【ボーナスなし】倒産しそうな会社の特徴と対策【給料未払い】

会社員にとって、一番怖いのが会社の倒産。
会社が倒産すると、いきなり職を失い、就職活動を余儀なくされます。

倒産による解雇の場合、失業保険は即日から満額出ますが、それも数カ月で途切れてしまう。そうなったら完全に無収入になってしまいます。

倒産に対するリスクヘッジはたった1つ。

『倒産する前に転職先を決めてしまう』

これだけです。
しかし、倒産するかどうか、経営者が隠していた場合は知る由もないですよね。

そこで今回は、倒産しそうな会社の特徴と対策を紹介します。

ボーナスが出ない事を匂わせる

ボーナスは、会社の業績が良くなければ出す事が出来ません。

「ボーナスが出ないかもしれない」
「今期は業績が悪いから、耐えて欲しい」

といったような事を言われた時、仕方ないか…と受け入れるだけではダメです。

ボーナスが出ない=資金繰りが悪化している、という事は明白であり、裏では社長が会社の財産をうまく自分のところに回しているケースもあります。

会社員の方は知らないと思いますが、法人が倒産する時は、社長の財産を守るためにいくつか財テクがあります。

会社は倒産してしまえば「もう払えません」という事で貸し倒れになりますが、その際、社長にまで取り立てが来るかというと、実はそうではないのです。

法人と社長個人は別の人格として扱われるので、法人の負債を社長に押し付けることは出来ません。
もちろん、保証人として社長が判を押している場合は別です。

そこで、よくある手法が『社長の親族に会社の財産を渡す』ケース。

これなら社長に取り立てが来ても、社長は個人で自己破産すればOK。
財産は親族のものになっているので取られる心配はありません。

会社の倒産は、社員にとって窮地ですが、社長だけ財産を守っているのです。

ボーナスが出ない、あるいは少なくなった場合、社長の動向をよく見ておきましょう。
裏で怪しいマネーロンダリングをしているかもしれません。

給料未払いor遅延

給料の支払いが遅れたら、それはもう確実に倒産のサインです。

会社としては、給料が遅れることには問題ありません。
(社員的には困りますが…)

しかし、問題は給料の支払いの遅延=資金繰りが限界…という事を示している点です。

社員の給料を支払うキャッシュすら会社に残っていない場合、銀行から運転資金を借りるか、売上が上がってくるのを待つ事になりますが、もし赤字を垂れ流しており、銀行からもお金が借りられない状態になったら…

会社は負債を残して、ある日突然、倒産…ということになります。

給料未払い、遅延はレッドサインなので、もしこれが起こったら倒産が近い…ということを認識しておきましょう。

倒産する前に有給を使って転職すべし

倒産のサインが見え隠れしたら、早めに転職先を見つけて逃げた方が無難です。

しかし、転職といっても、何から始めていいのか分からないですよね。

そこでオススメなのが、転職エージェントを使って効率的に転職活動を行うことです。

自分にあった求人選びや、面接ノウハウの会得、書類の作り方などは、プロに教わるのが一番効率的です。

特に在職中に転職する場合は、細かい作業はプロに任せた方が楽です。

転職エージェントは、無料で利用できて、あなたにあった優良な求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは求人を出している会社から報酬を受け取っているので、利用は無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成から面接ノウハウ、求人の選び方まで、転職のプロから直接アドバイスが貰えるので、転職で失敗する確率を下げることが出来ます。

メールでのやり取りが基本なので、会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も完全個室で、バレないよう最新の注意を払ってくれます。

また、エージェントは会社の内部事情に詳しく、例えば激務な会社や、離職率の高い会社などは事前に言及してくれます。

そのため、予め「残業時間が月10時間以下の会社を希望」など言っておけば、それにあった求人に絞って紹介してくれます。

転職初心者や未経験業種への転職にもしっかりサポートしてくれるので、一人で転職活動をするよりもグッと効率的に転職が出来ます。転職で失敗しないためにも、転職エージェントを活用するのが一番ベストな方法です。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする