正社員を考えなしで辞めると最悪な事が待っている。無職になった絶望感を教える


よく仕事を辞めたいなら、辞めろ。転職すればいい…と言う人がいますが、正社員を辞めるという事は、やはりリスクは大きいです。

確かに20代であれば転職先はいくらでもありますし、頑張れば内定も出るでしょう。

しかし、それはあくまで次にやりたい事が決まっている人、就活を頑張った人の話であって、えいやっ!で仕事を辞めてしまった人は、どん詰まりにハマる人も多いです。

一番多いのが、朝やることが無くて起きられなくなるケース。

人間、やる事がなくなり、いきなり自由の身になると、逆にやる気が減少して無気力になってしまうものです。

最悪の場合、鬱病になってしまい、無職期間が1年以上になることも…

今回は正社員を考えなしで辞めるリスクについて紹介します。

無職になると世間の目が辛い

正社員を辞めて昼間からブラブラしていると、世間の目が辛いです。

東京ではブラブラしている人も多いですし、顔見知りが少ないケースが多いので問題ありませんが、下手に田舎や実家ぐらしですと「あそこの子、仕事辞めたらしいわよ」なんてウワサが出回って居づらくなります。

やはり、いい年した大人がブラブラしていると「不審者」と思われてしまいますし、居心地が悪いものです。

職を失った時の精神的ダメージは、やはり世間体から来るものが大きいですね。

お金がどんどん減っていく恐怖

無職になっても、毎日の食事や買物でお金は出ていきます。

当然、給料はもらえないので、どんどん貯金が目減りしていきます。
気付いたら、あと10万円しかない…なんて事になると、家賃やら毎月の支払いやら、切羽詰まった状況に追い込まれてしまいます。

さらにキャッシングやリボ払いに手を出したら最悪です。
あっという間に借金生活に突入。家計は火の車になります。

独身でも、この有様なのですから、既婚者だと余計にリスクが大きいです。

子供の学費に、妻への負担。
将来設計が崩れてしまいますから、無職期間が長引くことは避けるべきです。離職が原因で離婚するケースも多いですからね。

精神的に追い込まれ刺々しい性格になってしまう

無職のまま、毎日ブラブラしていると、だんだん苛立ちがつのってきます。

そして周りの人に当たってしまったり、ストレスで酒や煙草に逃げてしまったりして、荒んだ性格になってしまいます。

ギャンブル狂いになってしまえば、借金もおまけについてきて、いよいよ破滅です。

無職になると孤独感や、理想の自分と今の自分のギャップなどでストレスがどんどんたまっていきますから、早めに仕事を見つけることが大切です。

正社員を辞めるなら、しっかりとした転職計画を立てておこう

正社員を辞める時は、必ず転職計画を立ててから行いましょう。
他人の言葉に従って、簡単に仕事を辞めてしまうと、後悔する結果になってしまいますよ。

アルバイトとは違って、正社員を辞めると職歴に残りますから、ヤケになって辞める…といった短絡的な行動はなるべく避けましょう。

関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする