20代アルバイトから正社員になる方法。バイト歴を自己PRに書いて就職活動をしよう

f:id:moguhausu2:20150612153558j:plain
20代でアルバイトのみで生計を立てる事は不可能ではありません。
一人暮らしであれば、家賃プラス生活費をアルバイトのみで稼ぐことは十分に可能です。都内であれば、時給1000円以上がベースになるので月20万~30万稼げますし、地方であっても家賃が低いのでアルバイトのみで暮らしていけます。

実家暮らしなら家賃もかからないので、なおさら正社員にこだわる必要は無いように思えます。

しかし、30代40代になるとアルバイトで暮らしていくには難しくなります。中年のアルバイトは「負け組」という目で見られ、20代の頃に比べて社会的な評価は低くなります。そのため居場所を得ることが出来ず、精神的にも追い込まれていきます。
アルバイトも以前ほど受からなくなり、警備員や清掃業などのキツいアルバイトしか受からなくなってきますし、身体を壊せば正社員と違って保証が無いので、すぐにお金が底を尽きてしまいます。

こういった「詰み」の人生にならないように、今アルバイトで生計を立てている人は20代のうちに正社員になるべきです。

今回は20代アルバイトから正社員になる方法を紹介します。


正社員の最大のメリットは職歴とボーナス

正社員になる最大のメリットは、正社員として働き続けていれば、それだけで職歴がつくという事です。
ご存知の通り、正社員としての職歴は転職する時に大きな武器になり、例え会社が倒産したとしても、次回の転職の時にその職歴が評価されるため、職歴無しor短い人間よりも有利に転職を行うことが出来ます。

また、ボーナスも正社員の特権といえます。
アルバイトや派遣社員にはボーナスが出ませんから、必然的に正社員の方が年収が上になります。
正社員でボーナスを夏冬に貰えれば、ボーナス全額を貯金して年50万~100万貯金できたり、ボーナスで海外旅行に行ったりすることが出来ます。

雇用も安定していて、年収も高く転職の際にも職歴が評価される正社員は、アルバイトよりもずっと安定した雇用体系なのです。

20代アルバイトでも正社員に就職出来る

正社員は雇用が安定している分、採用されるのが難しいですね。
アルバイトしかしてこなかった人や、短期離職してしまった人などは就職活動をしても無駄、内定が取れない、と思い込んでしまいがちです。

しかし、それは誤解です。20代であれば職歴無しでも、正社員の求人はあります。

また、アルバイト歴は職歴に入らないと言われていますが、自己PRにはバイト歴を使うと良いでしょう。アルバイトとはいえ仕事ですから、学ぶことはたくさんあったと思います。これをアピールして、正社員にランクアップしましょう。

就職活動をする時に大切なのは「ブラック企業回避術」

正社員になろう! と思っても、業界や業種は数多く存在しており、どの仕事が一番良いのか迷ってしまう人が多いと思います。
就職活動をする時に一番大切なのは、ブラックな企業・業界を避けるという事です。

業界や業種によっては、業界そのものがブラック・長時間労働を強要するような所もあります。例えば、バスの運転手などは長時間労働が多く、特に高速バスの運転手は長時間労働だけでなく、事故のリスクもついて回るブラックな職種の代表例です。

長距離バスの事故といえば「関越自動車道高速バス居眠り運転事故」が代表的です。
f:id:moguhausu2:20150915210821j:plain

関越自動車道高速バス居眠り運転事故(かんえつじどうしゃどう こうそくバスいねむりうんてんじこ)とは、2012年(平成24年)4月29日に群馬県藤岡市岡之郷の関越自動車道上り線藤岡ジャンクション付近で都市間ツアーバスが防音壁に衝突した交通事故。乗客7人が死亡、乗客乗員39人が重軽傷を負った。

運転手は長時間労働を強要され、睡眠時間を削られ、このような事故を起こし懲役9年の刑に課せられてしまいました。
違法労働を強要されるだけでなく、前科まで貰ってしまっては、たまったものではありません。

この例の他にも、小売業や外食産業では正社員の過労死が絶え間なく起こっています。

「名ばかり正社員」に騙されないためにも、就職活動をする時は情報を集めてブラック企業を回避しながら、慎重に行いましょう。

就職活動はプロのエージェントにサポートしてもらうのが一番

就職活動をする上で、履歴書の作成や面接でのアピール方法、求人の選び方など一人でやるには、なかなか大変です。

そこでオススメなのは無料の転職エージェントに登録して就職をサポートしてもらうことです。

転職エージェントと聞いて、フリーターからの転職は無理なのでは? と思うかもしれませんが、実は今、20代専門の転職エージェントサービスが出てきており、新卒、第二新卒、既卒、フリーターなど社会経験が無い人向けに特化しているため、フリーターでも気兼ねなく利用出来ます。

転職エージェントは大手求人サイトのように、求人者が無制限に求人に応募出来るのではなく、一人ひとりにあった求人をピックアップして紹介してくれるので、多くの優良中小企業が利用しています。
求人者の立場からも、エージェントを仲介することで給料や福利厚生、残業時間、職場の雰囲気まで知ることが出来るので、求人サイトを使うよりも情報が多く得られます。

オススメの転職エージェントは関東と関西で二種類に分かれています。

 関東の転職エージェントは「ハタラクティブ」関西では「いい就職.com」がオススメです。
20代特化の就職エージェント【ハタラクティブ】


ハタラクティブは若者の就職専門のエージェントで、若手の人材を希望している企業の求人数が多く揃っており、サポートも充実しています。登録者を10代・20代の若手に限定しているので、中退や既卒というネガティブ要因を持っている方の就職方法もしっかり持っており、エントリーシートの作成方法や面接の受け答えのノウハウを教えてくれます。
そのため、書類通過率、内定率も高くなっています。

求人もエージェントが事前に会社訪問をして審査をしていますから、ブラック企業の求人に当たる可能性もありません。会社の雰囲気や残業時間、業務に必要な知識などもエージェントを介して教えてもらえるので、ミスマッチも防ぐことが出来ます。
もちろん、無料で利用できるので、関東圏で就職を希望する方はぜひ利用してみましょう。

 ハタラクティブは登録後に担当者から確認の連絡があります。
平日10~21時であれば1時間以内に。上記時間帯以外は、翌日の朝、土日祝の場合は月曜の朝に連絡がきます。
電話を取り逃がさないために、要望のところに連絡して欲しい希望の日にちや時間を書いておきましょう。

 また、面談は渋谷駅のレバレジーズ社で行います。渋谷までのアクセスを確認しておきましょう。

大阪・名古屋で就活をする場合は「いい就職.com」が関西の求人に強いです。



いい就職.comもハタラクティブと同じく、担当エージェントがマンツーマンでしっかりサポートしてくれるのでオススメです。

以前は23歳フリーターの就職活動となると、どのエージェントも相手にしてくれずサポート無しで一人で就職活動をしなければいけなかったので、非常に辛い立場でした。
しかし、少子高齢化で若者の人材需要が大きくなると、既卒、中退者やフリーターでもサポートをしてくれる就職エージェントが増えました。

エージェントを使うとグッと就職活動が楽になるので、ぜひ活用して正社員の内定をゲットしましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする