマネージャークラスへのステップアップの可能性も出てきます。

そういった意味では実力を身につけたい場合や自分の力で勝負したい場合は、働きがいのある仕事だと言えるのではないでしょうか。

通信回線営業職の年収・待遇

さてそれでは通信回線営業職の収入はどれくらいが相場なのでしょうか。個人向けの代理店であれば、給料は20万円前後+歩合給というところが多いようです。休みは平日+1日で、土日祝日は基本的に出勤です。

しかしながら休日や業務終了後も勉強会という名目で出社しなければならないケースもあったりするので、その辺りは事前に確認した方がいいでしょう。インセンティブの規定の代理店毎でかなり幅があります。

良心的な会社であれば、しっかりと業績に合わせて給料が上がる仕組みを整えているのでそういった会社の場合は安心です。しかしながら中にはインセンティブの還元率が低く、稼げる月収が低く留まってしまう会社があるので、その辺りは注意して見極めなければならないでしょう。

通信回線営業の仕事に就く際の注意点

先ほども少しお伝えしたように、通信回線の営業職は基本的に代理店が募集している場合が多いので、インセンティブの規定は会社によって違います。

例えば、5回線を受注すれば2万円程度のインセンティブが発生する会社もあれば、10回線以上獲得したものにしかインセンティブが発生しない会社もあるのです。そういった規定は同じ会社でも時期や状況により変わってくるのでしっかりとチェックしなければならないポイントとなります。

基本給が多少低くてもインセンティブの仕組みがしっかりしていれば、大きく稼ぐチャンスがあります。そういう環境だと、一件契約が取れる度にモチベ―ションが上がりますよね。

しかしながら、インセンティブが少額だと頑張っても、頑張らなくても大きな違いがないので、モチベーションの維持が難しくなってしまったりもするのです。そしてもう一つ、注意しておきたいところは、勤める会社の規模や他に取り組んでいる事業です。

代理店ビジネスは、事業を継続していく中で通信回線供給会社から代理店に支払われるインセンティブやルールが変わることがあります。
そうなると、経営者がこの事業で採算を取れなくなったと判断したら、通信回線の代理店事業部そのものが無くなってしまうケースも少なくありません。

その時に他にもしっかりとして事業を運営している会社であれば、そちらの部署に異動できる可能性もあるのです。

ここまで通信回線営業職の具体的な業務内容と待遇についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

通信回線営業職の醍醐味はインセンティブであり、実力次第で高い給料が獲得できるところにあります。だからスキルアップをしていきたい場合や、営業に自信がある場合は適正があると言えるでしょう。

本文でもお伝えしたように通信回線の営業職で就職を探す場合は会社から支払われるインセンティブの規定など会社について、確認しておくことが大切です。通信回線の営業職を目指す場合は求人を出している会社をしっかりと見極めていきましょう。

求人や総合的な就活のサポートには転職エージェントに頼もう

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain

 いざ転職するぞ…となっても、書類の作り方や転職先の求人をどこで探せばいいのか分からないものです。
 ハローワークはブラック企業の求人ばかりですし、そもそも就活をするなら履歴書や職務経歴書を用意して、面接対策などをしなければいけません。一人でやると非常に面倒です。

 そこでオススメなのが、転職エージェントを活用して面倒な部分を全面サポートしてもらうことです。
 転職エージェントは、キャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてもらえるサービスです。

 転職エージェントは、利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

 上記は入力の一例です。

 上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
 外食・小売産業などに多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする