派遣の事務職は残業や飲み会がないからプライベート時間をたくさん確保できる。アフター5を楽しみたい人におすすめです

saya072160011_tp_v

派遣のお仕事において、最も需要があるのが事務職の派遣です。

企業にとって事務作業の効率化は必須の課題。

特に大企業の場合、事務作業の量は膨大ですから、とにかく人を増やして人海戦術でタスクをこなしていくのが通例です。

しかし、パートやアルバイトですと、その都度、事務職の求人を出していたら時間も手間もかかります。

そこで大企業は、多少、時給が高くても派遣会社に人材のマッチングを要望するのです。

私たち応募者からすれば、時給が高く、なおかつ契約更新時に今の職場を続けるか辞めるか選択出来るので、メリットは大きいですね。

そんな派遣の事務職ですが、実はもうひとつメリットがあります。

それは『派遣社員は残業や飲み会に参加しなくていい』という点です。

今回は「派遣の事務職は残業や飲み会がないからプライベート時間をたくさん確保できる」理由と派遣事務職のメリットについて紹介します。

派遣社員なら正社員にありがちな「仕事後のお付き合い」が必要なし!

151026m_029r_tp_v

正社員の場合、どうしても社内イベントや社内の飲み会、忘年会など『お付き合い』があるもの。

古い体質の企業では、家族主義を押し付けてきて「飲み会も仕事のうち!」と価値観を押し付けてくるケースも多いです。

派遣社員なら、そういったお付き合いを断る事が出来ますし、派遣社員はお誘い禁止の企業もあります。

というのも、派遣社員はあくまで外の人間です。

昨今はコンプライアンスも厳しくなってきており、派遣社員に対するパワハラ・セクハラは厳しくチェックされます。

企業側も、派遣会社にクレームがいけば面倒ですから、派遣さんは外の人として扱うこと…と線引をしているケースが多いです。

そのため、社内イベントや飲み会のお付き合い、サービス残業など正社員によくある『めんどくさいイベント』に付き合わなくて良いというメリットが、派遣社員にはあるのです。

仕事だけキッチリやれば自由なのが派遣の事務職

pexels-photo-40120-medium

「アフター5はしっかり休みたい」
「夢があるので派遣はあくまで生活費を稼ぐ手段」

などなど、しがらみや労働時間の長い正社員では叶えられない線引が出来るのが派遣社員のいいところです。

特に事務職は、与えられた仕事をキッチリやれば文句は言われません。

もし会社側が悪質なサービス残業や長時間労働、お付き合いを強要するなら、即派遣先を変えればいいだけの話です。

派遣社員の強みは、雇用の柔軟性にあるのですから、気に入らない職場をダラダラ続ける必要はありません。

正社員の場合は、そう簡単にやめて別の職場にうつることは出来ませんが、派遣社員なら身軽です。

正社員によくある「出世のために上司にペコペコしなきゃいけない」「飲み会で派閥の長に気に入られないとヤバイ」なんて下らない派閥争い、お付き合いに付き合う必要はまったくありません。

派遣の経験があれば正社員の事務職に応募する時にも楽ちんです

pexels-photo-175045-large

派遣で事務職の経験があれば、経験者募集の事務職の求人にも問題なく応募出来ます。

事務職の正社員は、とにかく倍率が高く未経験者が潜り込むのは難しいもの。

しかし、派遣の事務職は簡単に仕事につくことが出来ますから、そこでワード・エクセルの使い方や簿記を学んでおけば、事務職や経理職の正社員にステップアップしやすくなります。

派遣の事務職を始めてみよう

上記のように、派遣の事務職に勤めるメリットは様々あります。

しかし、派遣のお仕事の求人、担当者は派遣会社によって大きく質が異なります。

中小の派遣会社を使うと、これらのメリットを得られないどころか、とんでもないブラック派遣に飛ばされる事もあるので気をつけましょう。

おすすめの派遣会社は人材派遣大手のテンプスタッフです。

派遣といえばテンプスタッフ!カンタン無料登録!



テンプスタッフは業界大手の派遣会社で、時給相場も高く、求人数もトップクラスです。

特に事務職の派遣に関しては、時給1500円以上の求人を多く抱えており、担当営業マンもノウハウを持ったベテランばかりなので安心して派遣の仕事をスタートすることが出来ます。

はじめて派遣社員として働く方もしっかりサポートしてくれるので、ぜひテンプスタッフに登録して派遣の事務職の仕事にチャレンジしてみましょう。

関連記事

時給5000円を超えるチャットレディのバイト!
詳しくは下記の記事でまとめています。

・時給5000円のバイトならチャットレディが最強!在宅週1勤務で月8万以上稼げます




関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする