履歴書・職務経歴書をパソコンで作る方法と手書きとの比較


転職活動において、面接と並んで重要なポイントとなる書類作成。

履歴書と職務経歴書の2枚になりますが、これを手書きで書こうとなると、結構な手間がかかります。

ボールペンで記入するので、間違えたら1からやり直しですし、使い回しもマナー違反。仮に使いまわすと紙のヘタレ方ですぐバレてしまいます。

字が汚い人にとっては、言わずもがな。
手書きの書類なんて苦痛以外の何物でもありません。

そこでオススメなのがパソコンで履歴書・職務経歴書を作る方法です。

パソコンで作って印刷すれば、修正も簡単ですし、字が汚い人でも見やすい書類を作ることが出来ます。

しかし「どうやって作ればいいの?」「手書き履歴書の方が有利って聞いたけど?」など疑問もあるでしょう。

今回は『履歴書・職務経歴書をパソコンで作る方法と手書きとの比較』を紹介します。

履歴書と職務経歴書はこのサイトで作ろう

履歴書・職務経歴書は下記のサイトで簡単に作る事が出来ます。

できる履歴書 – Wantedly

ルーシッド職務経歴書

どちらも無料・会員登録無しで利用できます。
PDFファイルでダウンロード出来ますので、印刷・メール添付どちらも簡単に出来ますよ。

履歴書は手書きとパソコンどっちが有利?

結論から言うと、パソコンで作ったほうが圧倒的に有利です。

書類にかける手間と時間を省略出来ますから、応募できる会社の数もグッと増えます。

また、パソコンで綺麗に作られた書類は、すなわちPCスキルのアピールになります。

人事担当者も見やすいですから、よほどの事情がない限り書類はパソコンで作って印刷するか、あるいはPDFファイルで添付する事をオススメします。

A4用紙で印刷して、2枚以上になる場合が多いのでクリアファイルに入れるか、クリップでまとめておくと良いでしょう。

ホチキスでも良いのですが、クリップがベターです。100円ショップで購入しておきましょう。

手書きが有利になるケースは古い会社のみ

価値観の古い会社は、未だに手書きの書類をありがたがるケースも多いです。

特に、おじさんが多い業界(自動車業界や電機業界など)は手書き書類を好む面接官も少なくありません。

手間を考えると、そこまで有利とは言えませんが、1%でも採用確率を上げたい人、手書きに自信がある人は手書き書類を選びましょう。

ただ、そういった会社は「パソコンを使うなんて楽してる!けしからん!」という、うっとうしい価値観を持っている人が多い傾向にあるので、大企業でない限り、あまりオススメはしません。

転職エージェントを活用して効率的に転職しよう!

転職活動は、書類作りに求人探し、自己分析、面接対策までやる事が盛り沢山です。

これだけ色々課題があると、何から始めていいのか分からないですよね。

そこでオススメなのが、転職エージェントを使って効率的に転職活動を行うことです。

自分にあった求人選びや、面接ノウハウの会得、書類の作り方などは、プロに教わるのが一番効率的です。

特に在職中に転職する場合は、細かい作業はプロに任せた方が楽です。

転職エージェントは、無料で利用できて、あなたにあった優良な求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは求人を出している会社から報酬を受け取っているので、利用は無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成から面接ノウハウ、求人の選び方まで、転職のプロから直接アドバイスが貰えるので、転職で失敗する確率を下げることが出来ます。

メールでのやり取りが基本なので、会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も完全個室で、バレないよう最新の注意を払ってくれます。

また、エージェントは会社の内部事情に詳しく、例えば激務な会社や、離職率の高い会社などは事前に言及してくれます。

そのため、予め「残業時間が月10時間以下の会社を希望」など言っておけば、それにあった求人に絞って紹介してくれます。

転職初心者や未経験業種への転職にもしっかりサポートしてくれるので、一人で転職活動をするよりもグッと効率的に転職が出来ます。転職で失敗しないためにも、転職エージェントを活用するのが一番ベストな方法です。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする