仕事が出来なくて会社に行くのが辛い…そんな時は考え方を変えてみよう

仕事が出来ない、というのは非常に辛い事ですよね。

能力不足にせよ、うっかりミスにせよ、仕事というのは誰かの役に立ってはじめてやりがいを感じるもの。

自分が役に立つどころか、足を引っ張ってしまうようでは「会社に行きたくない、辛い…」と感じてしまうのも致し方ありません。

実際、仕事が出来ず会社に居場所が無い人は、多くが退職を選びます。

大企業であれば窓際部署に飛ばされますが、任される仕事は単純作業ばかり。

給料泥棒と思われながら仕事をするのは屈辱的ですし、辛いです。

しかし、だからといって鬱々と仕事を続けても良いことはありません。
ここは考え方を変えてみましょう。

仕事が自分に向いていない可能性を考えよう

そもそも、今の仕事が自分に向いていないために、ミスが多発している…という可能性を考えてみましょう。

「仕事のせいにするなんて無責任だ!」
「そんな言い訳したくない」

という人もいますが、適正というのは重要な項目です。

仕事というのは、コミュニケーション能力を求められるものから、データ分析に没頭する仕事まで様々です。

業界によって社風も仕事の進め方も異なっており、ある会社では規定が一番大事だったり、別の会社ではスピード感が大事だったり…

会社を変えただけで、ガラリと仕事のやり方が変わった、というのは珍しい事ではありません。

仕事が出来ない人ほど、自分に自信を失ってしまい「どこにいっても私はダメだ」と落ち込んでしまいがち。

しかし、下を向いても状況は改善しません。

環境を変える、というやり方で、自分が活躍出来るステージを選ぶ必要が出てくるのです。

愛の無い仕事は続かない

自分にぴったり合った仕事・会社というのは、扱う商品なり、職場の人間なりに、それなりに愛着がわくものです。

しかし、今の仕事に愛着が一切わかないのであれば、それは適正外の仕事だという事です。

実際、転職を成功させた人も、前職では商品も仕事内容にも、一切の愛情がわかず、ただお金のために淡々と我慢してこなしていたそうです。

転職後は

「この業界で一旗あげてやる!」

「この商品をヒットさせてやりたい!」

と入れ込むようになり、毎日、活き活き働いているそうです。

愛がないと、仕事のやる気も出ず、ミスをしてもイライラするだけで終わりです。

常に業界や仕事そのものに愛情を注げる環境でなければ、仕事なんて続きませんし、つまらないです。

ミスだってしてしまいますし、ミスをしても「最悪だ」くらいで終わってしまいます。

愛の無い家庭で良い子が育たないのと同様、愛の無い仕事は、何の実りにもつながりません。自分自身も成長しませんし、居場所がなくなって辛い思いをするだけです。

この負のサイクルを抜けるためには、転職で仕事を変えてしまうのが一番です。

新卒時は何が向いているかなんて分からない

新卒で「仕事が出来ない」と悩んでしまう人は、自分の活躍できるステージを理解出来ていないが為に、ミスマッチが起きている可能性があります。

社会人経験が浅い新卒や第二新卒(社会人3年未満)の場合、適正が分からず、他会社の雰囲気もわからないため、訳がわからないまま仕事を選んでしまい、ドツボにハマっている…という人は多いです。

ミスマッチを放置していると、自尊心を失い、仕事そのものが嫌いになってしまいます。

同期に出来る人がいるなら、なおさら差を見せつけられてイヤになりますよね。

向き不向きは、どうしても人間ありますし、人事はそれを見抜けるほど有能ではありません。

自分が無能だと思うのではなく「環境が、今の自分に合っていないのでは?」という発想をしましょう。

向いていない仕事に配属されると、メモを取ろうが、セミナーに参加して勉強しようが、なかなかミスは減りません。

改善活動をしても、全く通用しない場合、どんどんやる気を失ってしまいます。
改善の兆しが見えない、仕事が向いていないと感じたら、若いうちにキャリアチェンジをするのが一番です。

転職でやりがいを感じられる仕事に就こう

仕事でミスが多いから転職…というと、なんだか逃げの転職だと感じてしまいますよね。

しかし、転職に逃げも攻めもありません。

1つの会社に勤める事が正解というのは、もはや古い価値観です。

日本の転職市場は年々拡大しており、キャリアチェンジも容易になってきました。

その背景には、少子高齢化による人手不足と、景気拡大があります。
どの会社も求人に力を入れているため、転職のハードルは下がっています。

転職経験者も多くなってきており、合わないと思ったら転職する、という選択肢も一般的になってきています。

雇用の緩い欧米では、そもそも転職が当たり前で、不満があったら辞めるのが基本です。

日本も徐々に欧米化しつつあり、若い人ほど柔軟に転職をします。

もちろん、何回でも転職出来る、転職すれば天国…という訳ではありませんが、一回や二回の就職・転職で自分にぴったり合った仕事や会社にたどり着けるのは、運が良い人だけです。

多くの人は、転職を何度かして、自分の肌にあった会社・業界で腰を据えるのです。

もし、仕事が出来なくて悩んでる、もう会社に行くのが辛い…と感じているなら、思い切って転職を検討してみましょう。

転職サイトに登録したり、転職エージェントに相談してみるだけでも、新しい選択肢・キャリアが見えてくるので、すっと胸が楽になりますよ。

新卒で転職をした人の体験談を下記に載せていますので、参考にして下さい。

・新卒で会社を辞めたいキミへ。入社5ヶ月で退職した僕の転職(再就職)体験談

・2年目で転職したい君へ。僕が入社2年で転職をして大成功した体験談

転職エージェントを活用して効率的に転職しよう

おすすめの転職活動のやり方は、転職エージェントを活用する方法です。

転職エージェントは、無料で利用できて、あなたにあった優良な求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは求人を出している会社から報酬を受け取っているので、利用は無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成から面接ノウハウ、求人の選び方まで、転職のプロから直接アドバイスが貰えるので、転職で失敗する確率を下げることが出来ます。

メールでのやり取りが基本なので、会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も完全個室で、バレないよう最新の注意を払ってくれます。

また、エージェントは会社の内部事情に詳しく、例えば激務な会社や、離職率の高い会社などは事前に言及してくれます。

そのため、予め「残業時間が月10時間以下の会社を希望」など言っておけば、それにあった求人に絞って紹介してくれます。

転職初心者や未経験業種への転職にもしっかりサポートしてくれるので、一人で転職活動をするよりもグッと効率的に転職が出来ます。転職で失敗しないためにも、転職エージェントを活用するのが一番ベストな方法です。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。

そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。

エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

・DODA 登録はこちら【5分で完了】

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする