販売職から正社員の事務職に転職する時のコツ。簿記二級無し実務経験無しでも内定を取る方法とは?

f:id:moguhausu2:20150927153212j:plain
 販売職から事務職に転職を希望する人は多いですね。立ちっぱなし、営業ノルマのある仕事から、デスクワークでノルマのない、定時で帰れる事務職の仕事につきたい…というのは、販売職であれば少なからず誰もが一度は思う事です。

 しかし、事務職の求人倍率は高く、簿記二級を持っていても事務職未経験だとなかなか内定を得ることは出来ません。

 かといって正社員を諦めて派遣社員や契約社員で事務職になるのは、雇用の不安定さの面からオススメ出来ません。やはり正社員で事務職になってこそ、事務職のメリットを存分に味わえるのです。

 安定した地位と定時上がり、せっかく転職するのですから、この二点を兼ね備えた正社員の事務職への転職を目指しましょう。

 実は、販売職から事務職に転職をする時、内定率を上げるちょっとしたコツがあるのです。

 今回は、販売職から事務職に転職する時のコツを紹介します。


事務職は簿記二級プラス実務経験が求められる

 事務職に転職するのに、最も求められる資格・スキルは簿記二級+事務での実務経験、この2つです。

 しかし、販売職から転職をする場合、例え職業訓練校などで簿記二級をとっていても、事務の実務経験だけはどうしようもありません。そのため、未経験者歓迎の求人を探す必要があるのですが、未経験者OKの事務の求人は、基本的に求人倍率が高く、応募しても内定に届くの可能性は低いです。

「やっぱり、簿記二級をとって契約社員で事務の経験を積むしかないのか」

 と思った方は、ちょっと待って下さい。

 簿記の知識無し+事務職の実務経験無しだと、内定が絶対に出ない! というわけではないのです。

 なぜなら、元販売職の場合、職歴という強い武器があるからです。意外と事務職に応募してくる経験者には、非正規社員での経験しか無い人が多く、正社員の職歴があるというだけでライバルをゴボウ抜き出来るケースが少なくありません。

 職種は違っても、やはり採用担当者からすれば、正社員として責任ある立場で働いていた人を採用したい…というのが本音です。そのため、競争率が高くても、実はライバルは大したことがない、というラッキーな案件にぶつかれば、未経験+簿記二級無しでも事務職の内定は出るのです。

 もちろん、大前提として履歴書や職務履歴書をしっかり仕上げる、面接でハキハキと受け答えをして面接官に好印象を与える、といったノウハウが必須になりますが、一度、事務職に転職が出来れば、それ以降は経験者としての職歴がつくので、次回以降の転職難易度がグンと下がります。

 未経験者だからひとまず契約社員、という考え方は間違いではありませんが、やはり一発目で正社員の事務に決まったほうが効率が良いですよね。元販売職の職歴を活かして、ぜひ一発目から正社員事務職という離れ業にチャレンジをしてみましょう。

事務職の求人に片っ端からアプローチしよう

 前述したような、ライバルが弱いラッキー案件にぶつかるには、とにかく数をこなすことです。
 事務職の求人に片っ端からアプローチしてみましょう。もちろん、ブラック企業っぽい会社や、家族経営の小規模な会社などの不安要素が高い求人は弾いて結構です。ここで言う「片っ端」とは、外資系などハイレベル案件も含めて応募しよう、という意味です。

 外資系企業などは、一見すると難易度が高そうに見えますが、事務職の求人のハードルはそこまで高くないことがほとんどです。
 英語必須と書かれていても、実際はメールで簡単なやり取りをするだけのケースが多いので、TOEICなどを持っていなくても果敢にアプローチしてみることが重要です。

 英語必須と求人条件に書かれていると、人気の事務職求人といえど多くのライバルが「難しそう」と敬遠します。
 そのため、逆に穴場求人になって競争率が低い…という事もしばしば起こります。そのため、販売職としての職歴があれば、英語の資格を持っていなくても、十分に内定圏内に入ることが出来ます。

 このように、一見するとハイレベルな会社の事務職も、競争率で見れば緩いことがありますから、臆せずアプローチしていきましょう。

ブラック企業の事務職はやっぱりブラック

 事務職への転職をするにあたって、唯一心に留めておいて欲しい事が「ブラック企業の事務職求人だけは避けるべき」ということです。

 事務職の多くは定時上がりでノルマもない、ストレスが低い仕事ですが、ブラック企業はその限りではありません。事務職なのにサービス残業をさせられたり、人間関係が劣悪だったり、給料が異常に安かったり…とにかくブラック企業の事務職はストレスフルです。

 事務職は求人を出せば人がたくさん集まるため、使い倒してやろうと考えるブラックな社長も多いです。
 ですから、面接に行って「ここはヤバイ」と思ったら、例え内定が出ても素早く辞退しましょう。ブラック企業の事務職をやるくらいなら、契約社員で事務職をやったほうが断然マシですよ。

転職のノウハウはプロに聞こう

 さて、販売職から正社員の事務職への転職は、資格無し実務経験無しでも十分可能である…ということが分かったと思います。

 しかし、アプローチ先となる求人を探す方法や、職務履歴書や面接のノウハウなどはどうやって得るのがベストなのでしょうか?

 本屋にいけば、転職の教本などがありますし、求人は転職サイトやハローワークを利用して探す事が出来ます。
 ただ、例えば志望動機や自己PRの書き方は個人によって異なるため、教本だけではカバー出来ませんし、求人探しも転職サイトに掲載されている山のような求人から、ベストなものを選ぶのは手間と時間がかかります。

 これらを在職中に行うのは、とても負担が多いですし、退職してからやろうにも非常に面倒くさいです。

 そこで、私が一番オススメするのは転職エージェントを利用して、作業を効率化してしまう方法です。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者は最初から最後まで一貫して無料でキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 事務職を希望すれば、未経験者OKの事務職の求人に絞って紹介してくれるので、転職サイトのようにわざわざ自分で求人を取捨選択する必要なく求人情報を得ることが出来ます。

 自己分析や志望動機、5年後のキャリアプランといった応募書類や面接で必須の項目も、一人で考えると限界がありますが、転職活動のプロであるエージェントに相談すればアドバイスを貰えるので、簡単にあなたにあったオリジナルの物が出来上がります。

 エージェントは転職のプロですから

「販売職から事務職に転職する理由は?」
「販売職で培った経験を事務職でどう活かしますか?」
「販売職をする上で工夫した事を教えてください」

 といった面接で頻出する質問の模範解答も、事前に教えてくれます。
 マンツーマンで指導してくれるので、教本ではカバー出来ない細かい点も教えてくれます。

 また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。
 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成に頭を悩ませている人も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、転職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントは【リクルートエージェント】です



 リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。未経験OKの求人も多いので、未経験から事務職への転職には最適な転職エージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 土日の面談にも対応しており、在職中でも登録してキャリア相談をすることが可能です。利用は無料ですから、気軽に登録して面談が予約出来ます。女性のエージェントも多く、元ホテルマンや元商社マンなど顔触れもバラエティ豊かです。気の合うエージェントと話すだけでも、自分の方向性を見つけるヒントになります。

 非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。




 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする