フリーターが月3万貯金する方法

フリーターが毎月コツコツ貯金する事は非常に大切です。

フリーターは正社員と違って、怪我や病気で休めば、それだけ給料が減ってしまいますし最悪クビになります。

貯金があれば、家賃を支払えなくなって追い出される心配もないですし、復職や新しい職場を見つけるまでの生活費にも困りません。

しかし、毎月しっかり貯金をするのって、意外と難しいですよね。

そこで今回はフリーターが月3万円貯金する方法を紹介します。

水筒を持ち歩いてジュース代を節約する

毎日の飲み物代は意外とバカになりません。

コーヒーやジュース、お茶をコンビニや自販機で購入している人は、毎月3000円近く消費しているのです。

そこで保温性の高い水筒を用意してみましょう。

安いパックのお茶やコーヒーを入れておけば、コンビニで高い飲み物を買う必要がなくなります。

パックのお茶は安いものですと50袋100円なので、1袋あたり2円です。

お湯をわかしても、ガス代5円、水道代0.2円くらいなので、実質10円以下で飲み物を作ることが出来ますね。

コンビニや自販機で100円~150円を毎日消費するよりも、水筒でコツコツ節約した方が、グッとお得ですよ。

水筒は2000円前後の物を買っておくと、性能が良いので冷たさや暖かさを維持したまま職場で飲む事が出来ますよ。

おすすめは象印の魔法瓶タイプの水筒です。

貯金を別口座で積み立てる

一番スタンダードな方法は、貯金用の口座を作る事です。

今、銀行口座はどこも口座開設アプリがあり、郵送不要で簡単に作れます。

給料が入ったら、貯金用口座に自動振込を設定しておくか、コンビニで引き下ろす際に3万円を振り込んでおきましょう。

新生銀行やイオン銀行といったネットバンクなら、ATM手数料・振込手数料が無料なのでサブ口座として使いやすいですよ。

クレジットカードを使わずデビットカードを使う

せっかく貯金用の口座を作っても、クレジットカードがあると、限度額まで無駄遣い出来てしまうのが困り物。

そこで、利用後、即座に口座からお金が引き下ろされるデビットカードの利用を検討してみましょう。

デビットカードは、クレジットカードと同じようにVISAやJCBブランドを持っており、クレカと同じように決済に使えます。

違いは即座に口座引き落としであること。
これなら、使った額も把握しやすいですから、無駄遣いを防ぐことが出来ます。

発行は無料ですし、おまけに利用額に応じてポイントがついたりキャッシュバックもあるので、オススメです。

メガバンクは年間手数料がかかる所もあるので注意して下さい。
ソニー銀行などのネットバンクでは基本無料です。

時給の高い深夜バイトに転職する

夜22時以降のアルバイトは、賃金が割増になります。
そのため、効率的に稼ぐなら夜勤シフトのバイトが最強です。

コンビニや24時間営業のファミリーレストランなど、深夜シフト歓迎のバイトは多いです。

また単発バイトでも、深夜の警備や交通整理など、夜シフトがある仕事は多いです。

「昼にバイトしてるけど、なかなか稼げない…」

という人は、深夜シフトのバイトを探してみましょう。

深夜シフトを少し入れると、月3万円分をしっかり稼ぐことが出来ますよ。

正社員に就職する

安定して貯金を積立てたいなら、正社員に就職するのが一番です。

正社員になると手取りが減る!という人もいます。確かに、税金や社会保険周りの関係で手取りが減るケースもありますね。

しかし、ボーナス有りの会社であれば、フリーターよりも年間で50万円近く多くお金が稼げます。

雇用も安定していますし、正社員の職歴があれば、キャリアアップも出来るので確実に年収を増やしていくことが出来ます。

フリーターから正社員になる方法は、下記の記事で詳しく書いています。参考にして下さい。

・社会人経験なしからの就職活動を成功させるコツ。派遣やフリーターから正社員になるための戦略とは

女性であれば高時給バイトを利用する手もあります。詳しくはこちら。

・即日3万円稼ぎたい女性におすすめのバイトまとめ

関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする