派遣社員が月3万円貯金するための節約術。家賃7万でも貯金出来る裏ワザとは?

f:id:moguhausu2:20151028110544j:plain
 雇用が不安定な派遣社員にとって、貯金は重要な生命線です。
 しかし、貯金しようと思っていても、ついつい服や趣味のアイテム、娯楽に使ってしまい、結局、全然貯金が増えない…なんてお金の悩みはありませんか?

 特に都内に住んでいるなら家賃が重くのしかかってくるので、少し使いすぎるとすぐに貯金が出来なくなってしまいます。

 手取り20万なのに、家賃7万、食費が4万…なんて事になったら、残金9万円。そこから携帯代やら光熱費やら雑費やら差し引くと、貯金3万円はなかなか厳しい目標額と言えます。かといって、節約をやり過ぎると、ストレスになってしまい、どこかで爆発して大金を使ってしまう事になりかねません。

 そこで、今回は派遣社員のための、ストレス無く節約出来る節約術を紹介します。


クーラーや暖房は寝る時もつけっぱなしがベスト

 クーラーや暖房は、こまめにつけたり消したりするよりもつけっぱなしの方が電気代を使わないって知ってましたか?
 暑い夏や、寒い冬に高くなってしまう電気代。それを節約するには、我慢をして適度にONOFFを繰り返すよりも、寝る時はずっとつける、帰宅したらつけっぱなしにする、と割り切った方が、実は電気代は安くなるのです。

 また、クーラーと扇風機を両方使うことで、一見すると無駄に見えますが、設定温度が高くても涼しく感じるので結果的に電気代が安くなる、という合わせ技もオススメです。

 唯一、冬に注意しておきたいのが、赤外線で暖を取るパネルヒーターです。エアコンによる暖房は、部屋が暖かくなったら消費電力が下がるので、つけっぱなしが節約につながりますが、パネルヒーターは一定の電力を消費するのでつけっぱなし=電気代爆上げにつながります。

 パネルヒーターの大体の電気代は、消費電力を500Wとすると1時間15円ほどなので、1日4時間利用 60円×30日=1ヶ月の電気代の上げ幅は1800円となります。

 1000Wの強力なパネルヒーターになると、更に倍。土日にずっと家で稼働していれば更に…となるので、出来るだけ省エネな暖房器具を使いましょう。暖房器具は、エアコンと同様に温度が上がると消費電力が下がる「こたつ」がオススメです。

シェアハウスなら初期費用もお得で家賃も安い

 高い家賃を節約したい、家具や家電などの初期費用を抑えたい、という時に役立つのがシェアハウスです。
 シェアハウスは、一軒家などを4人~6人ほどで住むタイプの住居で、都内近郊に多く存在しています。

 初期費用が安く、敷金1万5000円+日割り家賃だけで入居が可能なところがほとんどです。
 家賃も相場より安く「東京で派遣社員として働いているけど、もっと通勤が近いところに住みたい!」という人にオススメです。

 シェアハウスは下記のサイトなどで探せるので、ぜひ利用してみてください。tokyosharehouse.com

楽天カードを利用して毎月楽天ポイントを貯めよう

 生活費を現金払いからクレジットカード払いにしてポイントを貯めるのは、最も手軽に出来る節約術です。

 最も還元率が高く、利用が簡単で、なおかつ派遣社員でも審査が通るオススメのクレジットカードは「楽天カード」です。

 楽天が提供している楽天カードは、利用した費用の1%を楽天ポイントでキャッシュバックしてくれます。例えば一ヶ月10万円の生活費を楽天カードで支払えば、1000円の楽天ポイントがキャッシュバックとして手に入る…という仕組みです。

 カード払いを毎月10万円(1000ポイントバック)とすると、1年使えば、現金払いよりも1万2000円もお得になります。

 私は貯まった楽天ポイントを電子機器や家電、ミネラルウォーターや食料品などに使っています。また、楽天トラベルでも利用&貯めることが出来るので、国内旅行に行く時に楽天ポイントを使用して節約しています。

 楽天カードの利用明細は、WEBで簡単に見ることが出来ますから、家計の管理も非常に楽になります。

 これまで現金払い派だった人も、ぜひ、この機会に楽天カードでクレジットカードデビューしましょう。楽天カードは手続きも全てWEB上で出来ますし、申し込みから1週間ほどで届くので、作る手順も非常に楽チンです。

 今ならカードを作ると8000ポイントも手に入るので、まだ持っていない人はぜひ作っておきましょう。

楽天カード 入会申込はこちら






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする