失業後にやるべき再就職の準備とは?無職のまま暇を持て余さない為に転職エージェントなどを利用して情報を集めよう

f:id:moguhausu2:20150902083334j:plain
失業した後は、急に生活習慣が変わるので「朝、会社に行かなくていい」という事に戸惑うと思います。
何をしていいのか分からず、ついダラダラと暇を持て余してしまいがちになります。急に自由になったことにより、昼まで寝るようになったり、遊びまわっていると、だんだん再就職へのやる気が失われてしまいます。

しかし、失業後、あまりにも空白期間が長引いてしまうと再就職に不利になってしまいますし、貯金もどんどん減ってしまいます。
何より社会との接点を失うと、外に出るのが億劫になったり、電話をかけたりするのが嫌になったりしてしまいます。失業後は緊張感を保つためにも、再就職の準備を早めにやっておくことが大切です。

今回は失業後にやっておくべき再就職の準備を紹介します。


失業後に陥りがちなNGパターン

失業したばかりの頃は、会社から開放された喜びと今までの反動で、思いっきり眠ったり平日に遊びにいったり、自由を満喫してしまいがちです。それは良いのですが、だんだん会社の束縛がない生活に疲れてしまいます。やることが無く、暇を持て余して、社会との接点が無いことに疎外感を覚えてきます。

また、2ヶ月ほど経つと、貯金が減っていく事や無職という立場に焦りを感じてきます。

その後、慌てて再就職をするために動き始めても、焦り過ぎて結局上手くいかない…というパターンに陥ってしまうと、再就職まで長引くことになってしまいます。

再就職の準備は、失業後、なるべく早めに手をつけることをオススメします。最初は失業保険があるからゆっくりしよう…と思う人が多いですが、一度、ダラダラしてしまうと腰を上げるのが大変になります。

しばらくはアルバイトで…というのはオススメ出来ません

ブラック企業に勤めていて、逃げるように辞めた人にとって「もう正社員は無理!アルバイトでいいや」と思ってしまう人も多いですね。
しかし、一度、非正規雇用に逃げ込んでしまうと、そのままズルズルとアルバイトを続けてしまいます。アルバイトの方が責任も少なく、気軽に働けるので居心地が良いかもしれません。

しかし、将来のことや雇用の安定性を考えれば、正社員として再就職をするべきです。

優良企業の正社員ならば、ブラック企業のように長時間労働や理不尽な叱責もありません。
ブラック企業から逃げてきた人が失業後にやるべきことは、アルバイトに逃げることではなく、次回の再就職でブラック企業をいかに回避するべきか、というブラック企業対策を考えることです。

失業後は転職エージェントに登録しておこう

失業後に、まずやっておくべき事は転職エージェントに登録することです。
転職エージェントに登録しておくと、無料で、転職のプロにキャリア相談をすることが出来ますし、あなたの職歴にあった求人をピックアップして紹介してくれます。

すぐに再就職をする気がなくとも、キャリア相談だけでもやっておけば、就活を再開した時の指針になります。
初めて転職活動をする人も、職務履歴書の書き方や転職のノウハウを教えてもらえるので、ぜひ転職エージェントを活用することをオススメします。

失業して、貯金が無くなってきて慌てて就職活動を始めると、やみくもな就職活動をしてしまいがちです。自分の適正や希望職種も曖昧なまま再就職を行うと、内定がなかなか出なかったり、入社後に苦労することになります。
まずは転職エージェントと相談して、自分にあったキャリアを選ぶことが大切です。

また、ブラック企業や離職率の高い会社を避けるには、情報収集が大切です。
しかし、求人票だけでは、ブラック企業かどうか分かりませんし、人事もそこは伏せるでしょう。

 そこでオススメなのが、転職のプロであるエージェントにアドバイスを貰って、内部情報を教えてもらう方法です。
転職エージェントを仲介すれば、社内の雰囲気など内部情報を多く教えてもらうことが出来ます。問題のある企業は、エージェントが求人の段階で弾いてくれるので安心です。
エージェントを使うと内部情報がより一層集めやすくなるので、ぜひ活用しましょう。

転職エージェントサービスは無料で利用出来て、転職のプロが内定までサポートしてくれます。
一人で転職をするより、グッと楽になりますし、在職中でも利用することが可能です。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

上記は入力の一例です。

上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
外食・小売産業などに多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。
例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式ページ

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、現在の会社にこだわる必要が無いことに気付けて、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

転職で一番大変なのは情報収集です。
求人は生モノですから、時期やタイミングによって求人の量や質は異なります。

転職を考え始めたら、早めに転職エージェントに登録して情報をしっかり集めておきましょう。
ミスマッチで後悔しないためにも、エージェントをうまく利用して転職活動をしましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする