30代で契約社員の女性は今すぐ正社員にならないとヤバイ理由。40代で非正規雇用は貧困リスクが高いです

30代で契約社員として働いている女性は、昨今、珍しくありませんが、正直な話、契約社員は先がない雇用形態です。

正社員とくらべて、半年~1年契約で雇用継続か否かを経営者は決められるので、経営が少しでも傾けば真っ先に切られる立場です。

そもそも、契約社員というのは、雇用の安定性においてはアルバイトと何ら変わりません。

正社員のように、解雇に関して法的に守られている訳ではないので、経営者がクビにしたければ即クビに出来る人材です。

社会保険に加入出来ますし、フルタイムの仕事ですから、契約社員は一見すると正社員と同じような待遇と勘違いしてしまいがちです。

しかし、実際は経営者にとって都合の良い使い捨てのポジションなのです。

「そんな事はない。契約社員は正社員より働きやすいし、うちの会社は大手だから首切りもない」

と思っている人もいますが、それらは全て法的な根拠の無い強がりに過ぎません。

今回は、30代で契約社員の女性が今すぐ正社員にならないとヤバイ理由を紹介します。

30代は年齢的にも後がない立場です

30代は、正社員になるにしてもギリギリの年代です。

20代であれば、昨今は人手不足ですから職歴に空白があろうと未経験だろうと正社員になるのは容易です。

しかし、30代となると、例え契約社員として長く働いていても、求人数はグッと少なくなります。

40代になると絶望的で、正社員への道はかなり厳しいです。
保険の営業やコールセンターなど、叩き上げの仕事でない限り正社員にはなれないでしょう。

「求人数が少ないなら、無理して正社員になるのは辞めとこう」

と弱気になってはいけません。

むしろ30代の今、就活をして正社員を目指さなければ、今後ずっと仕事について悩み続ける事になります。

正社員であれば雇用の不安もありませんし、ボーナスも出ます。

契約社員ですと、例え社保完備でも契約打ち切りの不安がついてまわりますし、ボーナスもせいぜい寸志です。

老後や親の介護などのイベントを考えると、30代で貯金をしっかりしておきたいもの。

雇用の不安がなく、ボーナスも出て貯金が出来る正社員は、やはり魅力的です。

40代になった時に、正社員と契約社員、どっちが良いでしょうか?

言うまでもなく、正社員ですよね。
40代になると、いざ契約社員で首切りにあった時、途方に暮れてしまいますよ。

契約社員は貯金も出来ず仕事も不安定です

契約社員は、ボーナスが出ず昇給や出世もありません。

そのため、ずっと同じ給料です。
正社員は少しずつ給料もボーナスも上がって、年収アップが出来るのに、契約社員はずっとそのまま…

下手に給料アップの交渉などしようものなら「じゃあ、契約更新は無しね」と言われてしまいます。

正社員は昇給やボーナスが規約に含まれていますから、いちいち交渉する必要はありません。継続して働いていれば給料は上がっていきます。

しかし、契約社員は雇用の不安定さという弱みを経営者に握られているので、よほどの実力者でない限り給料アップは難しいです。

また、契約社員に与えられる仕事は、誰でも出来る仕事が基本です。

良く言えばプレッシャーの少ない仕事、悪く言えば裁量がない仕事を任せられるので、あなたが辞めてもすぐ代わりの人がこなせる仕事なのです。

正社員は、裁量も大きいので、責任感やプレッシャーは大きいものの、あなたにしか出来ない仕事が増えていくので経営者も首を切れません。

しかし、契約社員は誰でもすぐ出来る仕事ですから、経営者にとって首切りはまったく痛みのない事なのです。

結婚に期待するな!女性もフルタイムで稼ぐのが当たり前の時代です

結婚して専業主婦になりたい…なんて夢物語は、今の日本では通用しません。

男性の平均年収も年々下がり、年金や消費税の問題がのしかかってくる日本では、共働きが当たり前の文化になりつつあります。

また、仮に結婚出来なかった時でも、一人で生きていくためにフルタイムの仕事は必要です。

年金がいつ受給出来るのか分かりませんから、その時までに食っていける分の貯金を整えて置かなければ野垂れ死にです。

さらに言うと、男性が恋愛対象として選ぶ際に、正社員かそうでないか…という部分は重視されます。

男性も女性に共働きor復職を期待していますから、正社員でない女性はあまりモテないのが現実です。

契約社員は、確かに楽かもしれません。響きもよく、フルタイムで働けるので心地よいでしょう。

しかし、それは仮初めの心地よさであり、経営者にうまく利用されているだけです。

安心して暮らしていくためには、契約社員で安心せず、それを踏み台にして正社員にステップアップする事が重要です。

給料アップも出世も無く、首が切られやすい契約社員のまま40代になったら、将来が怖くありませんか?

景気も悪く、先も見えないこんな時代だからこそ、30代である今のうちに、コツコツ就職活動をするべきなのです。

幸いなことに、昨今の中途採用市場では契約社員の経験や職歴もアピール材料になります。

契約社員の経験を上手くアピールすれば、正社員の椅子を掴むことは可能ですから、まずは勇気を出して就職活動への第一歩を踏み出してみましょう。

転職エージェントをうまく使って効率よく就活をしよう

f:id:moguhausu2:20160205102355j:plain

就職活動は非常に大きなエネルギーを使います。

書類の準備はもちろん、求人選びや面接対策など、独学で完璧に仕上げようとすると、どうしても時間がかかってしまいます。

そこでおすすめなのが、無料の転職エージェントを活用して、就活を効率化する方法です。

転職エージェントはフリーターや契約社員からの就職活動にも対応しており、無料でプロのエージェントが就活のサポートをしてくれます。

書類の作成方法や、面接対策、求人選びに至るまでサポートしてくれるので、就活では心強い味方です。

転職エージェントは企業と求職者をマッチングさせることで報酬を得るシステムなので、求職者は1円も払うこと無くシステムを利用出来ます。

ミスマッチによる早期退職やブラック企業を避けるために、エージェントは求人選びの段階でかなり尽力をつくしてくれるので、これから就活をする方は必ず使ったほうがお得ですよ。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする