27歳の転職を成功させるコツ3選。満足する仕事の見つけ方とは?

27歳で転職をする人は、全国で約10万人以上と転職市場では1位~2位を争うボリュームゾーンです。

「入社から4年~5年、そろそろ別のキャリアに挑戦したい」

「第二新卒で転職後「やはり違う」と感じて3度めの転職を30歳になる前にやりたい」

などなど、人それぞれ様々な理由で、27歳で転職に挑戦しています。

しかし、27歳の転職では注意すべきポイントがあります。

安易な転職をするとキャリアに傷がついてしまいますし、モタついているうちに30歳オーバーになってしまいます。

そこで今回は、27歳転職のコツについて紹介します。

27歳の人材に求められる能力を知ろう

企業が27歳に求める能力は『リーダーシップ』『適応力』『具体的な実績』です。

20代前半の転職では、人柄やコミュニケーション能力、愛嬌やキャリアプランなど、どちらかと言うと『ポテンシャル(将来性)』が重視されていました。

27歳になると、社会人として基礎的な能力はもちろん、その先にある管理職・リーダー職への期待もあるため、企業はリーダーシップなど人を引っ張る能力を求めます。

そのため、前職でリーダー経験をしていると、グッと転職成功率は上がります。

リーダー経験というのは、人材育成(部下の指導)も含みます。

新卒社員や後輩社員を、どう指導してきたか? どんな所に気を使って仕事を教えたか?

といった、先輩社員 or 上司としての立ち振舞を評価されます。

そういった経験が無い場合は、よりプレイヤーとしての戦力・実績を求められます。

『適応力』は、組織に馴染む力です。
会社の社風は、会社によって異なりますから、人によっては適応が難しい時があります。

しかし、27歳になれば「あの人が嫌」「この人とは一緒に仕事をしたくない」なんて、わがままは許されません。

そうではなく、いかに苦手な人、合わない人でもチームワークを発揮できるか?という点を求められます。

27歳で好き嫌いの多いタイプの人材は、不採用になりやすいです。

技術職で高いスキルを持っているなら別ですが、基本的に組織に馴染む適応力は見られます。

最後は『具体的な実績』です。

27歳で「入社したら頑張ります」なんてアピールをしても意味はありません。

27歳ともなると『前職で、どんな貢献をしたか?』という点を問われます。

・具体的な数字を出して、売上への貢献をアピールする(営業力・販売力)

・人材育成やチームワークへの貢献をアピールする(コミュニケーション能力)

・経費削減、事務作業の効率化など工夫をアピールする(事務能力)

このように、総合職・事務職問わず、具体的に仕事を通じて会社に貢献したエピソードを出していきましょう。

全く畑違いの業界に転職するなら、なおさら実績のアピールは必要不可欠です。

面接官は

「この人は、社会人として、どんな貢献をしてきたのか?」

という点を見て、内定を出すか否かを決めます。

人柄だけで転職が出来るのは20代前半までです。

27歳となると、人柄+実績で評価されるので、必ず前職で達成した実績のエピソードを用意しておきましょう。

自分が仕事に求めるものに優先順位を付けておこう

27歳の転職は、その後のキャリア、年収を大きく左右します。

そのため、なるべく自分の希望にマッチングした求人を選びたいですよね。

しかし、全てが100点の求人はなかなかありません。

「給料は良いけど、年間休日が少なすぎる」

「仕事内容はやりがいがあって楽しそう。でも転勤ありだとキツイ」

「自分のスキルを活かせそう。でも、同業他社だから仕事はすぐマンネリしそう」

このように、転職で達成したい目標の優先順位が決まっていないと、いつまでも悩み続けることになります。

転職であれこれ迷わないためにも、優先順位を付けましょう。

例えば

1位:ワークライフバランス
2位:前職と別業界にキャリアチェンジ
3位:育休制度の充実

上記のように順位付けして、求人を選ぶ時の基準にするのです。

すべて満点の求人が無くても、70点、80点の求人は見つかるはずです。

求人の足切りと選定が出来れば、あとは面接を通じて会社の雰囲気を見て、自分に一番あっている会社を見つければ良いのです。

年収を上げる目的で転職するなら在職中に転職活動をしよう

年収を上げる事が転職の目的である場合、注意が必要です。

というのも、現在の年収が低いか高いかは、転職活動をしてみないと分からないからです。

年収300万以下など、明らかに平均より低い場合は、転職によって年収アップ出来る確率は高いです。

しかし、逆に大したスキルはないけれど大企業だから年収500万近く貰っているなど、市場評価よりも多く年収を貰っている場合は転職で年収が増える確率は低いです。

あなたの人材価値は、市場に出してみないと分かりません。つまり転職活動をしてみないと、適正年収は分からないのです。

もし年収に不満があって転職を考えているなら、在職中に転職活動をして、まずは今の年収と市場評価にどれくらいの差があるのかチェックしてみましょう。

「私はもっと高い年収を貰えるはず!」

と思い込みで退職して、いざ転職しようとしたら年収ダウンが必須だった…となっては後の祭りです。

20代前半ならカバー出来ますが、27歳となると難しいので、年収がメインの目的なら、慎重に行動することをオススメします。

転職活動をやめる事は出来ますが、一度出した退職届けを引っ込めるのは難しいです。

「やっぱり、辞めるのを辞めます」

なんて、とても言えないですよね…。

よほどの事情がなければ、まずは在職中に転職活動をしてみて、情報収集することをおすすめします。

転職エージェントを活用して効率的に転職しよう

27歳におすすめの転職活動のやり方は、転職エージェントを活用する方法です。

転職エージェントは、無料で利用できて、あなたにあった優良な求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは求人を出している会社から報酬を受け取っているので、利用は無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成から面接ノウハウ、求人の選び方まで、転職のプロから直接アドバイスが貰えるので、転職で失敗する確率を下げることが出来ます。

メールでのやり取りが基本なので、会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も完全個室で、バレないよう最新の注意を払ってくれます。

また、エージェントは会社の内部事情に詳しく、例えば激務な会社や、離職率の高い会社などは事前に言及してくれます。

そのため、予め「残業時間が月10時間以下の会社を希望」など言っておけば、それにあった求人に絞って紹介してくれます。

転職初心者や未経験業種への転職にもしっかりサポートしてくれるので、一人で転職活動をするよりもグッと効率的に転職が出来ます。転職で失敗しないためにも、転職エージェントを活用するのが一番ベストな方法です。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。

そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。

エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

・DODA 登録はこちら【5分で完了】

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする