20代後半で転職するか迷った時は『金と面白さと将来性』で選ぼう。後悔しないキャリア選択の方法

f:id:moguhausu2:20161007141033j:plain
 20代後半で転職を考える人は多いです。
 というのも、やはり仕事がより専門的になる30歳を前にキャリアを変えたい、あるいはもっと待遇の良い会社に転職したい…というニーズが大きいからです。

 30歳を超えると、なかなかキャリアチェンジをする踏ん切りがつかなくなります。
 同業種転職にせよ、異業種転職にせよ、20代のうちにキャリアの足場を固めておきたいものです。

 30代以降になると管理職・リーダー・マネジメント・人材育成の経験が求められますから、30代でバタバタ転職するよりは20代後半でピシッと転職を決めておくのがベストです。

「でも、転職をするべきか迷うなぁ…」

 と迷っている人向けに、今回は20代後半の転職で見るべき『金・面白さ・将来性』の話をお伝えします

30代以降は年収格差がグッと広がる!年収を無視した転職はやめよう

f:id:moguhausu2:20160303145312j:plain
 20代後半で転職する際に、最も注視すべきは年収です。
 年収は、業界や企業によって差がありますが、大切なのは今現在の年収のみならず、30代以降の年収も視野に入れて転職を考える事です。

 今後、伸びていく業界であれば年収もグッと高くなる可能性がありますが、逆に現在、成熟してしまっている業界であれば、逆に年収の伸び代が低く、30代以降のライフプランが狭くなってしまいます。

「僕はそんなにお金を使わないし、年収は低くても構わないです」

 という人でも、仮に結婚して住宅ローンを組んでマンションを購入…ということになった時、年収が低いと選択の幅が狭まります。

 通勤に便利な都内のマンションですと、5000万以上する事も多く、年収が低いとなかなか手が出ません。
 だったら郊外に…というのも手ですが、昨今は郊外マンション・一軒家の値崩れもしばしば起きており、価値の落ちにくさでは通勤に便利な一等地のマンションが強いです。

 不動産のみならず、30代以降の人生において、年収はそのまま選択肢の多さに比例します。

 業界・企業規模が違うだけで、年収200万以上の差が出るというデータもあり、20代後半でのキャリア選択において年収は重要なのです。

仕事の面白さも重要です

f:id:moguhausu2:20160205103740j:plain
 どんなに年収の高い仕事でも、仕事がつまらないものなら、長く続けることは出来ません。

 仕事を選ぶ時、興味がある・関心がある・自分が活躍できそう…といった要素が無ければ、続けるのは難しいです。
 文章を書かない・読まない人が雑誌の仕事をしても、ストレスが多いのと同じで、自分が情熱を注げる業界でなければ転職をしても上手くいきません。

「仕事を選ぶな。贅沢言うな」

 と昔の人に怒られそうですが、今は転職が当たり前の時代です。
 せっかく自分で仕事を選べる時代なのですから、自分が最低限ワクワク出来る仕事を選びましょう。

 40代・50代になって「面倒くさいなぁ」「つまんないな」と思いながら仕事に取り組むような寂しい仕事人にならないためにも、自分がどんな仕事でワクワクするのか、今一度、考えておきましょう。

将来性を見据えて転職!リストラされても生きていけるスキルをつけよう

f:id:moguhausu2:20160205102355j:plain
 将来性のある業界に転職をすることは大切です。

 いま現在、安定している業界でも、市場が縮小して待遇ダウン…なんてケースは十分有りえます。

 スマホが漫画雑誌やコンシューマゲームのシェアを奪ったり、格安スマホが出てきたり…
 時代と共に人々が使うガジェットやサービスは変わっていきます。

 時代を完全に読むことは出来ませんが、消えていく業界に身を置いていては、あっという間にリストラ対象です。

 そういった窮地を避けるためにも、20代後半の今、今後十年以上食っていけるスキル。需要があるであろうポジションの経験を積めるキャリアを意識して転職をするべきです。

早い段階で転職のプロに相談しておこう

f:id:moguhausu2:20160302170846j:plain
 転職は、意識したら早めに動かないと、あっという間に時間が過ぎ去って30代に突入してしまいます。

「そろそろ動かないとマズいかも…」

 と思ってからでは、もう遅いのです。
 転職しようと思い立ったら、すぐに情報を集めましょう。求人情報は時期によっても変動しますし、業界の動向も逐一変化しています。

 それを一介の社会人がすべて調べるのは難しいですから、無料で利用できる転職エージェントを使って情報を集めましょう。

 転職エージェントは無料で求人紹介から転職ノウハウ、面接対策などをサポートしてくれるので、転職する時に必ず使いたいサービスです。

 転職サイトと違い、担当者がしっかりあなたにあった求人やアピール方法を教えてくれるので、エージェントを上手に活用することでミスのない転職をすることが出来ますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする