30代無職歴1年から再就職できた!就活のコツとアドバイスについて

どうも!
健康食品メーカーの営業マン → 無職1年 → BtoBメーカーの営業への再就職に成功したヤマケンと申します。

「30代の再就職は厳しい」と世間では言われていますが、確かに厳しい!
求人は少なく、あったとしてもブラック企業の真っ黒求人…

私も30社ほど応募して、ようやく内定が1つ取れた次第です。
(これでも内定まで早い方だそうです)

30代で転職するぞ!再就職するぞ! という人は、やはりこの厳しい就職戦線に心を折られてしまう人が多いです。

そして妥協してブラック企業に入ってしまったり…

今回は、そういった30代の再就職の典型的な失敗パターンを避けるためにも、私が感じた30代再就職のコツを紹介します。

ブラック企業は30代のうちに脱出せよ

30代の再就職はキツい! という話を聞いて

「正社員なだけマシだよな!」

と自分を納得させて、不満を押し殺している人って多いですよね。

私もそうでした。

私が勤めていた健康食品会社は、かなりブラックで残業代なし&年収は30代で330万&昇給ほとんど無し…という将来性のカケラもない待遇でした。

おまけに家族経営で、幹部は社長一族が占領。
経営的にもマズイ事をやっており、いつ崩壊してもおかしくない危険な会社でした。

「今の会社に居続けたら、いつか路頭に迷う!今のうちに脱出しなきゃ!」

と感じ、覚悟を決めて退職。転職活動を行うことに。

ちなみに、残業や休日出勤が多かったので在職中に転職活動をすることはほぼ不可能でした…。
(おまけに、有給を取ると社長に1時間、罵倒されます)

今、私と同じように【ブラックな待遇】が原因で転職したい!と思っている人は、さっさと辞めた方がいいですよ。

退職後、考えなしの就職活動で20社連続不採用!

退職した後、ハローワークやリクナビNEXTを使って就職活動を行いました。

しかし、この時はどんな会社に応募すればいいのかも分からず、手探りでの就活でした。
そのため、20社に応募して全てお祈り。

今思えば、希望条件もキャリアも考えず就活していたので当然ですね。。

ちなみにハローワークは最初だけ利用しましたが、職員の態度も冷たいし、求人も零細企業ばかりだったので使いませんでした。

ハローワークはたまーに穴場求人があるみたいですが、基本はブラック企業ばかりみたいですね。

全滅の後、結婚を考えていた彼女にも振られ、自暴自棄に。

パチンコにハマる無職として1年間だらだらしてしまいました。

いわゆる空白期間が出来てしまい、ますます就活が億劫になり…というダメ人間スパイラルに見事にハマってしまったのです。

無職歴1年。貯金が尽きて慌てて就活再開

無職になって1年。
いよいよ貯金が尽きてきて「このままじゃダメだ!」と奮起。

就活を再開しました。

しかし、無職歴1年というハンデを背負ってしまい、さらに就活は苦戦するように…

慌てて応募をしても不採用になることは分かっていたので、まず落ち着いて就活の戦略を組み立てるところから始めました。

就活本を何冊も読み、自分の強みや希望条件を明確にしたのです。
一例として、私の強みと希望条件を下記に書いておきます。

強み:飛び込み営業で得た雑談力。人の懐に飛び込める胆力と人懐っこさ

希望条件:年収400万以上。法人向け営業

この2点を切り口に書類を作り、自分をどう面接官にアピールするか? といった戦略面を熟考しました。

転職エージェントに手伝ってもらい厳選した10社に応募!そして内定へ

しかし、どんなに考えても、なかなか上手く書類が作れず、私の再就職活動は難航。

そこでプロにアドバイスを貰うべく、転職エージェントに相談しました。
無料で転職相談にのってくれるとのことで、気軽に相談できました。

エージェントの方に

・書類(履歴書 職務履歴書)をどうまとめればいいのか?
・狙い目の求人はどれか?

といった点についてアドバイスを貰い、おすすめしてもらった求人に応募しました。

私を担当してくださったエージェントさんは、無職歴について気にしなくていい、30代の再就職は問題なく出来る…と言ってくださったので、非常に心が軽くなりましたね。

実は、書類が書けない理由は、無職歴1年が自分の中で気になっていたからです。
なにせパチンコしかしてませんでしたからね。

エージェントさんは、空白期間をカバーするよりも、強みである営業経験を押した方が内定が出るだろう、というフィードバックをもらい、その通りに書類を作りました。

結果として、BtoB営業の内定が出ました。
奮起してから10社応募して内定1つ。やけくそ時代を含めると30社です。

しかし、初期は転職の知識も戦略もなしに動いていたので、無駄打ちですね。

最初から熟考して、エージェントさんにアドバイスをもらって効率的に就職活動をしていれば、10社ほどで再就職は出来た計算です。

今は景気がいいので、30代の再就職は厳しい…といっても10社ほどで内定は出るみたいです。

30代にオススメの転職エージェントは『DODA』

私が利用したオススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

30代の再就職は無職歴があっても可能

私みたいなブラック企業の営業しか経験がない30代でも、再就職は出来ました。
年収は420万にアップし、残業もかなり減りました。

まぁ前の会社がひどすぎた…というのもありますが、かなり待遇は改善され、再就職してよかったと思っています。

一時期は派遣やバイトで食いつなごうかと思いましたが、やはり30代で正社員になっておかないとキツいです。
実際、私の友人で派遣をやっている女性は、雇用が安定しておらず不安そうでした。

ぜひ諦めずに、30代の再就職は正社員を目指して活動しましょう。

関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする