会社の業績悪化やリストラで転職をせざるを得ない状況になった時の転職方法。戦略的に立ち回るノウハウとは?

f:id:moguhausu2:20150803140229j:plain

転職しようと考えていなくても、思いがけず転職しなければならない状況になる場合もあります。
大規模な不況による業績悪化、リストラ、早期退職制度…終身雇用制は終わり、私達の雇用は正社員といえど絶対の安定を誇るものではなくなりました。

数年前に起きたリーマンショックはその典型例でしょう。

特に外資系企業に勤めていた人にはダメージが大きく、思いがけず転職活動を余儀なくされた方も少なくありませんでした。他にも、大企業が窮地に陥ることは珍しくなく、東芝やシャープなどが転落するなんてことを誰が予想出来たでしょうか?

そういった時は特に準備をしていたわけではないですから、ゼロからのスタートになりますよね。

そこで今回は急遽転職活動が必要になった場合の為に、ゼロからはじめる転職活動について紹介していきます。


まずは今までの経験や知識を活かすことから考えよう

冒頭では、突然のリストラや倒産で急遽転職活動が必要になる可能性について、お伝えしましたがそうなったとしても、通常の転職活動と同じように大切にすべきことがあります。

それが今までの実績や経験です。

やはりいきなり未経験の分野で働くには抵抗がありますよね。それは過去に蓄積してきた実績が大きかったり、一つの業界での経験年数が長ければ余計にそう感じるものでしょう。ですからまずは過去の経験や成し遂げてきたことを、見える形にして、そのスキルを活かすことを考えてください。

特に35歳を越えている場合は正社員としての転職のハードルがグッと高くなりますから、それを乗り切るだけのプレゼン力が求められます。
そして当然、社会をリードする年齢になりますからリーダーシップやマネジメント能力をPRすることは必須だと言えるでしょう。それらのスキルを明確には磨いてこなかったとしても、転職ではどのように魅せるかを意識していかなければなりません。

同じ業界の転職が難しいと判断したら、未経験者OKの仕事についても検討しよう

先ほどお伝えしたのは転職の基本の考え方ですが、業界によっては考え方を変えなければなりません。
景気の影響がありますので、今いる業界全体が下火になっている場合もあるでしょう。そういう時は思いきって未経験の業界に飛び込むことを考えていく必要があります。

ここで少し冷静に考えて頂いたいのですが、目的地が3階で今いる場所が1階だとしましょう。そしてそこから上に昇ることを考えれば、下りのエスカレーターに乗るのか、普通の階段で行くのか、上りのエスカレーターに乗るのかは自分自身で決められますよね。

そこで下りのエスカレーターに乗ってしまったとしたらどうでしょうか。どれだけ走ったり前に進もうとしても行きつく先は下の階層しかあり得ないですよね。

ですから、今まで自分が身を置いてきた業界全体の動向をしっかりと把握することが大切です。今までいた業界は下りのエスカレーターなのか、上りのエスカレーターなのか、見極めなければならないのです。このように転職する際は一つ一つの企業を見るだけでなく、業界全体の状態も客観的に分析していきましょう。

新しい仕事を始め時は長期的な視点を持とう

さて、ここまで対象的な転職活動の方法についてお伝えしましたがいかがでしょうか。
変化の激しい今のような時代では、誰もがゼロから再スタートしなければならない可能性について考えておいた方がいいでしょう。そして未経験の分野や業界に飛び込む際には必ず意識しておかなければならないことがあります。

それは長期的な視点を持つことです。

今まで長く、一つの業界で経験を積んでいたとすれば、未経験の業界にほぼ行けば確実に年収は下がります、雇用形態も不安定かもしれません。そんな時に、短期的な視点しかなければ、悲観的な未来しか想像できません。

しかしながら、長期的な視点を持ち今後のキャリアをデザインすれば、これから始める新しいことでプロになり、そしてその後のキャリアに考えを拡げることも出来ます。事業計画と同じように、特にゼロから再スタートする際は、この長期的な視点が必要です。

もし思いがけず転職活動が必要になってしまったという場合は、長期的視点を持ちて、これからのキャリアをデザインしていきましょう。

転職エージェントに相談してみよう

転職に関して不安がある場合は、転職エージェントに相談してみることをオススメします。
転職エージェントは、無料で利用出来て、業界の動きや転職可能な求人などをしっかり教えてくれます。これから伸びる業界や、あなたのキャリアでどんな企業に応募が可能なのか、プロの目線からキャリアプランに関するアドバイスをしてくれます。

オススメの転職エージェントや、評判、利用方法など下記の記事にまとめてありますので、参考にして下さい。

www.hazimetetensyoku.com

日本人はリスクを背負うことに消極的ですが、現代社会ではリスクをある程度、許容できる勇気が無いと、時代に取り残されてしまいます。
生活に行き詰まらないためには、日々、社会の動向に目を光らせて、ここぞという時に動けるフットワークの軽さが重要です。

そのためには、何よりも転職市場での情報を集めることが大事ですから、転職エージェントを活用するのが良いと思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする