社会人で出会いがない人はどこで恋人を探すのか?サークルや婚活など出会い方まとめ

f:id:moguhausu2:20150716084641j:plain

社会人になると、学生時代とは違って異性との出会いが極端に少なくなります。
人の出入りが多い大企業であれば出会いに困ることは無いと思いますが、人員が固定されている中小企業、既婚者ばかりの企業では社内で恋人を探そうと思っても難しいですよね。

また、社内恋愛はトラブルに発展することも多く、仕事に支障が出ることも。
同性からの嫉妬や浮気、別れた後の気まずさなどのリスクを考えれば、社外で出会うのが一番良いです。

そこで、今回は社会人が社外で異性と出会う方法を紹介します。


社会人サークルに入る

一番簡単な方法は、社会人サークルに参加することです。
社会人サークルは週末や平日の夜を中心に活動しており、運動系、アウトドア系から読書、書道などジャンルは幅広いです。

社会人サークルでは年代が20代~30代で固まっているコミュニティも多く、年齢が近い人が多いので気軽に出会いを増やすことが出来ます。

趣味も兼ねていますから、共通の話題も見つかりやすいですね。

ただ、コミュニティである以上、恋愛のいざこざやライバルなどもいますので、恋愛スキルの低い方には厳しいかもしれません。

合コン・友だちの紹介で出会う

合コンや友だちの紹介はメジャーな出会い方ですね。
しかし、友だちの紹介ですと相性が合わなくても無碍に出来ない、トラブルになると面倒という欠点があったり、そもそも合コンにしても紹介にしても、それが出来る友人がいないとダメ、という前提条件があります。

ぼっち社会人や、友人もモテない場合はこの集団は使えないのが難しい点です。

異性を紹介してくれるモテる友達を作ろう! と思っても、社会人になると友達作りは恋人作りと同じくらい難易度が高いもの。

友達がいない人は、この機会にまず友達作りをするのも良いかもしれません。

同窓会に参加する

同窓会は社会人が最も恋人を作りやすい会合です。
地元トークや懐かしの学校トークなど共通の話題が盛りだくさんで、懐かしさから話が弾みやすく、恋人関係になる可能性が最も高いです。

中学や高校の同窓会のお知らせが来たら、ぜひ参加してみましょう。
昔は地味だった男の子・女の子が見違えるほどのスペックになっていることも多いですから、意外な出会いがあるかもしれませんよ。

しかし、同窓会はあっても年に1,2回ですし、あまり学校を楽しめなかった人は不参加一択なので、万人向けの出会いとは言えないのが難点です。

婚活パーティーに参加する

婚活というと「付き合ってすぐ結婚しなきゃいけないのか」と勘違いしやすいですが、そんなことはありません。
合コンのようなノリの婚活も多く、交際相手を見つけるという目的なら婚活は有効な手段です。

婚活パーティーに参加したり、街コンなどの集団合コンに参加して好みの男性・好みの女性と知り合いましょう。

価格も一回3000円~5000円など飲み会費用で参加出来るサービスも多く、オススメです。

ただ、やはり変な人は一定数いますから、しつこい人はスパッと断る「お断りノウハウ」を身につけてから参加しましょう。
男性でも女性でも、安易に個人情報(会社や住所など)は出さず、慎重に挑みましょう。

本格的に婚活をするなら、下記の記事が参考になると思います。

www.daiettohazimete.com

予算別にオススメの婚活サービスを紹介しています。
社会人は出会いが少なく、社内恋愛もトラブルのリスクがあるので、婚活サービスからお付き合いを始める人も増えています。ぜひ検討してみてください。

ネットで出会いを探す

ネットで出会いを探すのも一つの手です。
一番安価で手っ取り早い出会い方と言えるでしょう。

昔はスカイプやメル友募集で出会うのが主流でしたが、現在は出会いが主目的になっているアプリが多く、スマホ一本で出会えるサービスが主流になっています。

ネットで出会う利点として、人見知りの人でも気軽にメールから始められますから、婚活パーティーや合コン嫌いの人にオススメです。

身体を引き締めておこう

男女共に、お腹まわりやスタイルがイマイチの人はモテません。
身体に自信が無い場合は、下記の筋トレ記事を参考にして身体を鍛えておきましょう。
www.hazimetetensyoku.com

いかがでしたでしょうか?
社会人が異性との出会いを増やすには、やはり有料サービスに参加するのが一番安定しています。

出会いは待っているだけではやって来ません。
「仕事が落ち着いてから」なんて思っている間に年を取って、あっという間に「おひとりさま」になってしまいます。

生活が安定している社会人だからこそ、恋愛に投資してみましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする