パチンコ店の派遣社員として働いた体験談。時給1500円で貯金しやすい高時給の仕事でした

f:id:moguhausu2:20150525122710j:plain
38歳の男性です。
当時パチンコ業界のホールで働いていた時に、時給や待遇がとてもよく感じていたので、長く働ける業界だと思いパチンコ業界への就職を考えていました。

自分が働いていたお店が潰れた事がキッカケで、それ以来業界内の営業や販売店などへの就職活動をしていました。

しかし、時期も悪く考えていた仕事内容が違う事に気づいたので、とりあえず派遣業者への登録とコンサルタント会社への就職をする事を考えていました。
前に働いていた上司の勧めもあり、コンサルタント会社への就職が決まりました。

そこでの仕事は、派遣という形でホールの経営などに携わり、売り上げを上げるというものでした。
コンサルタントというよりは、そのお店への派遣就職という感じでした。


最初はよそ者扱いされていた

派遣の仕事をしようと思っていても、聞いていた話と実際は全く違っていたり、仕事内容が正社員以上に仕事をしていても給料が上がる事はないでのモチベーションの維持が大変でした。

仕事選びは自分の希望もありますが、実際は希望通りの仕事についても内容が違っていたり、全然希望と違っていても長く続ける事ができそうだったりと、やってみないと分からない点が多いと感じました。

働き始めたのは神奈川県のパチンコ店で、時給はバイトとまったく同じ待遇で1500円でした。深夜には1750円まで時給も上がり、とても良い時給で働く事ができました。

初めて出社した時は、コンサルタントとしての扱いで皆に紹介をされたので、売り上げや客数が少ないからコンサルタントを雇ったと思われ、ホールの幹部からはあまり良い印象は無かったです。

主任クラスの人からは敵のような感じで扱われましたが、アルバイトが多いお店でしたので、アルバイトの人は優しく迎えてくれました。
主任クラスからは売り上げなどの経営の根幹に関わる仕事をされるのが嫌らしく、あからさまに不機嫌な態度をとられましたが、実際に働いていくうちにだんだんと仲良くはなって行きました。

それも客数が伸びて忙しくなるにつれ、自分の実力が認められたことがキッカケでした。

あまり繁盛していないお店を立て直しにいくことが仕事なので、そこで働いている人からすると、外部の人間にかき回されたくないという思いが強かったんだと思います。

真剣に仕事をしていく内に仲間意識が芽生える

仕事をしていく時には、アルバイトの仕事をすべてしっかりやる事から始めました。
ホールの仕事は経験者でしたからとても楽でしたが、その時に年齢が30歳を過ぎていたので、一緒に働いている人が皆18歳~26歳までのアルバイトばかりだったのが、慣れたり気遣ったりするのが少し辛かったです。

自分の仕事はあくまでもお客さんを増やす事でしたので、初めの2ヶ月間はホールに慣れることを徹底してやった事が良かったです。

仕事に慣れてきた頃に経営の事にも関わる仕事をするようになりました。
出玉の調整や売り上げ計算などの予想を立てて、お客さんを入れるのですが、そのお店のやり方が自分とはまったく違ったやり方だったので大変でした。ありえないと思ったのが、幹部の人がホールのまったく出てこないことでした。

ホールの人数が足りない時に少しホールを手伝うだけで、あとは事務所でパソコンをいじったり、カメラを見たり、新台を選ぶ会議をしたりしていました。

もちろん仕事をしていたのですが、肝心の現場の状況を知る幹部が全くいなかったことが売り上げ低下の原因だと考えました。自分がそれを指摘した時には、幹部全員が抵抗をしてまったく話しを聞いてくれませんでした。

しかし自分が任されたコースの売り上げが上がってくると、少しずつ自分の指摘を受け入れてくれる幹部も出てきて、最終的には全員がホールを巡回するようになりました。それだけでもホールの雰囲気も変わりましたし、スタッフさんが全員で頑張ってお客さんを入れようと一致団結した事が一番嬉しかったです。

最終的にはそのお店に派遣社員として1年間お世話になり、無事に売り上げと客数を3倍に伸ばす事ができたので退転することになりました。

派遣社員になるなら派遣会社をしっかり選ぼう

派遣で働いているといろいろなお店を見る機会がありますが、自分以外にも派遣で働いている人を多く見かけることがあります。
ただのスタッフの変わりに働いていたり、普通に就職する事ができなかったから派遣に登録して仕事を見つけてもらっていたりと、様々な人が派遣の中にはいます。

派遣社員の業種はさまざまありますが、大抵どこに行っても派遣社員の時給はその会社の社員やアルバイトと同じに働く事ができます。
派遣社員の時給を上げることはとても難しいです。それはほとんどの経営者が派遣社員を自分の会社を助けてくれる助っ人としてしか見ていないからです。助っ人は能力が高ければ高いほど重宝しますが、同時に安い賃金でも働いてくれますし、社員と違って給料も上げる必要がありません。

しかし、派遣会社によっては間に入って給与交渉をしてくれる派遣会社もあるので、なるべく大手の派遣会社を使うことが大切だと思います。
派遣社員は正社員よりも待遇は良くないことがデメリットですが、当然メリットもたくさんあります。

自分の時間で働く事ができたり、自分に合わない会社があれば他の会社へ行く事もできます。
これからは正社員でも会社が潰れてしまえば路頭に迷ってしまう時代ですから、派遣社員の武器としてどこでも働ける力を養っておく事は大切です。

給与交渉もしてくれる派遣会社はリクナビ派遣がオススメ

給与交渉など、サポートをしっかりしてくれる派遣会社は、派遣大手のリクナビ派遣です。

リクナビ派遣

リクナビ派遣は派遣会社の大手で、給与交渉や条件交渉をしっかりやってくれるので安心して働けます。また、リクナビ派遣は事務だけでなく、製造業や工場の紹介案件も多く、豊富な職種や勤務地から自分にあった職場を選ぶことが出来ます。
正社員登用ありの求人や、時給の高い派遣、短期、中長期の派遣などもあり、目的によって応じて働き方を選ぶことが出来ます。

リクナビ派遣に登録して、良い条件の案件を検索しておくと求人の幅が広がるのでオススメです。

関連記事

正社員へのアプローチには転職エージェントを使うのがオススメです。
転職エージェントの評判や選び方については、下記の記事を参考にして下さい。www.hazimetetensyoku.com




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする