整備士の年収が低すぎる!年収300万以下で生活できません

どうも!元整備士のじんぺーです。

いきなりですが

「整備士の年収は驚くほど低い!」

これはもう、業界の悪しき常識です。

ぶっちゃけると、月手取りは13万。残業代? そんなものは出ません。すべてサービス残業です。

休日は週1回。帰りは常に夜22時。

年収は230万くらいでしたね。ボーナス? 何それ? 貰ったことありません!

整備士というのは、本当に儲からない仕事なのです。

特に自動車・バイクの整備士は下請けゆえか、給料が安いのが当たり前として認識されており、忙しさの割に給料が全然もらえずブラック企業と化しています。

今回は整備士の給料について、管理人から「記事書いて!」と依頼された元整備士の俺が紹介します。

コンビニバイトの方がまし!整備士の手取りは月13万

フルタイムで働いて月手取り13万ボーナス無し。

これを見てどう思いますか?

ぶっちゃけコンビニでバイトした方がましな給料ですよね。
でも、これが整備士の現実です。

整備士になるには、専門学校を出て整備士資格を取る必要がありますが、資格を取ってこの給料ですよ。

コンビニバイトだったら、月手取り20万稼げます。
社会保険の負担を考えても、整備士よりずっと稼げます。

「バイトと正社員じゃ立場が違うだろ!」

という人もいますが、コンビニバイトにはサービス残業がありませんよね?
休日出勤も無いはずです。

整備士は、サービス残業と休日出勤ありで、手取り13万前後なのです。

時給換算したら時給300円~400円ですよ。
マクドナルド以下です。

大企業の整備士なら残業代が出る?
もちろん出ますよ。30時間まで!

それ以上の残業はサービスです。

もし30時間以上の残業代をつけようものなら、工場長からシバかれます。

法律違反では? と言っても「分かるだろ?残業代を払ったらやっていけないんだよ」と元も子もない言葉を返されて終わりです。

もちろん、サービス残業祭りですよ。月100時間残業やってる人も多いですからね、整備業界は。

愚痴っぽくなってしまいましたが、要するに「整備士は割に合わなさすぎ!」というのが結論です。

これだけ修行のような労働環境で働いて、10年後も年収300万ぽっち。
終わってます。

ちなみに自動車やバイクメーカーで働いている社員さんは、30代で年収600万~700万いきます。

入社ハードルが違うとはいえ、奴隷と一般庶民くらいの違いはあります。

年収300万じゃ結婚も出来ませんし、子供を育てるとなったら、もうカツカツですよ。
手取り13万じゃ実家から出れません。

整備士の給料は、文句なしに安いんです。

あえて利点を言うなら、整備士なら常に人手不足なので40代・50代でも働けます。

40代・50代になってもコンビニバイトは肩身が狭いですし、クビになったら次の仕事を探すのが大変ですよね。整備士なら大丈夫です。

60代になっても働けます。
(働かされます)

ある意味「経験さえあれば何歳になっても働ける」のが良い所ですかね。

まぁ、それって裏を返せば「待遇が悪すぎて人手不足だから、仕事に困らない」だけなんですけどね。介護業界と一緒です。キツいからこそ求人が常に出ているのです。

転職したら、いきなり年収50万アップの衝撃

俺は整備士を3年で辞めて、不動産の営業に転職しました。

不動産営業は、未経験でも若ければ採用する!というスタンスだったので、転職活動をはじめて1ヶ月で内定がもらえました。

残業はありますが、整備士時代よりもずっと早く帰れますし、休みもしっかり休めます。

そして何より、給料が19万も貰えました。

2年勤めた整備士より6万も多い!
ボーナスもあるので、年収は一気に300万オーバーです。

大した学歴も資格もないのに、転職しただけで50万も年収が増えるって…
普通はありえないですよね。

整備士がいかに安い給料で働かされているか、よく分かりました。

今の会社は、昇給もありますし、有給休暇も取れます。

働き続けていれば、年収も少しずつ上がっていくので、安心して働くことが出来ます。結婚や子育ても出来るレベルまで年収が上がったので、彼女も一安心です。

整備士時代は、なんであんなにキツかったのか…
マジで奴隷でした。

管理人の記事

『整備士から転職する方法とコツを元人事が教えます。後悔しない転職ルートはこれだ!』

にも書いてあるように、整備士は稼げない仕事なので、早めに転職して年収300万以上もらえる仕事についたほうが良いですよ。

関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする