コミュ力が低いフリーター向け就職活動の攻略法。諦めるのはまだ早いですよ

コミュニケーション力、いわゆるコミュ力が低く、新卒の就職活動で上手くいかなった…あるいは理由があってフリーターになってしまった人は、意外と多いもの。

「どうせ今さら就活しても正社員になれっこない」

と諦めている人もいますが、だからといってフリーターを続けるのは厳しいでしょう。

フリーターの年収は、正社員に比べて100万円以上低く、さらに雇用の保障もなく加齢と共にリスクが上がるようになっています。

やはり早い段階で正社員の職は手に入れたい所。

「でも、コミュ力が低いから無理だ…」

今回はそんな悩みを抱えている方向けに、コミュ力が低くても就活で勝つ攻略法を紹介します。

コミュ力が低くても真面目なら内定は取れる

コミュ力が低くても、真面目で誠実さをアピール出来れば内定はとれます。

営業や接客といった職種なら、コミュニケーション力は必須です。
しかし、工場の作業員や事務、ネットメディア運用といった仕事ならどうでしょうか?

コミュニケーション力は最低限必要ですが、そこまで高い水準は求められません。

こういった職種の求人に絞って応募するのがコツです。
そして昨今は、これらの職種は求人が多く出ています。人手不足の会社も多く、未経験でも採用されるケースも増えてきています。

真面目さをアピールすれば、将来性を見込んで採用される可能性があります。
経営者からすれば、コミュニケーション力だけでのし上がった人だけでなく、そういったコツコツ地道にやれる人も必要なのです。

面接が苦手なら書類作成に全力投球がベスト

コミュ力が低い人にとって一番の難関は面接ですね。

しかし、面接時に無理してコミュ力アピールする必要はありません。
むしろ弱みとして伝えても良いのです。

その分、履歴書や職務履歴書をキッチリ作って、志望動機もキッチリ作ることで真面目さをアピールするのです。

正直な話、コミュ力の低い人が無理して面接でアピールするより、最初から「コミュ力は低い」ということを短所として伝えて、真面目さをアピールしたほうが好印象です。

書類は、真面目さが一番出ますから、そこに全力を出してみましょう。

志望動機1つとっても、やはりしっかり作った人からは意欲が伝わります。

就活をはじめる勇気が大事

どうせ自分なんて正社員は無理…と諦めていたら、いつまでたってもフリーターです。

繰り返しますが、正社員はフリーターよりずっと高収入で安定しています。

フリーターのままですと、自分への自信も失い、不安に悩む時が必ずきます。
それを避けるためにも、コミュ力を言い訳にするのはやめましょう。

正しく就活をすれば、内定は必ずとれます。

ぜひ就職活動を始めてみましょう。
しかし、いきなり自分一人でやるのは厳しいので、まずはプロの転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは、かつてはフリーターからの就活に対応していませんでしたが、今は対応しており無料でサポートしてくれますよ。

転職エージェントを使って効率的に転職活動をしよう

自分にあった求人選びや、面接ノウハウの会得、書類の作り方などは、プロに教わるのが一番効率的です。

転職エージェントは、無料で利用できて、あなたにあった優良な求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは求人を出している会社から報酬を受け取っているので、利用は無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成から面接ノウハウ、求人の選び方まで、転職のプロから直接アドバイスが貰えるので、転職・就職で失敗する確率を下げることが出来ます。

メールでのやり取りが基本なので、会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も完全個室で、バレないよう最新の注意を払ってくれます。

また、エージェントは会社の内部事情に詳しく、例えば激務な会社や、離職率の高い会社などは事前に言及してくれます。

そのため、予め「残業時間が月10時間以下の会社を希望」など言っておけば、それにあった求人に絞って紹介してくれます。

転職初心者や未経験業種への転職にもしっかりサポートしてくれるので、一人で転職活動をするよりもグッと効率的に転職(フリーターからの就職)が出来ます。転職・就活で失敗しないためにも、転職エージェントを活用するのが一番ベストな方法です。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする