女性が転職で「年収400万の正社員」になる方法。独身女性も既婚女性も昇給・ボーナスはシビアに見るべき

平均年収を見ると、相変わらず女性の年収の方が男性より低い傾向にあり、特に年収400万以上の女性となると相当少ない印象を受けます。

年収の格差が広がり、かつてボリュームゾーンであった年収400万~500万の中間層がガクンと減ってしまっている…という構造上の問題もあるのですが、それにしても、男女雇用機会均等法が進んでいる日本において「年収400万の女性」の少なさには唖然とします。

もちろん男性と違い、結婚して家庭に入っている女性も統計に含まれているので、平均年収から一概に「女性の年収が低い」とは言えないのですが、実は「女性で年収400万以上は無理」という固定概念に縛られて、せっかく年収400万以上稼げる職歴があるのにくすぶっている人も多いです。

スキルや経験がなくても、IT企業やWEB業界、外資系企業、大手企業の関連会社などに転職すれば年収400万以上の正社員になれます。

そして、人手不足が顕著になっている昨今、実は転職によってそういった年収400万以上を狙える求人が増えているのです。

「年収300万でも正社員なだけマシ」
「私は高卒だから年収400万も稼げない」

なんて、自分で自分の能力にフタをしていませんか?

年金不安や増税や景気のブレなど、将来への不安は年々高まっています。

だからこそ、年収300万前後に甘んじるのではなく、女性であっても年収400万を積極的に狙っていくべきです。
キャリアアップの転職なんて私には縁のない話…と目を背けていると、チャンスを掴む機会を失いますし、いざという時に脱出出来なくなってしまいますよ。

今回は女性が年収400万の正社員になる方法を紹介します。

金回りのいい企業(昇給・ボーナス額が多い)なら女性でも年収400万は5年以内に到達出来る

screenshot-2014-12-02-10-11-01

年収300万前後の会社にありがちなのが、昇給額が低いという事です。

残念ながら、日本の昇給速度は会社・業界によって大きく差が出ており、たとえ大手企業が政府の圧力によって賃上げをしても、中小企業までは届かないのが現実です。

しかし、金回りのいい、今伸びている企業や大手企業の関連会社であれば、昇給の恩恵をしっかり受けることが出来ます。

例えば年収350万スタートの会社に転職して年2%の昇給を得られれば、5年で年収400万近くに到達します。

昇給するとボーナスの額もしっかり増えますから、1%違うだけで年収の伸びはグッと差が開きます。
昇給無しの会社やボーナスが出ない会社なんて、正直いって話になりません。

そういった会社に居続けても、何のメリットもないので、しっかり昇給がつく会社に転職したほうがずっと経済的に豊かになれます。

今いる会社が、今後も給料を増やしてくれるかどうか。金回りがいいか悪いか、しっかり見極めてキャリアを決めることが重要なのです。

20代~30代の女性なら転職する価値は十分ある

business-card-contact-business-cards-business-42260-large

スキルや学歴がなくても、転職によって年収が50万~100万変わるケースは珍しくありません。
特に現在、年収300万前後の給料でれば、転職するだけでグッと今の年収と3年後の年収が変わることも多いです。

女性に多いのが「今の仕事に慣れてるから、転職なんてそんな…」と尻込みするケースです。

現状維持を望むのは、人間の本能ですから仕方ありません。
しかし、今はどんどん情勢が変わる時代です。昨年、儲かっていた企業が今年はてんでダメ…と業界・企業の勝ち負けが激しくなっています。

どんな企業でも、安心・現状維持という事は有りえません。
いきなり会社の経営が悪化して、ボーナスカットやサービス残業の増加などが起こり得る時代です。

そんな時、転職を視野に入れているのと入れていないのでは、大きく差がでます。

会社にいいように使われるか、一足先に泥舟から脱出して、年収400万以上の正社員を目指せるキャリアルートに飛び乗るか、あなたの意識一つで変わるのです。

もはや「女性は結婚があるから年収なんて低くていい」という時代は終わりました。

これからは結婚するにしても共働きが当然で、独身ならばガンガン自分で稼いで蓄えておかなければ危険な時代なのです。

年金不安や格差の拡大など、日本社会はますますアメリカナイズされてきており、誰もが安心して中間層でいられる時代は終わりました。

今後、安心して暮らせるのは、少なくとも年収400万以上の正社員クラスからです。

年収300万前後のキャリアですと、間違いなく「賃下げ」あるいは増税・物価上昇などによる「使えるお金の減少」で苦しい生活を余儀なくされるでしょう。

キャリアが固まる40代~50代のミドル世代に入る前に、年収400万への足がかりとして転職を考えておくべきです。

転職のプロである転職エージェントに相談してみよう

pexels-photo-175045-large

転職を視野に入れておくことが懸命とはいえ、転職をしたことが無い人であれば、どうやって転職活動をすればいいのか分からないと思います。

転職経験者の方でも、どうやって給料がいい求人を探せばいいのか、色々と悩むことがあるでしょう。

そこでオススメなのが、転職のプロである転職エージェントを活用して、給料のいい仕事に転職する方法です。

転職を効率的に進めるなら転職エージェントを活用するのが一番です

f:id:moguhausu2:20160428142409j:plain

転職エージェントは、無料で利用できて、あなたにあった優良な求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは求人を出している会社から報酬を受け取っているので、利用は無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成から面接ノウハウ、求人の選び方まで、転職のプロから直接アドバイスが貰えるので、転職で失敗する確率を下げることが出来ます。

また、エージェントは会社の内部事情に詳しく、例えば激務な会社や、離職率の高い会社などは事前に言及してくれます。

そのため、予め「残業時間が月10時間以下の会社を希望」など言っておけば、それにあった求人に絞って紹介してくれます。今回であれば年収400万以上、あるいは昇給・ボーナスの条件が良く、5年以内に年収400万のテーブルにのれる求人ですね。

エージェントは条件がしっかり決まっていればいるほど、マッチングする求人を厳選してくれます。あいまいな条件ですとエージェントの求人選びの精度も下がりますから、条件は事前にしっかり決めて伝えておきましょう。

転職初心者や未経験業種への転職にもしっかりサポートしてくれるので、一人で転職活動をするよりもグッと効率的に転職が出来ます。転職で失敗しないためにも、転職エージェントを活用するのが一番ベストな方法です。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

関連記事

退職してから転職をする場合は、きちんとハローワークで手続きをして失業保険を貰いましょう。失業保険の申請方法は下記の記事でまとめています。

・初めて会社を辞める時にやっておくべき行政手続き。保険や年金や失業保険の申請のやり方を分かりやすく紹介




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする