携帯ショップ店員を辞めたい人が転職する時のコツ。ドコモやAUソフトバンクから転職しよう

f:id:moguhausu2:20150622154804g:plain
アルバイトとしては時給の高い携帯ショップ店員も、正社員になると異動やノルマが多く、激務なため離職率がグンと高くなります。
昇進も本部配属になるには、厚い壁と凄まじい競争があり、業績だけでなくゴマすりも駆使しなければ3大キャリアの携帯ショップ店員から本部配属まではのし上がれません。ドコモやソフトバンク、AUから委託された委託会社なら、そもそも昇進の手立てすらありません。

しかし、携帯ショップ店員を辞めたい…と思っている人は「転職しようにも踏ん切りが付かない」というケースが多いです。
というのも、学歴が中卒、高卒であり転職に自信が無かったり、キャリア勤めだと年収と福利厚生は充実しているので、転職しても条件が悪くなるのではないか? と思ってしまうからです。

各社ごとに待遇が違うのかと言えば、そうでもありません。ドコモショップを辞めたい、ソフトバンクショップを辞めたい、AUショップを辞めたい…どのショップでも辞めたい人の比率や離職率は横並びのようです。

もちろん、金銭的な面で言えば、大手3大キャリア(ドコモ・AU・ソフトバンク)で働いていたほうがメリットは大きいです。携帯ショップ店員は末端といえど、母体は大きいですから、安定感と収入の高さは魅力的です。

しかし、携帯ショップ店員は激務で、身につくスキルも販売・営業ですから、早めにまったり勤務のメーカーなどに転職することをオススメします。また、将来的なことを考えると、昇進出来る一握りのクラスに入らなければ、一生現場で立ち仕事です。ハードワークをこなせる自信が無いなら、適当なところで転職をしましょう。

今回は携帯ショップ店員を辞めたいと思っている人が転職する時のコツを紹介します。

携帯ショップ店員の将来性は厳しい

f:id:moguhausu2:20150616120206j:plain
就職した時は、ドコモやAU,ソフトバンクといった「有名企業」に就職出来たことに喜ぶでしょう。しかし、携帯ショップ店員は例え有名企業の正社員というカテゴリーに属していても、実態は「兵隊」と呼ばれる前線部隊、よくも悪くも大量採用、大量離職が前提の職種です。

販売ノルマを課せられ、オプションを売らなければ上司に詰められ、新機種が出れば勉強をして顧客に説明出来るようにならなければいけません。仕事中は立ちっぱなしですから、腰痛などのリスクもあり、決して楽な仕事ではありません。

顧客のクレーム対応も、携帯ショップ店員の精神を削る要因の一つです。
近年はスマートフォン、およびアプリの操作が分からず質問をしてくる中高年が多く、アプリに関しての質問に答えられないと言うと、途端に激怒する人もいます。

携帯ショップ店員は、そういった理不尽な怒りを受けるため、多大なストレスを受けます。

立ちっぱなし、クレーム処理、営業ノルマ、新機種の発売…こういった苦難を乗り越えてキャリアを築いても、今度は強烈な出世競争に晒されます。本部配属になるのは、倍率100倍以上の出世競争に勝たなくてはいけない、とさえ言われており、その競争に勝つためには結果だけでなくゴマすりやコネも重要と言われています。

ドコモ、AU、ソフトバンクの三大キャリアは、銀行や官僚の天下りも多く、本部は転職組でガッチリ固められており、現場からの叩き上げでその中に入るのは非常に難しいです。
本部配属になる前には、土日もひっきりなしに連絡がかかってくるマネージャー職をこなさなければならず、本部配属になる前にリタイア宣言をする人がほとんどです。

上記の理由から、携帯ショップ店員の将来性は非常に厳しいと言わざるを得ません。

実際に腰を悪くした人や過労で倒れた人もいる

腰を悪化させて退職をしたり、マネージャー職で過労のあまり身体を壊してしまった人もいます。
また、営業ノルマの厳しさと、何も知らないお客さんにオプションを売るという押し売りのような手法に罪悪感を覚えて、辞めてしまった人も多いです。

代理店の携帯ショップ店員はもっと最悪で、携帯の自爆営業を強要されたり、ノルマ未達成ゆえに強烈に詰められてうつ病になってしまった人もいます。

携帯業界は三社独占の業界ですが、飽和状態なので他社からの奪い合いに各社必死です。
そのため、営業ノルマは永遠に無くならず、また体育会系の悪い文化である「詰め」「叱責」があり働きにくい業界であることは明確です。

天国を味わえるのは本社勤務のエリートor転職組だけ…というのが実際の所で、携帯ショップ店員(正社員)は結局のところ使い捨ての兵隊扱いです。

目先の待遇に騙されず転職するべき

f:id:moguhausu2:20150531161758j:plain
大手キャリアの携帯ショップ店員は、待遇が良く、なかなか辞める決心がつかないものです。
しかし、そこで長く働けば働くほど、転職の選択肢の幅は狭くなります。同じ販売業でも、百貨店などの店員であれば、まだ出世の道は広いですし、将来性も安定しています。携帯業界は、誰もが知っている親しみのある業界ですが、働く場所としては非常に競争が激しく、激務に耐えられるハードワーカーでなければ生き残れない業界なのです。

大手キャリアに勤める最大のメリットは、職歴にハクがつく、という点です。
携帯キャリアは誰もが知っていますから、転職時に「ドコモで働いていました」と言えば、元ドコモの人=元大企業勤め、というネームバリューを得ることが出来ます。

そのため、携帯ショップ店員の転職は、意外と学歴問わず有利なことが多いです。

元携帯ショップ店員で、大手メーカーへの転職に成功した人もいます。転職は若い方が有利ですから、できるだけ早いうちに転職して携帯ショップ店員からキャリアチェンジすることをオススメします。

転職のコツは転職エージェントに頼るのが一番です

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain
とはいえ、転職を成功させるには、職務履歴書や自己PR、志望動機、これからのキャリアについて等、転職に必要な情報を掘り下げなければいけません。
しかし、いざ自分で自己PRを書いてみよう、となると、なかなか難しいものです。

そこでオススメなのが、転職エージェントに登録し、転職のプロであるエージェントにアドバイスを貰うことです。
転職エージェントは無料で利用出来て、書類の書き方から面接のノウハウ、どんな業界・業種に転職するべきか等のキャリア相談においてアドバイスをしてくれます。

あなたの希望条件、キャリアにあった求人をピックアップして紹介してくれるので、自分で求人を探す必要はありません。
就職活動では自分から求人を探して、書類を書いて…と全部一人でやる必要がありますが、転職の場合は、転職エージェントに大部分を任せることが出来ます。

在職中に転職準備をするなら、時間は限られていますから、ぜひ上手に転職エージェントを活用して転職をしましょう。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

ぜひ転職エージェントを活用して、転職・就職を成功させましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする